ヤマダ電機の株主優待券 2017/12/13

2017年(平成29年)12月13日(水)、株式会社ヤマダ電機の株主優待券等の株式関係書類が私宛てに郵送されてきてました。

私の保有株数は 100株ですので、今回送られてきた「株主様お買い物優待券」は、9月末権利分の 500円券 4枚。
封筒には他に、「株主様お買い物優待券使用可能店舗一覧表」が 2つ(ヤマダ電機のものとベスト電器のもの)、同封されていました。

ヤマダ電機の株主優待券は、買上金額 1,000円(税込)ごとに 1枚利用可能で、一度の支払いで最大54枚まで使うことができます。
有効期間は 6か月で、今回の優待券は 2018年1月1日から同年6月末まで利用できます。

ここ数年、私はヤマダ電機で買い物していませんが、株主優待券を無駄にしたくないので、券の有効期間内にヤマダ電機の店舗で何か購入するつもりです。
ただ、私の生活圏内にあるヤマダ電機の店舗では醤油などの日用品を扱っておらず、何を買うのが良いか、難しいところです。

なお、ヤマダ電機の株主優待制度は、長期保有に対する優遇があります。
3月末権利分については、1年以上保有で 3枚プラス、2年以上保有なら、さらに 1枚プラスで計 4枚プラス。
9月末権利分については、1年以上保有で 1枚プラス。

また、保有株数によっても貰える優待券の枚数は異なりますが、配当利回りは 1単元(100株)保有の場合が最高です。

私は、来年以降に家族名義でヤマダ電機の株を買う予定です。

オリックスの第55期中間配当金

2017年(平成29年)12月5日(火)、オリックス株式会社の第55期中間配当金の計算書等の株式関係書類が私宛てに郵送されてきてました。

封筒には 下記 6点の文書が入っていました。

  • 「配当金振込先ご確認」のご案内
  • 中間配当金計算書
  • 株主優待カード
  • 「悠」(小冊子)
  • 株主優待のご案内(小冊子)
  • メール会員登録キャンペーンのお知らせ

配当金計算書によれば、第55期(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)のオリックスの株式の中間配当金は 1株あたり 27円で、支払確定日は平成29年12月4日。

2017年12月4日付けでオリックスの株式配当金が入金されていることは、今回の株式関係書類が届く前に確認済です。
私の保有株数は 100株で、配当金額は 2,700円。
NISA口座預かりのため、配当金に対する課税はありませんでした。

オリックスの 2017年10月30日付けの「2018年3月期 第2四半期決算短信」によると、2018年3月期の期末及び年間の 1株あたり配当金は未定。

2017年12月5日のオリックスの株の終値は 1,911円。
2018年3月期の期末配当金が中間配当金と同額と仮定して、12月5日の終値で配当利回りを求めると、約2.826%(小数点第4位切り上げ)となります。

配当金に期末の「ふるさと優待」(ギフト商品)の価値を含めた実質利回りは、確実に 4%を上回ります。
来年(2018年)早々、家族名義でオリックスの株を 1単元(100株)買うことを検討中です。

JFEの第16期中間配当金

2017年(平成29年)12月1日(金)、JFEホールディングス株式会社の第16期中間配当金の計算書等の株式関係書類が私宛てに郵送されてきてました。

封筒には 「JFEだより」在中の記述があり、「JFEだより」と題する小冊子が入れられており、他に、下記 3点の文書が入っていました。

  • 配当計算書
  • 配当金のお受け取り方法について
  • 株式等に関するマイナンバーお届出のご案内

配当金計算書によれば、第16期(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)の JFEホールディングスの株式の中間配当金は 1株あたり 30.00円で、支払確定日は平成29年11月30日。

私は一昨日(2017年11月30日)の午後、証券会社のサイトで入出金明細を確認しており、2017年11月30日付けでジェイ エフ イー ホールディングス株式配当金が入金されていることは確認が済んでいます。
私の保有株数は 12株で、配当金額は 360円ですが、所得税が源泉徴収されるため、入金額は 287円でした。

JFEホールディングスの 2017年11月1日付けの「平成30年3月期 第2四半期決算短信」によると、平成30年3月期の期末及び年間の 1株あたり配当金は未定。
ただ、1株当たり当期純利益の予想値(260.15円)は前期実績(117.81円)の 2倍以上で、増配が期待されます。

