東海東京フィナンシャルHD を 100株購入 2018/8/13

私は 2018年(平成30年)8月13日(月)の午後、東海東京フィナンシャル・ホールディングス(8616)を 100株、買いました。
午前10時52分に指値 624円で現物/NISA の買い注文を出しておいたところ、13時52分に約定したものです。

ちょうど 1週間前の 8月6日、私は指値 634円で買い注文を出し、約定せずに注文が失効したのですが、そのとき買えなかったのは結果的にラッキーでした。

ただ、今回、624円で買えたことが幸運だったかどうかは分かりません。

東海東京フィナンシャル・ホールディングス(以下、東海東京)の 2018年8月13日の終値は、この日の安値で年初来安値でもある 624円。
連結PBR(実績)は約0.96倍となっており、割安感はあります。

2018年3月期の年間配当金は 1株当り 38円で、配当据え置きならば、株価 624円での配当利回りが約 6.09%(小数点第4位四捨五入)になります。

でも、2019年3月期の第1四半期の決算短信の数字を見る限りでは、減配になる可能性が高そうです。

2017年3月期の年間配当金 26円と同額まで減配になる場合、株価 624円での配当利回りは約 4.167%(小数点第4位四捨五入)になります。

東海東京の株価は、2年ほど前には 4百円台だった時期があります。

株価が 400円割れしたら、一度だけナンピンするつもりです。

エヌビディアを 5株購入 2018/5/15

2018年5月15日(火)の米株式市場の取引時間中、私はエヌビデイア(NVDA)を 5株、指値 245.50ドルで買いました。
朝方、BT Group plc(ADR)の株価が一時、14ドルを割り込み、こちらを買いたい気持ちもあったのですが、NVDA を買うことを選びました。

5月15日の米株式市場でダウ工業株30種平均(NYダウ)は反落し、終値は前日比 193ドル(0.78%)安の 2万4,706ドル41セントでした。

ナスダック総合株価指数も反落し、前日比 59.69ポイント(0.81%)安の 7,351.63 で終わりました。

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,587.80 、高値 1,587.80 、安値 1,565.22 で、終値は前日比 25.42ドル(1.59%)安の 1,576.12ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 1,096.90 、高値 1,099.12 、安値 1,078.78 で、終値は前日比 21.73ドル(1.96%)安の 1,084.87ドル。

エヌビデイア(NVDA)は、始値 252.79 、高値 252.90 、安値 241.50 で、終値は前日比 9.80ドル(3.84%)安の 245.56ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 36.73 、高値 36.93 、安値 35.93 で、終値は前日比 1.05ドル(2.82%)安の 36.12ドル。

この日、NVDA は安値 241.50ドルを付けており、結果的に私の指値は気前が良すぎでした。
でも、長期的な投資対象として、NVDA は有望と考えており、後悔はしていません。

エヌビディア 5株を売却 2018/5/7

日本時間の 2018年5月7日(月)の 23時過ぎ、私は特定口座預かりのエヌビデイア(NVDA)を 5株、指値 249.50ドルで売り注文を出し、23時25分に約定しました。

約定金額は、1,247.50ドル。
手数料 5.62ドルと課税額 0.44ドルを引いた残り(受渡金額)は、1,241.44ドルです。

今回売却した NVDA の 5株は、2018年3月28日に指値 220.00ドルで購入したもので、手数料 5.00ドルと課税額 0.40ドルがかかっていて、受渡金額は 1,105.40ドル。

今回の 5株の売買で得た譲渡益は 136.04ドル。
なお、株の譲渡益に対して所得税 15.315%、住民税5%分の税金がかかります。

5月7日の米株式市場でダウ工業株30種平均(NYダウ)は 3連騰し、前週末比 94ドル81セント(0.39%)高の 2万4,357ドル32セントで終わりました。

ナスダック総合株価指数は前週末比 55.60ポイント(0.77%)高の 7,265.21 で終わりました。

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,589.34 、高値 1,606.95 、安値 1,587.83 で、終値は前週末比 19.19ドル(1.21%)高の 1,600.14ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 1,053.89 、高値 1,065.00 、安値 1,050.27 で、終値は前週末比 8.46ドル(0.80%)高の 1,059.46ドル。

エヌビデイア(NVDA)は、始値 243.29 、高値 250.99 、安値 242.89 で、終値は前週末比 9.62ドル(4.02%)高の 248.66ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 38.24 、高値 38.91 、安値 38.00 で、終値は前週末比 1.05ドル(2.79%)高の 38.72ドル。

