マックスバリュ西日本の株式関係書類 2018/5/21

2018年(平成30年)5月21日(月)の午後、マックスバリュ西日本株式会社から私宛に封書が郵送されてきました。

封筒の表側には 株主総会関係書類在中 の記述があり、以下の物が入っていました。

  • 「配当金振込先ご確認」のご案内
  • 第36期(2017年3月1日 から 2018年2月28日 まで)期末配当金計算書
  • 第36期定時株主総会決議ご通知
  • 第36期 報告書(小冊子)
  • 株式等に関するマイナンバーお届出のご案内

第36期の期末配当金計算書によれば、1株あたりの配当金は 38円で、支払確定日及び支払開始日は 2018年5月18日。

なお、私はマックスバリュ西日本の株を 100株、NISA口座預かりで保有しており、入出金明細には 2018年5月18日付けで株式配当金 3,800円の入金についての記載がありました。

マックスバリュ西日本(8287)の 2018年5月21日の終値は、1,768円。
2019年2月期の 1株あたり配当金(38円)での配当利回りは、約2.150%(小数点第4位切り上げ)です。

保有株式数 100株の株主に対する株主優待の価値は、株主優待券(100円券× 50枚)の場合、5,000円。
配当金と株主優待価値の合計を 8,800円として実質の利回りを計算すると、約4.977%(小数点第4位切り捨て)になります。

マックスバリュ西日本の年初来安値は、2018年3月2日に付けた 1,720円。
この辺りの株価なら、買う意味ありでしょう。

ところで、2018年5月18日(金)の夜間取引(PTS)で、21時31分にマックスバリュ西日本が株価 1,601円で 100株だけ取引成立してました。

売る側が誤発注したものと思われますが、買えた人は幸運でした。

マックスバリュ中部の株式関係書類 2018/5/17

2018年(平成30年)5月17日(木)の午後、マックスバリュ中部株式会社から私宛に株式関係書類が郵送されてきました。

封筒には宛名を印刷した紙の他に、以下の物が入っていました。

  • 第45期定時株主総会決議ご通知
  • 第45期 MV中部通信(小冊子)
  • 株主様ご優待券(50枚綴)

マックスバリュ中部の株主優待品は、株主優待券(100円券)または松坂牛しぐれ煮。私は株主優待品の希望ハガキを出さなかったので、優待券が送られてきました。

保有株式数が 100株の私は、今回、100円券×50枚を受け取りました。
この優待券は、全国のイオンやマックスバリュ等の直営売り場で、買上金額 1,000円(税込)毎に 1枚を値引きに利用できます。

マックスバリュ中部(8171)の 2018年5月17日の終値は、1426円。
平成31年の 2月期の年間配当金額(会社予想)は 14円ですので、5月17日終値を使用しての配当利回りは約0.982%(小数点第4位切り上げ)です。

株主優待券(100円券×50枚)の価値(5,000円相当)と配当を合わせた利回りは、保有株式数が 100株の場合、約4.488%(小数点第4位切り捨て)。
株主優待目的で保有するのは悪くないと考えられます。

ただし、同じイオン系の銘柄では、株主優待と配当金の価値を合わせた利回りに関して、現時点ではマックスバリュ西日本(8287)の方が割安です。
マックスバリュ西日本の 5月17日の株価終値は 1,779円で、平成31年2月期の年間配当金(会社予想)は 3,800円。
株主優待券(100円券×50枚)の価値(5,000円相当)と配当を合わせた利回りは、保有株式数が 100株の場合、約4.947%(小数点第4位切り上げ)です。

私は既にマックスバリュ西日本の株を 100株保有しており、自分自身の名義で買い増す気はありませんが、今後、家族名義でマックスバリュ西日本の株を 100株購入するかもしれません。

マックスバリュ東海の株式関係書類 2018/5/9

2018年(平成30年)5月9日(水)の午後、マックスバリュ東海株式会社から私宛に株式関係書類が郵送されてきました。

封筒には以下の物が入っていました。

  • 配当金計算書
  • 配当金のお受け取り方法について
  • 議決権行使書(ハガキ)
  • 優待品のご希望ハガキ
  • 配当金支払いのお知らせ
  • 株主さまご優待のご案内
  • 株式等に関するマイナンバーお届出のご案内
  • 株主総会会場へのシャトルバスのご案内
  • 記載面保護シール
  • 株主優待用個人情報保護シール
  • 第56期 定時株主総会招集ご通知(小冊子)

第56期(2017年3月1日から 2018年2月28日まで)の期末配当金は、普通株式 1株当たり 47円(普通配当 43円、特別配当 4円)。
支払開始日は 2018年5月9日で、既に私の証券口座に入金されています。