株価は、2017年12月1日の取引時間中に年初来高値(2,705.5円)付けました。
この日の終値は 2,685.5円で、2017年1月10日に付けた年初来安値(1,742円)よりも 900円余り高いですが、PBR は 0.81倍で割安感があります。

近いうちに、キャピタルゲイン狙いで 1単元(100株)だけ買ってみるかもしれません。

日産自動車の第119期中間配当金

2017年(平成29年)11月25日(土)、日産自動車株式会社の第119期中間配当金の計算書等の株式関係書類が私宛てに郵送されてきてました。

封筒には、下記 5点の文書が入っていました。

  • 配当計算書
  • 配当金のお受け取り方法について
  • 株式様紹介制度 紹介票
  • 平成29年度の中間配当と上半期のご報告について
  • 株主様向け試乗会開催のご案内

配当金計算書によれば、第119期(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)の日産自動車の普通株式の中間配当金は 1株あたり 26.50円で、支払確定日は平成29年11月22日。

本稿執筆中、証券会社のサイトにログインし、入出金明細を確認したところ、2017年11月22日付けで日産自動車の株式配当金が入金されていました。
NISAの非課税が適用されたため、入金額は 2,650円でした。

日産自動車の 2017年11月7日付けの「平成30年3月期 第2四半期決算短信」によると、平成30年3月期の 1株あたり年間配当金(会社予想)は 53円。
日産自動車の 2017年11月24日の株価終値(1,077.5円)と年間配当金(予想値)を用いて求めた配当利回りは、約4.919%(小数点第4位切り上げ)となります。

高配当は魅力で、PER 7.88倍の値からは割安の印象を受けますが、今後、ガソリン車に代わって電気自動車が普及していく可能性が高いと考えると、近頃の日産自動車の株価が割安かどうかは分かりません。

現時点で私は、日産自動車の保有株数を 1単元(100株)のまま増やさない方針です。

MV東海の株主優待の時期変更

2017年(平成29年)11月9日(木)、マックスバリュ東海株式会社の第56期第2四半期の株式関係書類が私宛てに郵送されてきました。

封筒には、「MV東海通信」(小冊子)の他に、下記 2点の文書が入っていました。

  • 株式等に関するマイナンバーお届出のご案内
  • 『株主さまご優待』の時期変更のお知らせ

株主優待の時季変更については、ご案内時期が 4月上旬から 5月上旬に変更に、お届け時期が「6月中旬より」から「6月下旬より」に変更になります。
なお、株主優待の案内は、次回より『定時株主総会招集通知』と同封の予定とのことです。

私はマックスバリュ東海(証券コード: 8198)の株を 100株保有しており、2017年11月10日(金)の株価(終値)は 2,254円。
私の取得単価は 1,674円ですので、評価損益は 58,000円になります。

株主優待目的で入手した株ですので、株価が上がっても手放す気はありませんが、含み益が増えたことは喜ばしいことです。

ダイユー・リックホールディングスの第2期中間報告書

2017年(平成29年)11月6日(月)、ダイユー・リックホールディングス株式会社の第2期中間報告書等の株式関係書類が筆者宛てに郵送されてきてました。

封筒には、第2期中間報告書と題する小冊子の他に、下記 3点の文書が入っていました。

  • 配当計算書
  • 配当金のお受け取り方法について
  • 株式等に関するマイナンバーお届出のご案内

配当金計算書によれば、第2期(平成29年3月1日から平成30年2月28日まで)のダイユー・リックホールディングスの普通株式の中間配当金は 1株あたり 13円で、支払確定日は平成29年11月6日。

今回の中間配当の金額については、2017年10月20日頃に送られてきたハガキで通知済でしたので、特に驚きはありません。

本稿執筆中、証券会社のサイトにログインし、入出金明細を確認したところ、2017年11月6日付けでダイユー・リックホールディングスの株式配当金が入金されていました。
NISAの非課税が適用されたため、入金額は 1,300円でした。

ダイユー・リックホールディングスの株価は、2017年10月30日に年初来高値 1,114円を付けましたが、その後、伸び悩み、2017年11月6日の終値は 1,034円。

売買差益を得ることが狙いなら、この辺りで売却するのが正解かもしれません。

イオン系の 3社の中間報告書

2017年(平成29年)11月2日(金)と 11月4日(土)に、イオン系の 3社の株式関係書類が筆者宛てに郵送されてきました。

11月2日は、マックスバリュ中部の「第45期 第2四半期 MV中部通信」と題する小冊子等が届きました。
11月4日は、マックスバリュ西日本の「第36期 中間報告書」(小冊子)、イオン北海道の「第40期 中間報告書」(小冊子)が届きました。
3社とも、配当は期末配当のみで、中間配当金はありません。