5月10日に決算の NVDA を売却しましたが、決算発表を待つ方が良かったかもしれません。
今は、次の買いの好機を待つだけです。

エヌビディアを 5株購入 2018/3/28

2018年3月28日(水)、私はエヌビディア(NVDA)の株を 5株、指値 220ドルで購入しました。買い注文は日本時間で 28日のうちに約定し、取得単価は、221ドル08セント。
既に保有中の 5株は NISA口座預かりですが、今回は数ヶ月以内の売却も視野に入れ、特定口座預かりで買いました。

この日、購入する銘柄は日本時間の 21時過ぎに決めました。
購入候補は、アマゾンドットコム(AMZN)、アルファベット A(GOOGL)、エヌビディア(NVDA)の 3銘柄。
資金が潤沢にあるなら 3銘柄とも買ってもよいのですが、限られた資金で購入時期を分散させるため、一日に購入する外国株は基本的に一銘柄だけと決めています。

3銘柄とも将来有望ですが、このところアマゾンへの風当たりが強いので AMZN は外し、フェイスブックの個人情報流出問題が報じられて間もないことから GOOGL も外しました。

エヌビディアについても、ウーバーの自動運転車が死亡事故を起こしたことが約10日前に報じられたばかりで、当面、株価下落が続く危険はありますが、自動運転車の開発がストップしたわけではなく、そのうちに NVDA に見直し買いが入ると思っています。

28日の米株式市場で、NVDA の四本値は、始値 224.13ドル、高値 229.39ドル、安値 217.00ドル、終値 221.35ドル。
終値は前日比 4ドル17セント(1.85%)安です。

AMZN の株価は、安値 1,386.17ドルまであり、終値は前日比 65.63ドル(4.38%)安の 1,431.42ドル。
GOOGL の株価は、安値 984.00ドルまであり、終値は前日比 1.76ドル(0.17%)安の 1,005.18ドル。

この日の株価の動きを見る限りでは、3銘柄の中では GOOGL を買うのが無難だったようです。

28日の米株式市場で、ダウ工業株30種平均(NYダウ)終値は、前日比 9ドル29セント(0.039%)安の 2万3,848ドル42セント。
ナスダック総合株価指数は、前日比 59.580ポイント(0.85%)安の 6,949.226 で終わりました。

この辺りでハイテク銘柄の株価が下げ止まることを期待しています。

蛇足ですが、今回の買い注文を出す前、私の証券口座での米ドルが購入予定金額に足りていなかったので、住信SBIネット銀行で買い付けを行いました。
指値「1ドル=105円50銭」で 500米ドルの買い注文をこの日の 17時過ぎに出しておいたのですが、21時を過ぎても約定しそうにないため、「1ドル=106円28銭」のときにリアルタイムで 10万円を買い付け、940ドル91セントを入手しました。

買い付けたばかりの米ドルを証券口座に入金し、21時半近くに外貨建MMF を全額解約。
外貨建MMF の解約により買付余力は増えたつもりだったのですが、買い注文を出そうとしたところ、余力不足でエラーとなりました。

そこで、21時40分頃に指値「1ドル=106円25銭」で 200米ドルの買い付け注文を出し、106円24銭で約定。
200米ドルを証券口座に入金し、買い注文を出すことができました。

こうした手間をかけるくらいなら、必要な分のドルを一度に買い付け、株の購入後に残ったドルで外貨建MMF を買い付ける方が楽でした。

エヌビディアの配当金通知 2018/3/23

2018年(平成30年)3月23日(金)の午後、SBI証券から私宛に「外国株式等 配当金等のご案内(兼)支払通知書」が郵送されてきました。
私が少額投資非課税(NISA)口座預かりにしているエヌビディア(NVDA)の配当金に関する通知です。

今回の配当は、現地基準日が 2018年2月23日、支払日が 3月16日、国内支払日が 3月19日。
1株当たり配当金額は 0.15米ドルで、保有株数 5株に対する配当金額は 0.75ドル。
米国株の外国源泉税率は 10%ですので、0.07ドルが源泉徴収され、受取金額は 0.68ドル。
0.68ドルを申告レート(1ドル=105.28円)で円換算すると、71円(端数切捨)になります。

