ココス、第1四半期は赤字 2018/8/6

株式会社ココスジャパン(9943)が 2018年(平成30年)8月6日(月)の大引け後、2019年3月期の第1四半期(4-6月)の決算を発表しました。

第1四半期の純利益は 3,400万円の赤字(前年同期は 7,700万円の黒字)に転落。
2019年3月期の業績予想について、今回は 2018年5月9日公表の業績予想から変更なし。
配当予想についても修正はありませんでしたが、今後の状況によっては減配があるかもしれません。

2018年8月6日現在、ココスジャパンの 1株当りの年間配当金額(会社予想)は 24円。
2018年8月6日の終値 2,325円を用いての配当利回りは約1.032%(小数点第4位四捨五入)です。

ココスジャパンは株主優待制度を導入しており、権利確定日(3月末日・9月末日)の時点で 1単元(100株)以上を保有する株主に対し、ココス等で利用できる食事優待券(500円券)とストックホルダーカード(飲食代金の値引きカード)が贈られます。
なお、株主優待で贈呈される食事優待券は、全国のココス・宝島・エルトリートの他、ゼンショーグループ各店(一部除く)で利用できます。
ストックホルダーカードについては、ココス・宝島・エルトリート以外のゼンショーグループ各店では使用できません。

保有株数が 100株の場合、半期で 1,000円(500円券2枚)の食事優待券及び飲食代金(税込)5%引のストックホルダーシルバーカードが贈られます。
この場合、年間の株主優待価値は食事優待券の分だけで 2,000円となります。

2018年8月6日の終値 2,325円を用いて、株主優待価値(2,000円)と配当金の価値を合わせた利回りを求めると、約1.892%(小数点第4位四捨五入)となります。

保有株数 200株以上の場合、飲食代金(税込)10%引のストックホルダーゴールドカードが贈られます。
ココスで年に 10万円を使うなら、10%引で 1万円が値引されるので、年間の株主優待価値は、4,000円分の食事優待券を合わせ、1万4千円になります。
株主優待価値(1万4千円)と配当金(4,800円)の合計に対する利回りは約4.043%(小数点第4位四捨五入)。

ココスで年に 10万円くらい食事する人なら、ココスジャパンの株を 200株保有することは考えられます。

ただ、今回の決算内容を考えると、現在の株価は割高で、2,000円割れもありえます。

個人的には、ここ数年、ココスを利用しておらず、ストックホルダーカードを入手したいと思っていませんが、株価の状況によっては打診買いを考えるかもしれません。

私としては、2011年3月15日の取引時間中に付けた安値 1,251円近辺まで株価が下落すれば嬉しいのですが、実現は難しいか?

保有株式の記録 2018/7/31

2018年7月31日(火)の 16時現在、私が 1単元以上保有している日本株について、株価の記録を行いました。株価は月内最終取引日(7月31日)の終値です。

以下、「現物/特定預り」で保有している株について、証券コード、社名、保有株数、取得単価、株価を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 取得単価 株価
3167 TOKAI HD 100 869 1,106
5411 JFE 100 2,737 2,265.5
7751 キヤノン 100 4,250 3,617
7873 アーク 300 127 112
8198 MV東海 100 1,674 2,450
8267 イオン 100 1,767 2,266.5

以下、「現物/NISA預り」で保有している株について、証券コード、社名、保有株数、取得単価、株価を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 取得単価 株価
1717 明豊ファシリティワークス 100 351 442
3197 すかいらーく 300 1,604 1,624
3242 アーバネット 100 444 369
3467 アグレ都市デザイン 200 665 954
3546 ダイユーリックHD 100 790 1,212
7201 日産自 100 1,090 1,055.5
7512 イオン北海 100 607 805
7751 キヤノン 100 2,865 3,617
8171 MV中部 100 1,241 1,449
8287 MV西日本 100 1,660 1,775
8591 オリックス 100 1,750 1,810
9831 ヤマダ電機 100 560 554