マックスバリュ東海の 1株当たり年間配当金は、2017年2月期が 38円でしたので、2018年2月期の 47円は 9円の増配。
2019年2月期についての会社予想は 47円になっています。

2019年2月期も増配になることを期待しています。

なお、「優待品のご希望ハガキ」を投函しない場合、株主さまご優待券が送られてくることになっています。
保有株式数が 100株の私は、ハガキを投函せず、株主優待券(100円券×50枚)が送られてくるのを待つつもりです。

ダイユー・リックホールディングスの株式関係書類 2018/5/9

2018年(平成30年)5月9日(水)の午後、ダイユー・リックホールディングス株式会社から私宛に株式関係書類が郵送されてきました。

封筒には以下の物が入っていました。

  • 議決権行使書
  • 記載面保護シール
  • 第2期 定時株主総会招集ご通知(小冊子)

第2期(2017年3月1日から 2018年2月28日まで)の期末配当金計算書は同封されていませんでした。

なお、今回の定時株主総会招集通知には、第2期の期末配当について、普通株式 1株当たりの配当金額が 13円であることや、剰余金の配当が効力を生じる日が 2018年5月28日であること、等が記述されています。

ダイユー・リックホールディングスは株主優待制度を設けており、2月末現在の株主名簿に記載された単元株主(100株以上所有)に対して、所有株式数に応じて JCBギフト券が贈られます。
保有株式数が 100株の私の場合、1,000円分の JCBギフト券が送られてくることになっています。

私の生活圏内にはダイユー・リックホールディングス傘下の店舗はないので、株主優待品の JCBギフト券はイオン内の専門店あたりで使うことになりそうです。

マックスバリュ西日本の株主優待申込書 2018/5/7

2018年(平成30年)5月7日(月)の午後、マックスバリュ西日本株式会社から私宛に封書が郵送されてきました。

封筒には以下の物が入っていました。

  • 株主様ご優待申込書
  • 議決権行使書
  • 記載面保護シール 2枚
  • 株主さまご優待ご案内
  • 第36期 定時株主総会招集ご通知(小冊子)

第36期(2017年3月1日~2018年2月28日)の期末配当金計算書は同封されていませんでした。
今回の定時株主総会招集通知の中に、剰余金の配当が効力を生じる日について、「2018年5月18日といたしたい」の記述があるので、その頃までには配当金計算書が送られてくるのでしょう。

保有株式数が 100株の私は、株主優待品として下記の 3種類のうちの一つを選ぶことができます。

  • 優待券(100円値引券×50枚)
  • 佃煮(いかなご釘煮)
  • かき醤油味付のり

上記の中で私が最も魅力を感じるのは、優待券(100円値引券×50枚)です。

株主優待申込書(ハガキ)を返送しなければ優待券が送られてくるはずで、私はハガキを返送せず、優待券の到着を待つことにしています。

イオン北海道から株主優待券 2018/5/2

2018年(平成30年)5月2日(水)、イオン北海道株式会社から私宛に株式関係書類が郵送されてきました。
封筒表面には 定時株主総会招集通知書 在中 の記述があり、中には以下の物が入っていました。

  • 配当金計算書
  • 配当金のお受け取り方法について
  • 議決権行使書
  • 個人情報保護シール
  • 株式等に関するマイナンバーお届出のご案内
  • 第40期 定時株主総会招集ご通知
  • 株主様ご優待券

イオン北海道の第40期(2017年3月1日~2018年2月28日)の配当金は 1株当たり 17円で、支払確定日は 5月2日。
私は NISA口座預かりでイオン北海道の株を 100株保有しており、私の証券口座への入金額は 1,700円です。

株主優待券については、株主様ご優待券 と表書きされた小封筒の中に 2,500円相当(100円券の 25枚綴り)の株主優待券と説明文書 1枚が入っていました。

株主優待券は妻に渡しました。おそらく 2週間以内に 25枚を使い切るでしょう。

イオンの期末配当金 2018/4/28

2018年(平成30年)4月28日(土)、イオン株式会社から私宛に株式関係書類が郵送されてきました。
封筒には、第93期(平成29年3月1日~平成30年2月28日)の配当金計算書や「第93期 定時株主総会招集ご通知」(小冊子)等が入っていました。

また、同日、マックスバリュ中部株式会社から私宛に第45期(2017年3月1日~2018年2月28日)の配当金計算書や「第45期 定時株主総会招集ご通知」(小冊子)等が郵送されてきました。

