保有株式の見直し 2017/11/30

2017年11月30日(木)の 15時現在で私が 1単元以上保有している株について、見直しを行いました。

以下、「現物/特定預り」で保有している株について、証券コード、社名、保有株数、取得単価、株価(2017年11月30日の終値)を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 取得単価 株価
3167 TOKAI HD 100 869 873
7751 キヤノン 100 3,753 4,298
8198 MV東海 100 1,674 2,354
8267 イオン 100 1,767 1,824

以下、「現物/NISA預り」で保有している株について、証券コード、社名、保有株数、取得単価、株価(2017年11月30日の終値)を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 取得単価 株価
1717 明豊ファシリティワークス 100 351 461
3197 すかいらーく 100 1,623 1,643
3242 アーバネット 100 444 362
3467 アグレ都市デザイン 100 1,329 2,030
3546 ダイユーリックHD 100 790 1,081
7201 日産自 100 1,090 1,088
7512 イオン北海 100 607 701
7751 キヤノン 100 2,865 4,298
8171 MV中部 100 1,241 1,312
8287 MV西日本 100 1,660 1,706
8591 オリックス 100 1,750 1,934
9831 ヤマダ電機 100 560 610

今月(2017年11月)、私は株の売買を全く行っておらず、保有中の銘柄に変更はありません。

現在、私の証券口座の現金残高は 69万3千円台で、証券口座での保有資産評価額は 338万3千円台。
キャッシュポジションは約2割で、適正の範囲内と考えています。

保有中の銘柄は基本的に長期保有方針です。

特定口座で保有中のキヤノン(7751) 100株については、数か月以内に売却するかもしれません。

それ以外では、アグレ都市デザイン(3467)の株を手放す可能性があります。
アグレ都市デザインは、2017年12月31日を基準日として、普通株式を 1株につき 2株の割合をもって分割を行います。
分割後の株価が私の取得単価(1,329円)を超えるようなら、半分だけ売却して利益を確定するかも。

当面、様子見継続 2017/11/19

2017年(平成29年)11月19日(日)の 21時過ぎの時点で、私は当面、株式投資に関して様子見を継続する予定です。

日経平均株価は、2017年11月9日の取引時間中に年初来高値 2万3,382円15銭を付けた後で反落し、11月16日(木)には 2万2千円を割り込む場面もありましたが、その後、下げ止まり、11月17日(金)の株価は 2万2,396円80銭でした。

私の保有中の銘柄の大部分は、株価が取得単価を上回っており、売却を急ぐ必要は感じていません。

現時点で、新規投資の対象として、プロスペクト(3528)とディア・ライフ(3245)を検討中です。
両方とも買うつもりはなく、どちらか 1銘柄のみを 1単元だけ買う予定。

事業内容から企業業績の点で、ディア・ライフの株を買う方が良さそうだと思っていますが、まだ最終的な結論は出ていません。

今後の株価の動きによっては、どちらも買わないことになるかもしれません。

一人称を「私」に変更

本ブログ「株式投資で配当金生活」では、ブログ開設以降、記事中の一人称として基本的に「筆者」を用いていました。
「筆者」を用いることによって、客観的でフォーマルな感じの文章にすることが狙いで、実際、硬めの印象を与える効果はあったと判断しています。

ただ、学術的な論文で「筆者」を用いることは珍しくありませんが、個人ブログの記事で一人称として「筆者」を多用するのは珍しい部類かと思います。

一人称として「筆者」を使うのが適切なブログ記事もあるとは思いますが、本ブログの場合、記事の大部分が個人的な内容のものであり、「私」を用いても問題ありません。
また、本ブログの筆者自身、一人称として「私」を使うことに慣れています。

そこで、本日(2017年11月12日)より、本ブログで新規公開する記事中の一人称として、基本的に「私」を用いることに方針変更しました。

なお、過去の記事については、一人称は現状のままにしておきます。

保有株式の見直し 2017/10/31

2017年10月31日(火)の 20時現在、筆者が 1単元以上保有している株について、見直しを行いました。

以下、筆者が「現物/特定預り」で保有している株について、証券コード、社名、保有株数、株価(2017年10月31日の終値)を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 株価
3167 TOKAI HD 100 905
7751 キヤノン 100 4,243
8198 MV東海 100 2,237
8267 イオン 100 1,750.5