私は、2018年7月には日本株を売買しませんでした。

私の証券口座の円建ての現金残高は 11万1千円台で変わらず。
円建ての保有資産評価額は 2万7千円ほど増え、333万1千円台になりました。

見直しの結果、売却を急ぐ必要のある銘柄は見当たらず、保有中の銘柄の全てを保有継続することにしました。

吉野家を検討 2018/7/8

2018年(平成30年)7月8日(日)、投資対象として株式会社吉野家ホールディングス(9861)が有望かどうか、検討してみました。

株式会社吉野家ホールディングスは、大手外食チェーンの吉野家グループの持株会社で、傘下に牛丼の吉野家やセルフうどんの「はなまる」などがあります。

7月6日の 16時に発表した 2019年(平成31年) 2月期の第1四半期(3~5月)決算によると、連結経常損益は 4400万円の赤字(前年同期は 8億3700万円の黒字)です。
通期の業績予想は据え置きで、47億円の黒字となっています。

吉野家ホールディングス(以下、吉野家HD)の 2019年2月の 1株当り年間配当金(会社予想)は 20円です。
吉野家HD は株主優待制度を実施しており、保有株数が 100株~999株の株主の場合、2月末、8月末の半期毎に 10枚の 300円サービス券が贈られるので、年間の株主優待価値は 6,000円となります。

2018年7月6日(金)の終値 2,106円を用いて利回りを求めると、配当利回りは 0.95%(小数点第4位四捨五入)、配当と優待価値を合わせた利回りは、保有株数 100株なら 3.799%(小数点第4位四捨五入)になります。

2018年7月6日(金)の終値 2,106円と 2019年2月期の 1株当り純利益(会社予想) を用いての連結PER は約 70.95倍で、割高感があります。

第1四半期が赤字転落だったことを受けて、2018年7月9日(月)は株価が下落すると思われます。
下方修正や減配の可能性もあり、意外に大きく値下がりするかもしれません。

吉野家HD の過去の株価を調べてみると、2013年9月~同年11月は 1,100円台で、取引時間中の高値が 1,200円に届くことはありませんでした。

2018年2月期決算での吉野家HD の連結のBPS(1株当たり純資産)は、887.13円。
通期で黒字を確保できないなら、株価の下値目途が BPS 近辺になることも考えられます。

ただ、株主優待目的で株を買いたい人も多く、株価が BPS を割り込むことは考えにくいです。

現行の株主優待制度が維持されるなら、保有株数 100株の場合の優待利回りは、株価 1,600円で 4%、株価 1,200円で 5%、株価 1,000円で 6%になります。

私は、吉野家HD の株価が 1,200円台になったら打診買いの予定です。

保有株式の記録 2018/6/30

2018年6月30日(土)現在、私が 1単元以上保有している日本株について、株価の記録を行いました。株価は月内最終取引日(6月29日)の終値です。

以下、「現物/特定預り」で保有している株について、証券コード、社名、保有株数、取得単価、株価を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 取得単価 株価
3167 TOKAI HD 100 869 1,072
5411 JFE 100 2,737 2,096
7751 キヤノン 100 4,250 3,631
7873 アーク 300 127 120
8198 MV東海 100 1,674 2,453
8267 イオン 100 1,767 2,370

以下、「現物/NISA預り」で保有している株について、証券コード、社名、保有株数、取得単価、株価を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 取得単価 株価
1717 明豊ファシリティワークス 100 351 434
3197 すかいらーく 300 1,604 1,639
3242 アーバネット 100 444 364
3467 アグレ都市デザイン 200 665 858
3546 ダイユーリックHD 100 790 1,174
7201 日産自 100 1,090 1,078
7512 イオン北海 100 607 811
7751 キヤノン 100 2,865 3,631
8171 MV中部 100 1,241 1,452
8287 MV西日本 100 1,660 1,806
8591 オリックス 100 1,750 1,752
9831 ヤマダ電機 100 560 551