イオンの第93期の期末配当金は、1株当たり 15円。
私は特定口座預かりで 100株保有しており、私の証券口座への入金額は 1,196円になります。

マックスバリュ中部の第45期の期末配当金は、1株当たり 14円。
私は NISA口座預かりで 100株保有しており、私の証券口座への入金額は 1,400円です。

両社の配当金は、どちらも 5月1日付けで証券会社の口座に入金されることになっていて、既に私の証券口座の入金明細に情報が記載されています。

イオンの株主優待返金引換証 2018/4/16

2018年(平成30年)4月16日(月)の午後、イオン株式会社より株主優待関係書類が私宛に郵送されてきました。
封筒に入っていたのは、下記の 3点。

  • 第65回株主ご優待返金引換証
  • オーナーズカードご利用明細書
  • 株主ご優待返金取扱店舗のご案内(小冊子)

なお、今回の株主優待キャッシュバックの対象となるのは、「2017年9月1日~2018年2月28日」の期間中の対象店舗での買い物です。

今回、私の返金対象買上額は 55万円台。
私の保有株式数は 100株で、返金率 3%ですので、返金額は 1万6千円台になります。

ちなみに、2019年2月期のイオンの 1株当たり配当金(会社予想)は 34円。
今日(2018年4月16日)のイオン(8267)の終値(2,034.5円)での配当利回りは 1.671%(小数点第4位切り捨て)です。

年間の返金対象買上金額が 100万円の場合、返金額は、返金率 3%で 3万円。
返金額 3万円と配当金を合わせた利回りは 16.417%(小数点第4位切り上げ)になります。

イオン系のスーパーの販売価格が近隣のスーパーの販売価格に比べて極端に割高でないなら、イオンの株主優待を利用する意味はあります。

ところで、イオンの現行の株主優待制度では、保有株式数が 500株~1,000株未満の場合の返金率は 4%です。

2018年4月16日のイオンの終値(2,034.5円)で 500株を買うには、手数料を別にしても 101万7250円が必要です。
500株保有で年間の返金額が 4万円の場合、返金額と配当金(1万7,000円)を合わせた利回りは 5.603%(小数点第4位切り捨て)になります。

近頃のイオンの株価では、500株保有するよりも、100株だけ保有する方が良いと思っています。
でも、今後の状況によっては、私が考えを変え、イオンの株を買い増す気になるかもしれません。

キヤノンの第117期の期末配当金

2018年(平成30年)3月30日(金)、キヤノン株式会社より第117期(2017年1月1日~2017年12月30日)の期末配当金計算書が私宛に郵送されてきました。

1株当たり期末配当金は 85円(うち、10円は記念配当分)で保有株式数が 200株ですので、配当金額は 1万7,000円です。

配当金計算書の他には、下記の 2点の文書が同封されていました。

  • 「配当金のお受け取り方法について」
  • 「第117期定時株主総会決議ご通知」

なお、3日ほど前の時点で、証券口座の入出金明細に 2018年3月30日付けで今回のキヤノンの配当金についての情報が掲載されていました。
NISA口座預かりの 100株の分の配当金は 8,500円で、特定口座預かりの 100株の分の配当金は源泉徴収後の 6,774円です。

もう 100株、キヤノンの株を買いたい気持ちもあるのですが、当面は米国株優先の方針で、キヤノンの株を買うのは来年(2019年)以降になります。

アーバネット等の株式関係書類 2018/3/26

2018年(平成30年)3月26日(月)の午後、私宛に株式会社アーバネットコーポレーション(3242)とマックスバリュ中部株式会社(8171)から株式関係書類が郵送されてきました。

アーバネットコーポレーションからの封筒には、配当金計算書の他に、以下の文書が同封されていました。

  • 「配当金のお受け取り方法」
  • 「株式等に関するマイナンバーお届出のご案内」
  • 「株主通信」

今回の配当計算書によれば、第21期(平成29年7月1日~平成30年6月30日)のアーバネットコーポレーションの普通株式の中間配当金は、1株あたり 7円で、保有株数 100株の私が受け取る配当金は 700円です。
支払確定日は、平成30年3月26日。

SBI証券のサイトで確認したところ、2018年3月26日付けで、700円が入金されてました。
NISA(少額投資非課税制度)対象で、源泉徴収はありません。

マックスバリュ中部からの封筒には、「株主様ご優待のご案内」と題した文書の他に、株主様ご優待品交換票と個人情報保護シールが入っていました。

株主優待品として「松阪牛しぐれ煮」を希望する場合、交換票を 2018年4月10日までに到着するように返送する必要があります。
私は「株主様ご優待券」希望ですので、今回の交換票を返送する必要はありません。

株主優待券は 5月下旬に発送予定とのこと。
多分、数か月以内に妻が使い切ることでしょう。