通知書を見た後、SBI証券のサイトで私の口座情報を確認したところ、私の口座には 0.68米ドルがありました。

普段なら 1ドル未満の外貨は証券口座内に放置しておくのですが、たまたま、この日(3月23日)に買い付けたばかりの 100米ドルが銀行口座にあったので、100ドルを証券口座に移し、13時半頃に 100.68米ドル分の米ドル建MMF の買い付けを申し込みました。
今回の買い付けにより、私の保有する米ドル建MMF の評価額は 408ドル余りになりました。

円が一時、1ドル=104円台に 2018/3/23

2018年(平成30年)3月23日(金)の朝、東京外国為替市場で円相場が対米ドルで円高方向に動き、一時、1ドル=104円台で取引されました。
今回の円高ドル安の動きは、米国のマクマスター大統領補佐官の更迭が明らかになったことが直接の契機です。

私は、午前8時近くにマクマスター大統領補佐官の更迭を知り、円相場の状況を確認したところ、既に 1ドル=104円台になってました。

私は前日(3月22日)の午後に指値「1ドル=105円30銭」で 100ドルの買い付け注文を出してあり、約定してしまったかと思いましたが、幸い、3月23日の午前6時までに約定せず、この注文は失効。

ここで一度に 1,000ドルほど買い付けようかとも思いましたが、今回は自重し、午前8時14分に指値「1ドル=104円92銭」で 100ドルの買い付け注文を出し、直後に約定しました。

今後、円が対ドルで大きく円高に動いたタイミングで 100ドルずつ買い付けていき、1ドル=99円台以上の円高の場合は一回の買い付け金額を 200ドルにする方針です。

ここ数ヶ月の円相場の動きをみると、年内に 1ドル=95円台もありそうな気がしています。

円相場が 1ドル=105円台に 2018/3/15

2018年(平成30年)3月15日(木)、東京外国為替市場で円相場が円高方向に動き、1ドル=105円台になりました。

この日の午前9時45分頃に 105円台の値を付け、その後、16時頃までは 105円80銭~106円近辺の範囲での値動きでした。

なお、私が前日(3月14日)の 14時半過ぎに「1ドル=106円20銭」の指値で 100米ドルの買い付け注文を出しておいたところ、3月15日の午前0時35分に「1ドル=106円19銭」で約定しました。
購入した 100米ドルは証券口座に入金し、外貨MMF の買い付けにつかいました。

現時点で私が保有する米ドル建MMF の評価額は 300ドル余り。
米国株は 1株から買えるので、300ドルあれば株価の低い銘柄を買うことはできます。

でも、SBI証券で米国株を売買する場合の最低手数料は 5ドル(税別)で、往復では税込みで 11ドル近くになります。

手数料負けしたくないので、MMF を含む手持ちの米ドルが 1,000ドルを超えるまでは米国株の買い注文は出さないつもりです。

今後、円相場が対ドルで 50銭くらい円高に動くタイミングで米ドルの買い付け注文を出していく予定です。

ナスダック反発 2018/3/2

2018年3月2日(金)の米株式市場で、NYダウ(ダウ工業株30種平均)は 4日続けての下落し、前日比 70ドル92セント(0.3%)安の 2万4,538ドル06セントで取引終了しました。終値は、2018年2月9日以来の安値。

トランプ大統領の貿易制限に関する強気の姿勢が貿易摩擦への投資家の警戒感を誘い、ダウの下げ幅は一時、約390ドルになりましたが、押し目買いの動きもあって下げ渋りました。

ナスダック総合株価指数は反発し、前日比 77.306ポイント(1.1%)高の 7,257.867で終わりました。
アマゾンドットコム(AMZN)は終値で 1,500ドル台に復帰。

2日のニューヨーク外国為替市場で、円相場は円高に動き、一時 105円24銭を付けたものの伸び悩み、前日比 50銭円高ドル安の 1ドル=105円70~80銭で取引終了しました。

なお、私は日本時間の 3月2日の午前7時台に指値「1ドル=105円50銭」で買付注文を出し、同日の 20時過ぎに約定したことによって、100米ドルを入手。その日のうちに証券口座に移しました。
その後、「1ドル=104円50銭」の指値で買付注文をだしましたが、こちらは約定しませんでした。

公益財団法人 国際通貨研究所のサイトで公開されている「ドル円購買力平価と実勢相場」のデータを見ると、2018年1月末時点での輸出物価ベースの購買力平価は、75.52円。
今回の円高ドル安の動きがどこまで行くかは分かりませんが、今後、対ドルで円高が 1円進む度に米ドルを買い付けていき、状況に応じて外国株を買っていく方針です。