私は、2018年6月には日本株を売買しませんでした。

6月は、3月決算の企業から配当金の入金がありました。
私の証券口座の入出金明細によれば、6月の配当入金は、5日付けで 1件、11日付けで 1件、22日付けで 1件、27日付けで 2件、28日付けで 1件、29日付けで 1件。

私の証券口座の円建ての現金残高は 11万1千円台になりました。
円建ての保有資産評価額は 1万1千円ほど減り、330万4千円台になりました。

保有中の銘柄の中で特に評価損の大きいのは、特定口座預かりのキヤノン(7751)と JFE(5411)。
評価損の金額は 2銘柄合計で 12万円を超えましたが、特に気にする程のことではなく、保有継続の方針です。

トリドールホールディングス、終値 2589円 2018/6/26

2018年(平成30年)6月26日(火)の東京株式市場で、東証一部上場の株式会社トリドールホールディングス(3397)が年初来安値を更新し、取引時間中に安値 2,567円を付け、終値は前日比 89円(3.32%)安の 2,589円でした。

トリドールホールディングス(以下、トリドール)の株価が 2,600円を下回ったのは、取引時間中では 2017年5月16日に 2,592円を付けて以来、終値では 2017年4月14日に 2,565円を付けて以来です。

トリドールは 2018年1月10日に年初来高値 4,290円を付けましたが、直近の株価は高値の約6割です。

トリドールは、飲食店舗の開発と運営をおこなう企業グループの持株会社で、主力事業はセルフ式うどん店の「丸亀製麺」。
売り上げの 8割以上が丸亀製麺です。

2019年3月期の 1株当り配当(会社予想)は 30円で、2018年6月26日の終値 2,589円での配当利回りは約1.159%(小数点第4位四捨五入)。
トリドールでは株主優待制度を導入しており、9月末日時点での 1単元(100株)以上の株主に対して、保有株式数に応じて 100円引き券が贈られます。
保有株数が 100株の場合、20枚綴りの 100円引き券が贈られるので、株主優待の価値は 2,000円ということになります。

保有株数 100株の場合、株主優待と配当の価値の合計(5,000円)で利回りを求めると、株価 2,589円では約1.931%(小数点第4位四捨五入)になります。

利回りだけを投資の基準とするなら、最低でも利回り 4%となる株価 1,250円あたりで買いたいところです。

いうまでもなく、利回りだけが投資の基準ではありません。

トリドールの 2018年3月期は減益でしたが、会社予想で 2019年3月期は増収増益。
成長率が落ちたとしても、現在の連結PERは約17.27倍で、極端に割高とは思えません。

でも、信用買い残の多さと近頃の下げ方を見ていると、まだ底値に達していない感があります。

個人的には、丸亀製麺の店に行ったことがないので、すぐにトリドールの株を買いたいとは思いません。

今後、株価が 2,000円を割り込むようなら、100株の買い注文を出すことを検討します。

書類整理とデータ入力 2018/6/25

ここ数年、私は自宅の居間を仕事部屋にしていて、仕事関係の書類や私宛の郵便物の多くは居間に置いてあります。

近頃、株式関係書類が溜まってきて、書類を置いてある辺りがゴミ屋敷のようになってきました。
そこで、2018年(平成30年)6月25日(月)の午後、仕事部屋で書類整理を行いました。

株式関係書類のうち、配当計算書は残すことにして、それ以外を大きなゴミ袋に入れました。
ただ、配当金の入金額は証券口座の入出金明細を見れば分かるので、保管しない方がよいかもしれません。

