NYダウ、746ドル94セント 2019/1/4

2019年1月4日(金)の米株式市場は反発。ダウ工業株30種平均(NYダウ)は前日比 746ドル94セント(3.29%)高の 2万3,433ドル16セントで終わりました。
ナスダック総合株価指数は前日比 275.35ポイント(4.26%)高の 6,738.86ポイントで終わりました。

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,530.00 、高値 1,594.00 、安値 1,518.31 で、終値は前日比 75.11ドル(5.01%)高の 1,575.39ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 1,042.56 、高値 1,080.00 、安値 1,036.86 で、終値は前日比 52.60ドル(5.13%)高の 1,078.07ドル。

エヌビディア(NVDA)は、始値 130.94 、高値 137.73 、安値 129.70 で、終値は前日比 8.20ドル(6.41%)高の 136.19ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 20.98 、高値 22.68 、安値 20.75 で、終値は前日比 1.92ドル(9.43%)高の 22.27ドル。

この日(1月4日)の午前中に発表された米雇用統計の数字が市場予想を上回ったことや、FRB のパウエル議長がイベントでの発言で景気に配慮する姿勢を示したことが大きな買い材料になり、NYダウは一時、前日終値を 832ドル余り上回りました。
その後は伸び悩みましたが、この日の高値圏内で引けました。

この辺りで下げ止まりなのか、まだ下落トレンドの途中なのか、分からない状況です。

しばらくの間、私は様子見を続けることになりそうです。

米国株、反落 2019/1/3

2019年1月3日(木)の米株式市場で、ダウ工業株30種平均(NYダウ)は前日比 660ドル02セント(2.83%)安の 2万2,686ドル22セントで終わりました。
ナスダック総合株価指数は前日比 202.43ポイント(3.04%)安の 6,463.50ポイントで終わりました。
NYダウは 2連騰後の反落、ナスダックは 5連騰後の反落です。

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,520.21 、高値 1,538.00 、安値 1,497.11 で、終値は前日比 38.85ドル(2.52%)安の 1,500.28ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 1,050.67 、高値 1,066.26 、安値 1,022.37 で、終値は前日比 29.21ドル(2.77%)安の 1,025.47ドル。

エヌビディア(NVDA)は、始値 133.79 、高値 135.16 、安値 127.69 で、終値は前日比 8.23ドル(6.04%)安の 127.99ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 20.89 、高値 21.14 、安値 20.25 で、終値は前日比 0.92ドル(4.33%)安の 20.35ドル。

東京株式市場は、2019年1月4日(金)が大発会。
この日、日経平均株価は一時、前年末終値から 770円余り安くなりましたが、その後は下げ渋り、前営業日比 452円81銭(2.26%)安の 1万9,561円96銭で取引を終えました。

割安と感じる銘柄が増えてきましたが、落ちるナイフを掴む気はないので、今のところ静観しています。

アップル、売上高予想を下方修正 2019/1/2

2019年1月2日(水)の夕方、アップルが 2018年10~12月期(第1四半期)の売上高予想を下方修正しました。
アップルの株価は時間外(時間後取引)で急落し、ハイテク主力銘柄の多くも時間外で値下がりしました。

この日(1月2日)、米株式市場でダウ工業株30種平均(NYダウ)は前営業日比 18ドル78セント(0.081%)高の 2万3,346ドル24セントで終わりました。
ナスダック総合株価指数は前営業日比 30.66ポイント(0.46%)高の 6,665.94ポイントで終わりました。
NYダウは小幅続伸、ナスダックは小幅ながら 5連騰です。

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,465.20 、高値 1,553.36 、安値 1,460.93 で、終値は前営業日比 37.16ドル(2.47%)高の 1,539.13ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 1,027.20 、高値 1,060.79 、安値 1,025.28 で、終値は前営業日比 9.72ドル(0.93%)高の 1,054.68ドル。

エヌビディア(NVDA)は、始値 130.64 、高値 138.48 、安値 130.05 で、終値は前営業日比 2.72ドル(2.04%)高の 136.22ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 20.31 、高値 21.48 、安値 20.18 で、終値は前営業日比 0.34ドル(1.62%)高の 21.27ドル。

今回のアップルの下方修正の影響で円高が進み、日本時間の 1月3日の朝、円相場は一時、1ドル=104円台後半になりました。
その後、円相場は円安方向に戻し、概ね「1ドル=107円台」で推移しています。
今後、円高が進むかどうか、注目しています。

保有中の外国株 2018年12月末

2018年12月31日(月)の取引終了時点で私が 1株以上保有している外国株について、取得単価及び、米株式市場の月内最終取引日(12月31日)の株価終値を記録しておきます。
なお、株価の単位は米ドル表記とします。

以下、特定口座預かりで保有している株について、証券コード、社名、保有株数、取得単価、株価を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 取得単価 株価
JD JDドットコム ADR 20 49.17 20.93
NVDA エヌビディア 5 246.70 133.50