以下、筆者が「現物/NISA預り」で保有している株について、証券コード、社名、保有株数、株価(2017年10月31日の終値)を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 株価
1717 明豊ファシリティワークス 100 376
3197 すかいらーく 100 1,695
3242 アーバネット 100 341
3467 アグレ都市デザイン 100 1,629
3546 ダイユーリックHD 100 1,059
7201 日産自 100 1,098.5
7512 イオン北海 100 653
7751 キヤノン 100 4,243
8171 MV中部 100 1,300
8287 MV西日本 100 1,697
8591 オリックス 100 1,938.5
9831 ヤマダ電機 100 602

今月(2017年10月)、特定口座で保有中の銘柄に変更がありました。

10月2日、TOKAIホールディングス(3167) 100株を購株主優待目的で購入(取得単価 869円)。

現在、筆者の証券口座の現金残高は 68万6千円台で、証券口座での保有資産評価額は 329万3千円台。
キャッシュポジションは約2割で、適正の範囲内と考えています。

保有中の銘柄は基本的に長期保有方針ですが、特定口座で保有中のキヤノン(7751) 100株については、3ヶ月以内に売却するかもしれません。

キヤノン株、保有継続 2017/10/29

2017年10月29日(日)現在、筆者はキヤノン株を 200株だけ保有しています。
100株は NISA口座預かりで、取得単価 2,865円。
残り 100株は特定口座預かりで、取得単価 3,753円。

先週末(2017年10月27日)の終値が 4,252円ですので、現時点では取得時より高くなっています。

今月(2017年10月)、日経平均株価は堅調で、10月2日の終値が 2万400円78銭、10月27日の終値が 2万2,008円45銭。
27日の取引時間中には、年初来高値の 2万2,016円50銭を付けています。

日経平均株価終値が 2万2千円台を付けたのは、1996年7月5日以来。
日経平均は、1996年6月26日の取引時間中に高値 2万2,750円70銭を付けており、この値を楽に更新できるようなら年内の 2万3千円台もありそうです。

今月の株価上昇によって、2017年10月29日現在、筆者の保有資産評価額は、329万9千円台(現金: 68万6千円台、株式: 261万2千円台)になっています。

キャッシュポジションを計算したところ、約20.8%(小数点第2位四捨五入)。
筆者の考える適正範囲(20%~30%)内ではありますが、キャッシュポジションを高くしておきたい気持ちもあります。

保有中の株式の大部分は長期保有の方針で、売却するとしたら、特定口座預かりのキヤノン株が最優先です。

特定口座預かりでキヤノン 100株を買った時点では、3900円台で売却することも考えていましたが、このところの相場の強さを思うと、中期 5,000円目標で保有継続する気になっています。

状況によっては早く手放すかもしれませんが、現時点では 2017年12月の期末配当の権利を取るつもりです。

日経平均株価 15連騰

東京株式市場で 2017年10月23日(月)、日経平均株価は 15連騰し、前週末比 239円1銭高の 2万1,696円65銭で取引終了しました。
日経平均株価は、1996年7月15日以来、約21年3カ月ぶりの高値。

この日は、衆院選での与党大勝や為替相場の円安ドル高を受け、幅広い銘柄が買われました。
なお、日経平均株価の 15営業日連続での上昇は過去最長。
これまでの記録は、高度経済成長期の 1960年(昭和35年)12月から 1961年(昭和36年)1月にかけて記録された 14連騰でした。

ちなみに、日経平均株価の過去の最高値は、バブル期の 1989年12月29日に記録した 3万8,915円87銭(終値)で、この日の取引時間中の高値は 3万8,957円44銭です。
バブル期以降の最安値は、取引時間中では 2008年10月28日の 6,994円90銭で、終値では 2009年3月10日の 7054円98銭です。

個人的には、一本調子の株価上昇は望んでいませんが、日経平均株価が過去最高値を更新する日が来ることを期待しています。

休むも相場

「休むも相場」という投資の格言を実践したわけではないのですが、2017年10月2日(月)に TOKAIホールディングス(3167) 100株を買って以降、筆者は株の取引を行なっていません。

保有している銘柄の株価の確認は日課のように行なっていますが、今月(2017年10月)は投資資金の追加を行わない予定になっていることもあって、結果的に売買を自粛した形になりました。

ただ、キヤノン(7751)の株価が 2017年10月5日(木)に高値引けで終値 3900円を付ける等、状況は動いています。

近いうちに保有銘柄の一部を売却することになるかもしれませんが、あるいは、「押し目待ちに押し目なし」の展開を期待して保有継続するかもしれません。

とりあえず、2017年10月6日(金)は取引せず、来週の株価の動きを見てから方針を決めることにしました。

保有株式の見直し 2017/10/1

2017年10月1日(日)現在、筆者が 1単元以上保有している株について、見直しを行いました。

以下、筆者が「現物/特定預り」で保有している株について、証券コード、社名、保有株数、株価(2017年9月29日の終値)を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 株価
7751 キヤノン 100 3,845
8198 MV東海 100 2,195
8267 イオン 100 1,662.5