保有中の外国株 2018/2/28

2018年2月28日(水)の米株式市場の取引終了時点で私が 1株以上保有している株について、取得単価と 2月28日の株価終値を記録しておきます。
なお、株価の単位は米ドル表記とします。

以下、特定口座預かりで保有している株について、証券コード、社名、保有株数、取得単価、株価を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 取得単価 株価
JD JDドットコム ADR 20 49.17 47.15

以下、NISA口座預りで保有している株について、証券コード、社名、保有株数、取得単価、株価を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 取得単価 株価
AMZN アマゾンドットコム 1 1,409.43 1,512.45
GOOGL アルファベット Aく 1 1,106.01 1,103.92
NVDA エヌビディア 5 238.66 242.00

私の 2018年2月の外国株の売買は、以下の 4回でした。

2月6日、アルファベット A(GOOGL)を取得単価 1,106.01ドル(約定単価 1,100.61ドル)で 1株購入。
2月6日、アマゾンドットコム(AMZN)を取得単価 1,409.43ドル(約定単価 1,402.62ドル)で 1株購入。
2月15日、エヌビディア(NVDA)を取得単価 238.66ドル(約定単価 237.50ドル)で 5株購入。
2月27日、JDドットコム(JD)を取得単価 49.17ドル(約定単価 48.90ドル)で 20株購入。

ちなみに、3月1日の終値は以下の通りです。
AMZN: 1,493.45ドル
GOOGL: 1,071.41ドル
NVDA: 232.21ドル
JD: 46.21ドル

AMZN 以外は含み損が出ており、結果的に高値掴みでした。

米国株については長期投資の方針で、1銘柄の投資期間が 30年になることも考えています。
もちろん、株価の確認は営業日に必ず行い、状況によっては売却や銘柄の入れ替えを行います。

本稿を執筆している 3月2日の午前11時半過ぎの時点で、私の証券口座での米ドルの買付余力は 8ドル余り。
保有資産評価額は、4,650ドル余り、日本円換算で 49万5千円余りです。

年内に米ドル建ての保有資産評価額を 1万ドル以上にする予定です。

保有株式の記録 2018/2/28

2018年2月28日(水)の取引終了時点で私が 1単元以上保有していた日本株について、3月2日の午前10時台に株価の記録を行いました。
株価は 2月28日の終値を入力してあります。

以下、「現物/特定預り」で保有している株について、証券コード、社名、保有株数、取得単価、株価を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 取得単価 株価
3167 TOKAI HD 100 869 1,153
5411 JFE 100 2,737 2,487.5
7751 キヤノン 100 4,250 4,096
7873 アーク 300 127 131
8198 MV東海 100 1,674 2,484
8267 イオン 100 1,767 1,806.5

以下、「現物/NISA預り」で保有している株について、証券コード、社名、保有株数、取得単価、株価を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 取得単価 株価
1717 明豊ファシリティワークス 100 351 480
3197 すかいらーく 300 1,604 1,470
3242 アーバネット 100 444 367
3467 アグレ都市デザイン 200 665 982
3546 ダイユーリックHD 100 790 1,254
7201 日産自 100 1,090 1,125
7512 イオン北海 100 607 789
7751 キヤノン 100 2,865 4,096
8171 MV中部 100 1,241 1,454
8287 MV西日本 100 1,660 1,802
8591 オリックス 100 1,750 1,910
9831 ヤマダ電機 100 560 677

私の 2018年2月の日本株の売買は、以下の 3回でした。

2月2日、キヤノン(7751)を単価 4,375円で 100株売却。
2月5日、キヤノン(7751)を単価 4,251円で 100株買い。
2月6日、アーク(7873)を単価 119円で 100株買い。

キヤノンについては、本稿執筆時点の株価が 3,920円近辺で、評価損が 3万2千円余り。今回の購入は結果的に高値掴みでした。
ただ、配当利回りは悪くないので、当面は様子見の方針。

アークの株価は本稿執筆時点で 127円で、取得単価と同値。
今後、地道に取得単価を下げていきたいものです。

本稿執筆時点で、私の証券口座の現金残高は 6万3千円台、証券口座での保有資産評価額は 326万2千円台。
保有資産評価額は 31万円ほど減りました。

現時点ではロスカットの予定はありません。