以下、NISA口座預りで保有している株について、証券コード、社名、保有株数、取得単価、株価を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 取得単価 株価
AMZN アマゾンドットコム 1 1,409.43 1,501.97
GOOGL アルファベット A 1 1,106.01 1,044.96
NVDA エヌビディア 5 238.66 133.50

私は 2018年12月には外国株を売買しませんでした。
また、米ドルの買い付けも実施しませんでした。

12月末の時点で、私の証券口座での米国株の評価額は 4,300ドル余りで、外貨建MMF の評価額が 659ドル余り。
保有資産評価額は、4千963ドル余りです

保有銘柄の見直しの結果、現時点で保有している外国株は、当面、保有継続することにしました。

ところで、年末年始の間に円高が進み、本稿を執筆している 2019年1月2日(水)の 21時(日本時間)現在、円相場は 1ドル=109円台前半です。
私の保有資産評価額の日本円換算での金額は、54万1千円台になりました。

これから米ドルを買い付ける上で、円高はメリットです。
ただ、急激な円高進行が実体経済に悪影響を及ぼす可能性を思うと、手放しで喜ぶようなことではありません。

米国株、小幅上昇 2018/12/31

2018年12月31日(月)の米株式市場で、ダウ工業株30種平均(NYダウ)は前週末比 265ドル06セント(1.15%)高の 2万3,327ドル46セントで終わりました。
ナスダック総合株価指数は前週末比 55.79ポイント(0.85%)高の 6,635.28ポイントで終わりました。
NYダウは小幅反発、一応、ナスダックは 4連騰です。

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,510.80 、高値 1,520.76 、安値 1,487.00 で、終値は前週末比 23.95ドル(1.62%)高の 1,501.97ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 1,057.83 、高値 1,062.99 、安値 1,033.04 で、終値は前週末比 1.72ドル(0.16%)安の 1,044.96ドル。

エヌビディア(NVDA)は、始値 135.40 、高値 136.71 、安値 132.26 で、終値は前週末比 0.15ドル(0.11%)安の 133.50ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 22.04 、高値 22.48 、安値 20.77 で、終値は前週末比 0.78ドル(3.59%)安の 20.93ドル。

NYダウとナスダックの両方とも、年末の値が前年末を下回りました。

個人的には、保有資産の評価損の拡大は嬉しくないですが、保有中の銘柄が株式市場で健在である限り、深刻な問題ではありません。

今のところ、私の資産全体に対する株式の割合は大きくないので、今後数年間、株価が安値安定することを期待しています。

米国株、まちまち 2018/12/28

2018年12月28日(金)の米株式市場で、ダウ工業株30種平均(NYダウ)は前日比 76ドル42セント(0.33%)安の 2万3,062ドル40セントで終わりました。
ナスダック総合株価指数は前日比 5.03ポイント(0.076%)高の 6,584.52ポイントで終わりました。
NYダウは 2連騰後の小幅反落、一応、ナスダックは3連騰ですが、28日の上げ幅は非常に小幅。

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,473.35 、高値 1,513.47 、安値 1,449.00 で、終値は前日比 16.38ドル(1.12%)高の 1,478.02ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 1,059.50 、高値 1,064.23 、安値 1,042.00 で、終値は前日比 6.22ドル(0.59%)安の 1,046.68ドル。

エヌビディア(NVDA)は、始値 132.00 、高値 137.39 、安値 130.31 で、終値は前日比 2.48ドル(1.89%)高の 133.65ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 21.78 、高値 22.00 、安値 21.15 で、終値は前日比 0.0100ドル(0.046%)高の 21.71ドル。

米国の政治状況が先行き不透明であることや、世界的な景気減速への懸念はありますが、個別では値ごろになってきた銘柄もあります。

私は、AMZN が 1300ドル割れしたら 1株を打診買いしたいと考えています。
そこまで落ちてこないならば、評価損が増えないということですので、それでも構いません。

NYダウ、ほぼ高値引け 2018/12/27

2018年12月27日(木)の米株式市場で、ダウ工業株30種平均(NYダウ)は前日比 260ドル37セント(1.14%)高の 2万3,138ドル82セントで終わりました。
ナスダック総合株価指数は前日比 25.14ポイント(0.38%)高の 6,579.49ポイントで終わりました。
NYダウもナスダックも続伸。

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,454.20 、高値 1,469.00 、安値 1,390.31 で、終値は前日比 9.26ドル(0.63%)安の 1,461.64ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 1,026.20 、高値 1,053.34 、安値 1,007.00 で、終値は前日比 5.05ドル(0.48%)高の 1,052.90ドル。

エヌビディア(NVDA)は、始値 130.99 、高値 132.38 、安値 125.18 で、終値は前日比 1.93ドル(1.45%)安の 131.17ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 20.50 、高値 22.06 、安値 20.50 で、終値は前日比 0.60ドル(2.84%)高の 21.70ドル。

この日(12月27日)の取引時間の大部分、NYダウは前日比マイナスで、前日終値から 611ドル余り安くなる場面もありましたが、14時半頃から上がり始め、この日の高値圏で引けました。

東京株式市場は 2018年12月28日が大納会。この日、日経平均株価は前日比 62円85銭(0.31%)安の 2万14円77銭で取引を終えました。
2017年末の終値 2万2,764円94銭から 2,750円17銭(12.08%)の下落です。
年末の日経平均株価が前年末を下回るのは 2011年以来。

米株式市場の方は今年(2018年)、12月28日と 12月31日に取引が行われます。
4連騰で終わることが出来るか、あるいは 2営業日連続の下落で 2018年を終えることになるのか、それとも?

