100ドルを買い付け 2018/8/21

日本時間の 2018年8月21日(月)、円相場が円相場に動いて久しぶりに 1ドル=109円台を付けたのを見て、私は 100米ドルを買い付けました。

午前8時25分に指値 1ドル=109.80円で買い付け注文を出しておいたところ、9時36分に約定しました。

2018年7月23日(月)から 2018年9月28日(金) 17時約定分まで、「外貨預金セール」の実施により、外貨預金の円との取引における米ドル買付時の為替コストが 0銭になるため、通常(1米ドルあたり4銭)よりも有利な条件で買い付けできました。

8月21日に買い付けた 100米ドルは、午前11時台に証券会社の口座に移し、米ドル建MMF の買い付けに使いました。

今回の米ドル建MMF の買い付けが済むと、私の証券口座での米ドル建MMF の残高は 655ドル台になります。

米ドル建の余裕資金が 1,200ドルくらいになったら、米国株を何か買うつもりです。

100ドルを買い付け 2018/7/23

2018年7月23日(月)の東京外国為替市場で、円相場は一時、1ドル=110円台後半の値を付けました。
20日(金)の 17時時点と比べて 1円50銭ほど円高ドル安です。

23日の債券市場で長期金利が上昇したことや、20日に米国のトランプ大統領が Twitter でドル高をけん制する内容の投稿を行ったことが円買い材料。

23日の午前中、私は 100米ドルを買い付けました。
9時44分に指値 110円80銭で注文を出しておいたところ、10時半過ぎに約定。

買い付けた 100米ドルは、すぐに証券会社の口座に移し、以前から証券口座に置いたままの 1ドル余りと合わせ、米ドル建MMF の買い付けに使いました。

今回の米ドル建MMF の買い付け後、私が保有する米ドル建MMF の外貨建評価額は 555ドル余りになります。

私が米国株を買う場合、手数料負けしたくないので、一度の買い注文が 1,100ドル以上になるようにしています。

8月末までに、あと 600米ドルを追加入金しておきたいものです。

投資資金追加の状況 2018/5/20

先月(2018年4月)から今月(2018年5月)にかけて予定外の出来事が続き、合わせて数十万円の出費。
日々の暮らしに困る状況ではありませんが、さらなる予定外の出費に備え、株式投資のために資金追加することは控えてました。

2018年5月20日(日)現在、私の証券口座での現金残高は 9万円余りです。

私が証券口座に入金したのは、円建てでは 2017年8月7日が最後で、外貨では 2018年3月29日が最後。
先月以降、私の投資資金追加は、保有する株式の配当金入金によるものだけです。

2018年5月20日現在、私の外貨建ての保有資産評価額は 6,200ドル余りです。
今年のうちに外貨建ての保有資産評価額を 1万ドルにしたいと思っていますが、米国株の運用だけで 1万ドルに到達するのは難しく、年内に投資資金として外貨入金することになりそうです。

外貨建ての保有資産評価額を 1万ドル以上にした後、円建ての投資資金追加を再開することにします。

500米ドルを買い付け 2018/2/26

2018年2月26日(月)の午後、私は住信SBIネット銀行で 500米ドルを買い付けました。
12時27分に「1ドル=106円45銭」の指値で注文を出しておいたところ、16時25分に「1ドル=106円44銭」のレートで約定。

その後、買い付けた 500米ドルは、銀行の外貨普通預金口座から証券口座に移しました。

本稿執筆時点で、私の証券口座にある米ドルは、米ドル建MMF も含め、約991ドル。

私が次に買いたい銘柄は、JD.Com(JD)もしくは Alibaba Group Holding(BABA)で、どちらも中国企業の ADR(米国預託証券)。

先週末(2月26日)の終値は、JD が 48.35ドル、BABA が 193.29ドルでした。
株価が先週末の終値の水準なら、991ドルあれば、JD なら 20株、BABA なら 5株を買うことができます。
資金が潤沢ならば両方とも買うところですが、今のところ、JD の方を買いたい気持ちが勝っています。

米ドル建MMF のままでは米国株式を買うことができないので、買い注文を出すことを決めたら、すぐに米ドル建MMF の解約を行うつもりです。

投資用の銀行口座に 30万円入金 2018/2/23

2018年(平成30年)2月23日(金)の午後、投資用の銀行口座に 30万円入金し、預金残高を一時的に 50万円以上にしました。

投資用の銀行預金残高と証券口座の現金残高(外貨建MMF を含む)を合わせた現金資産総額は約66万5千円。
現金資産を含めた投資用保有資産の評価額は約440万円です。

キャッシュポジションを算出した結果、約15.113%でした。

私の考えるキャッシュポジションの適正範囲は 10%~30%ですので、今回の資金追加によって、キャッシュポジションが適正範囲に入ったことになります。

今月(2018年2月)は既に予定数量の株を購入済で、新規に株を買うつもりはありません。
でも、株価下落が続く状況になった場合、かなりの好機と判断すれば買い注文を出す可能性はあります。

なお、私は 1年以内に車の買い替えを行うことを計画しており、今後、しばらくは一度に 30万円規模の投資資金追加を行うことはなさそうです。

1000ドルを証券口座に入金 2018/2/12

2018年(平成30年)2月12日(月)の夜、私は 1000米ドルを銀行口座から証券口座に入金しました。
住信SBIネット銀行から SBI証券への即時入金で、手数料 0円でした。

私の証券口座の米ドルの残高は約480ドルでしたが、今回の資金移動によって約1,480ドル余りとなり、アマゾンドットコム(AMZN)かアルファベット A(GOOGL)のどちらかに 1株の買い注文を出すことができるようになりました。