なお、マックスバリュ中部とイオン北海道については、株主懇談会開催の案内状と申込はがきも同封されていました。
株主懇談会の会場は、マックスバリュ中部の方は三重県四日市市にある四日市都ホテル、イオン北海道の方は北海道札幌市にある札幌グランドホテルです。

個人的に株主懇談会への興味はありますが、三重県や北海道は自宅から遠く、気軽に会場に出向くことはできません。
残念ですが、申込はがきは出さないことにしました。

イオンの第93期中間報告書

2017年(平成29年)10月26日(木)、イオン株式会社の第93期中間報告書等の株式関係書類が筆者宛てに郵送されてきました。

封筒には、第93期中間報告書と題する小冊子の他に、下記 4点の文書が入っていました。

  • 配当計算書
  • 配当金のお受け取り方法について
  • 株式等に関するマイナンバーお届出のご案内
  • 個人株主さま向け優遇サービスのご案内

配当金計算書によれば、第93期(平成29年3月1日から平成30年2月28日まで)のイオンの普通株式の中間配当金は 1株あたり 15円で、支払確定日は平成29年10月25日。

筆者の場合、イオン株の配当金は証券会社の口座に入金されます。
本稿執筆中、証券会社のサイトにログインし、入出金明細を確認したところ、2017年10月25日付けでイオンの株式配当金 1,196円が入金されていました。

なお、個人株主さま向け優遇サービスとは、マネックス証券でイオンの株式を買い付ける場合、株式委託手数料が無料となるサービスです。

ダイユー・リックホールディングスの第2期中間配当

2017年(平成29年)10月21日(土)の午前8時過ぎ、ダイユー・リックホールディングス株式会社の中間配当に関するお知らせのハガキが筆者宛てに郵送されてきていたことに気が付きました。
多分、2017年10月20日頃に自宅に届いていたようです。

そのハガキによれば、第2期(平成29年3月1日から平成30年2月28日まで)の中間配当について、平成29年10月19日開催の同社取締役会で決議されたとのことです。

中間配当金は 1株あたり 13円で、支払い開始日は平成29年11月6日(月)。

筆者は 2017年6月29日に単価 790円でダイユー・リックホールディングス(3546)を 100株購入し、現在に至るまで NISA口座預かりで保有継続しています。

今のところ、同社の年間配当金は 1株あたり 26円の予定となっていて、筆者の取得単価 790円を使用して求めた配当利回りは約3.291%(小数点第4位切り捨て)。

なお、同社は株主優待制度を導入しており、保有株式数 100株の筆者は、権利確定の 2月末日の時点で同社の株を保有していれば、株主優待で 1,000円分の JCBギフト券を貰える予定です。
株主優待分も含めた実質利回りを単価 790円で求めると、約4.557%(小数点第4位切り上げ)になります。

2017年10月20日(金)の同社の株価終値 1,025円を使用して配当利回りを求めると、約2.537%(小数点第4位切り上げ)。
保有株数 100株での株主優待分の価値(1,000円)を含めた実質利回りは、約3.512%(小数点第4位切り捨て)になります

割安感は薄れてきましたが、筆者は当面、保有継続するつもりです。

イオンの株主優待関係書類到着 2017/10/16

2017年10月16日(月)、イオン株式会社から筆者宛に、株式優待関係書類が郵送されてきました。

封筒に入っていたのは、以下の 3点。

  • 第64回株主ご優待返金引換証
  • オーナーズカードご利用明細書
  • 株主ご優待返金取扱店舗のご案内(小冊子)

今回の株主優待キャッシュバック対象となる「買上期間」は、2017年3月1日から 2017年8月31日まで。
店頭での返金取扱期間は、2017年10月21日から 2017年12月20日まで。

今回、筆者名義のイオンオーナーズカードでの特典対象お買上額は、上述の買上期間の半年間で五十万円台後半。
筆者が保有するイオン株の数は 100株で、キャッシュバック率は 3%ですので、返金される金額は 2万円に届きません。

近年の我が家の消費傾向が今後も続くとすれば、イオンの株主優待でのキャッシュバック率が 1%増えれば、返金される金額が年間に 1万円余り増えます。

そのうちに、キャッシュバック率を 5%に上げるべく、保有するイオン株の数を増やしていきたいものです。