NYダウ、初の上げ幅 1000ドル以上 2018/12/26

2018年12月26日(水)の米株式市場で、ダウ工業株30種平均(NYダウ)は前営業日比 1,086ドル25セント(4.98%)高の 2万2,878ドル45セントで終わりました。
ナスダック総合株価指数は前営業日比 25.95ポイント(0.40%)高の 6,554.36ポイントで終わりました。
NYダウもナスダックも 5営業日ぶりの上昇。

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,368.89 、高値 1,473.16 、安値 1,363.01 で、終値は前営業日比 126.94ドル(9.45%)高の 1,470.90ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 997.99 、高値 1,047.85 、安値 992.64 で、終値は前営業日比 63.18ドル(6.42%)高の 1,047.85ドル。

エヌビディア(NVDA)は、始値 128.94 、高値 133.14 、安値 124.46 で、終値は前営業日比 6.02ドル(4.74%)高の 133.10ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 20.32 、高値 21.13 、安値 19.75 で、終値は前営業日比 1.35ドル(6.84%)高の 21.10ドル。

NYダウの上げ幅が 1000ドルを超えるのは今回が史上初で、当然、過去最大の上げ幅です。

ただ、世界的な景気減速への懸念は解消されておらず、米国内の政治状況も先行きが不透明で、このところの激しい株価下落が底打ちしたかどうかは分かりません。

年末は市場参加者が少なく、値動きが激しくなる可能性大。
年内に株価急落があっても不思議ではないでしょう。

個人的には、年内は売買しないつもりです。
来年の投資行動のため、銘柄の調査に時間を割いています。

クリスマスで米株式市場は休場 2018/12/25

2018年12月25日(火)の米株式市場は、クリスマスのため休場でした。

12月26日(水)の東京株式市場は自律反発狙いの買いが入り、日経平均株価は前日終値より 150円近く高く始まり、前場に一時、前日比 374円61銭高まで上がりましたが、伸び悩み、前場終値は前日比 86円13銭(0.45%)高の 1万9,241円87銭。

後場は前日比マイナスに転じ、14時15分頃にこの日の安値 1万8,948円58銭を付けましたが、その後、上昇に転じ、前日比 171円32銭(0.89%)高の 1万9,327円06銭で取引を終えました。

日経平均株価は 6営業日ぶりに上昇しましたが、12月24日まで 4営業日連続で下落中のダウ工業株30種平均(NYダウ)及びナスダック総合指数(.IXIC)が 12月26日にどうなるか、興味深いところです。

個人的には、大恐慌は望みませんが、1987年のブラックマンデー後のような状況を期待する気持ちがあります。

多くの銘柄の株価が安値で安定し、私が買った銘柄の株価だけが上昇するのが理想的ですが、実現しそうにない夢をみても仕方ありません。
どのような状況でも大怪我せず、ある程度は資産を増やせるよう、こつこつと買っていくつもりです。

NYダウ、2万1792ドル20セント 2018/12/24

2018年12月24日(月)の米株式市場で、ダウ工業株30種平均(NYダウ)は前週末比 653ドル17セント(2.91%)安の 2万1,792ドル20セントで終わりました。
ナスダック総合株価指数は前週末比 335.49ポイント(5.14%)安の 6,192.92ポイントで終わりました。
NYダウもナスダックも 4営業日連続での下落。

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,346.00 、高値 1,396.03 、安値 1,307.00 で、終値は前週末比 33.49ドル(2.43%)安の 1,343.96ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 984.32 、高値 1,012.12 、安値 977.66 で、終値は前週末比 6.58ドル(0.66%)安の 984.67ドル。

エヌビディア(NVDA)は、始値 126.49 、高値 129.98 、安値 124.50 で、終値は前週末比 2.49ドル(1.92%)安の 127.08ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 21.49 、高値 21.51 、安値 19.26 で、終値は前週末比 1.33ドル(6.31%)安の 19.75ドル。

12月25日の東京株式市場で日経平均株価は前週末比 1,010円45銭(5.01%)安の 1万9,155円74銭で取引を終えました。

東証1部上場で配当利回りが 5%以上の銘柄は、12月25日の取引終了時点で 62銘柄。
私が割安と感じる銘柄が増えてきたと感じますが、あわてて買う必要はなさそうです。
日経平均株価が 1万円割れする可能性も考慮し、状況を見ながら少しずつ買っていこうと思っています。