2月12日の東京株式市場は祝日(建国記念の日)で休場でしたが、米株式市場は休みではありません。
1,000ドルを入金した時点では GOOGL に買い注文を出すつもりでしたが、エヌビディア(NVDA)にも興味があり、NVDA を 5株買うことも考えたのですが、結局、指値 1,000ドルで GOOGL に買い注文を出しました。
GOOGL の先週末(2月9日)の終値は 1,046ドル27セントでしたので、私の指値とは約50ドルの開きがあり、今回の買い注文が約定するかどうかは分かりません。

今週中に GOOGL を 1株 1000ドルで買えないようなら、別の銘柄にターゲットを変えるかもしれません。

1000米ドルを買い付け 2018/2/9

2018年2月9日(金)、私は住信SBIネット銀行で 1000米ドルを買い付けました。
買付の時点での円相場(対ドル)は「1ドル=108円50銭台」で、1000ドルを入手した結果、私の円預金残高は 10万8,500円余り減りました。

私がネット銀行で外貨を買い付けたのは今回が 2度目。
初めての買い付けを行ったのは 2018年2月5日のことで、そのときは約33万円で 3,000米ドルを入手しました。

最初の 3,000ドルの大部分はアマゾンドットコム(AMZN) 1株アルファベット A(GOOGL) 1株を買うのに使い、残金は 480ドル余り。
約480ドルと今回の 1,000ドルを合わせ、GOOGL か AMZN を 1株買うことを考えています。

ただ、短期間に買うのでは高値掴みの危険が大きいので、次に外国株を買うなら 1か月後くらいにするつもりです。
当面は、米ドル建MMF または BND(バンガード・米国トータル債券市場ETF)で運用することになりそうです。

ところで、住信SBIネット銀行での円からの米ドル買付では、通常、1ドルにつき 4銭の為替手数料がかかるので、1,000ドルの買い付けでの為替手数料は 40円になります。
ただ、今月(2018年2月)、私がドルを買い付けた時点では、円からの外貨買付の為替手数料が 0銭になるキャンペーンを実施していたため、為替手数料はかかりませんでした。

今回のキャンペーンの対象期間は 2018年3月16日(金)の 17:00約定分までとなっていますが、過去、住信SBIネット銀行は同様のキャンペーンを何度も実施したことがあるので、今後も似たようなキャンペーンを実施することを期待できそうです。

保有資産評価額が 300万円台に

2017年8月5日(土)の 14時過ぎ、手持ちの現金から 70万円を銀行口座に預け入れ、口座残高を 100万円にしました。

同日の 21時半頃、筆者がメインで使用している証券口座に 100万円を銀行口座から入金。
その結果、当該の証券口座で、現金残高は 103万円台、保有株式の評価額は 205万円台となり、保有資産評価額の合計が 300万円台になりました。

なお、2017年8月5日現在、筆者が保有する株式の大部分は、株主優待または配当金目当てに購入したもので、基本的に長期保有する方針です。

今年(2017年)の NISA投資可能枠の残りが 5万5千円余りということもあり、現時点で現金の形で保持している資産について、年内はアクティブに運用することを考えています。

今のところ、8月7日にポケットカード(8519) 1000株の買い注文を出す予定ですが、アグレ都市デザイン(3467)の株価が急落するようなら、ポケットカードの買い注文は取り消し、アグレ都市デザインの株を少し買うかもしれません。

車の買い替えを延期

筆者は来年(2018年)前半に車の買い替えを予定していましたが、数日前に気が変わり、車の買い替えの時期を延期しました。
今後、毎月数万円を車の買い替え資金として貯めていく方針です。

2017年7月30日(日)の午前中、筆者は 30万円を本業の口座から引き出し、同額を別の銀行口座に預け入れました。
今回の 30万円は、今週中に銀行口座から証券口座に移す予定です。

本稿執筆時点で、筆者の証券口座と銀行口座の現金残高の合計は 46万6千円台、NISA投資可能枠の残りは 18万8千円台です。

先月(2017年6月)の 29日からの約 1ヶ月間に、NISA口座を使って 8銘柄を 100株ずつ買ったこともあって、NISA投資可能枠の残りが少なくなってしまいました。

当面、NISA口座を使っての取引は控え目にして、枠を大事にしようと思います。

なお、現時点で筆者は今後、今年(2017年)のうちに投資資金として 70万円程度を追加の予定です。
大部分を現金として維持するかもしれませんが、状況によっては株の購入に多くを費やすかもしれません。

投資資金増加 2017/7/18

2017年7月18日(火)、家業の方で、数十万円のお金が入りました。
入金された全額を株式投資投資のために使いたいところですが、納税資金等を残しておく必要があるため、全額を自由にすることは出来ません。

結局、7月18日の 14時過ぎに 21万円を銀行口座に預け入れ、株式投資の資金が増加しました。

本稿執筆時点で、筆者の証券口座と銀行口座の現金残高の合計は 42万円余り、NISA投資可能枠の残りは 44万円余りです。

筆者の証券口座の現金残高が 50万円以上になるのは時間の問題で、多分、今月(2017年7月)のうちに達成することになるでしょう。

なお、筆者は来年(2018年)前半に車の買い替えを予定していて、今年の 8月からの数ヶ月間は、買い替え資金の蓄積を優先します。

従って、当面、筆者が投資資金を追加することはなくなることになります。

ただ、ここ数日、筆者は車の買い替えの時期を 1年ほど遅らせることを考えており、今後の状況によっては予定変更もありえます。