以下、筆者が「現物/NISA預り」で保有している株について、証券コード、社名、保有株数、株価(2017年9月29日の終値)を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 株価
1717 明豊ファシリティワークス 100 362
3197 すかいらーく 100 1,663
3242 アーバネット 100 350
3467 アグレ都市デザイン 100 1,507
3546 ダイユーリックHD 100 896
7201 日産自 100 1,114.5
7512 イオン北海 100 625
7751 キヤノン 100 3,845
8171 MV中部 100 1,295
8287 MV西日本 100 1,687
8591 オリックス 100 1,814.5
9831 ヤマダ電機 100 615

先月(2017年9月)、特定口座で保有中の銘柄に変更がありました。

9月4日、キヤノン(7751) 100株を購入(取得単価 3,753円)。
9月15日、ユニチカ(3103) 1000株を売却(約定単価 81円)。
9月19日、ユニチカ(3103) 1000株を売却(約定単価 82円)。
9月20日、ポケットカード(8519) 100株を売却(約定単価 1,064円)。

その後の株価の推移を見ると、ユニチカとポケットカードの株を手放すのは早すぎました。

現在、筆者の証券口座の現金残高は 77万2千円台で、証券口座での保有資産評価額は 314万7千円台。
キャッシュポジションは、高いとはいえませんが、低くもなく、適正の範囲内と考えています。

保有中の銘柄は基本的に長期保有方針ですが、特定口座で保有中のキヤノン(7751) 100株については、株価が 3,900円を超えたら売却するかもしれません。

今月(2017年10月)は、TOKAIホールディングス(3167)を 100株だけ、株主優待目的で買いたいと考えています。
先週末(9月29日)の終値(870円)は、ここ数ヶ月では高値圏ですが、今後の高値更新を期待できると思っており、900円未満ならば買ってもよいと考えています。

収入面の現状と今後の計画 2017/9/28

2017年9月28日(木)の午前11時半頃の時点での筆者の収入面の現状と今後の計画について、簡単に書いておきます。

筆者は来月(2017年10月)から派遣労働者として働くことが決まっていて、既に派遣会社と契約済です。
現在、職探しの作業は行なっていません。

次の仕事は三交代の軽作業で、時給は地元では高めですが、1ヶ月あたりの労働時間は少なめで、高収入にはなりません。

よくあることですが、社会保険への加入時期が就労の 2ヶ月後。
当初の手取り金額は残業なしでも 20万円を上回りますが、健康保険料と年金保険料をひかれるようになると、残業なしでは 20万円に届かないはずです。

幸い、家業の方は順調で、当面、家業の収入だけで暮らしていけそうです。
家業が順調な間は、派遣労働での収入の大部分を株式投資の資金として投入しようと思っています。

車の買い替えや子供たちの教育にもお金が必要ですが、そちらは、出来るだけ家業の収入から支出していきます。

起業した仕事については、既に作業は始めており、少しずつ成果が出てきています。
でも、現在の収入では、我が家の暮らしを賄う(まかなう)にはゼロが 2つ足りません。

一年ほど頑張って、収入を増やす見込みがないようなら、撤退することになるでしょう。
逆に有望なら、派遣での仕事をやめて、起業した仕事の作業時間を増やします。

すかいらーくの株主優待券を初利用

2017年9月24日(日)の昼頃、すかいらーくの株主優待券を初めて利用しました。

この日、筆者は午前中に妻と次男と母を連れて外出(長男は留守番)。
子供たちのための買い物を済ませた後、ステーキガストで昼ご飯を食べました。

ステーキガストは、ステーキやハンバーグなど肉系の料理がメインの店で、パン、ライス、カレー、スープなどをバイキング形式で食べることができます。

ステーキガストでコストパフォマンスを追求するなら、平日の 11時~17時に「ランチバー食べ放題付き」の日替わりランチを注文するのが良いのですが、この日は日曜日で日替わりランチを注文できないため、各人が好みの品を注文し、それぞれ、ドリンクバーを注文しました。

入店前には支払金額を 3000円で抑えたい気持ちもあったのですが、結局、3000円を大きく上回る支払金額となり、手持ちの株主優待券(3000円分)では足りない分をジェフグルメカードで支払いました。

予定していた以上の散財となりましたが、家族が満足していたようですので、良しとします。

すかいらーく系の店で筆者が食事するのは、今回が初めてでした。
そのうちに、別の店も利用してみようと思います。