株主優待券やギフト券等、金銭的のある物は、一時的にテーブルの上に置き、作業完了後に所定の場所に移す方針。

仕事関係の書類は全て、今回は廃棄対象外です。
書類整理のついでに、仕事関係のデータを表計算ソフトで入力しました。

データ入力後、仕事関係の書類を書類保管用の箱に入れ、作業完了後に箱を所定の場所に戻しました。

今後、ゴミ屋敷化を防ぐため、1ヶ月毎に書類整理を実施すればよいのでしょうが、実践できるかどうかは分かりません。

落日危機の時代の株式投資

平成29年版高齢社会白書によれば、平成28(2016)年10月1日現在、日本の総人口は 1億2,693万人。
65歳以上の高齢者人口は 3,459万人で、総人口に占める割合(高齢化率)は 27.3%となっています。

ちなみに、65歳以上の高齢者人口と 15~64歳の現役世代人口の比率は、平成27(2015)年には高齢者1人に対して現役世代2.3人。
数年後には、高齢者1人に対する現役世代の人数が 2人を割り込むと予想されています。

出生率について、人口を維持できる水準は 2.07 とされていますが、厚生労働省が 2018年6月1日に発表した人口動態統計によると、合計特殊出生率は 1.43 で、少子高齢化の傾向が続いています。

高齢化率の高い国が経済的に発展を続けることは考えにくく、現在の日本は経済面では落日の危機にあります。
かつての日本は多くの分野で技術的に世界トップレベルにありましたが、近頃は中国などが台頭し、日本の存在感は衰えつつあります。

今後、外国人労働者を受け入れることによって、経済的に軟着陸できる可能性はありますが、破綻の時期を先送りするだけの結果となるかもしれません。

このような状況で、株式投資を行うなら、どのような戦略で臨むのがよいか?

個別には、日本企業で有望な銘柄は今後も登場するはずです。
ただ、米国、中国、インドなど、経済的に日本より期待できそうな国は数多く存在しており、有望企業の数は日本以上です。

投資対象を日本企業の株に限定していては、儲けのチャンスを逃がすことになりかねません。

今後も日本で生活していくなら、資金の一定割合を日本国内の上場銘柄に投資するのはよいでしょう。
ただ、日本経済が衰退途上にあることを思うと、日経平均株価に連動する ETF を買うよりは、NASDAQ100指数に連動する ETF である QQQ(パワーシェアーズ QQQ信託シリーズ1)あたりを買っておく方がリターンが大きいと思います。

私の場合、ETF よりも個別の株を売買するのが好きなので、当面は米国のハイテク銘柄中心に取引する方針です。

高配当投資戦略

高配当投資戦略とは、高配当の金融商品に投資する投資手法です。
多くの場合、受け取った配当金をそのまま投資資金に追加していく「配当再投資戦略」と組み合わせて実践されます。

株式投資の分野に限定しても、「ダウの犬戦略」など、配当利回りの高い株を長期保有する手法は昔から存在しています。

ジェレミー・シーゲル著の「株式投資の未来」を見ると、歴史的には高配当投資戦略が市場平均よりも高いパフォーマンスを達成した時期があったようです。

ところで、インターネットが普及して以降、アマゾンドットコム(AMZN)など、IT関連企業が急成長し、米国の株式市場の時価総額上位に IT関連企業の名前が多く並んでいる状況になりました。

21世紀以降の米株式市場に限れば、勝ち組の IT関連銘柄の株を長期保有していれば、高配当投資戦略を続けるよりも儲かったはずです。

当面、米国では IT関連銘柄が株式市場の主役であり続けると思っていますが、過去の歴史では永遠の繁栄はありえません。

将来、高配当投資戦略が市場平均のパフォーマンスを上回る時代が来る可能性はあります。

個人的には、日本国内の株については高配当銘柄を中心に買い、外国株についてはキャピタルゲイン狙いで主に IT関連銘柄を売買していく方針です。

私の方針が最善とは思いませんが、大怪我する可能性は低いと考えています。

日本KFCホールディングスを検討 2018/6/7

2018年(平成30年)6月7日(木)の昼間、日本KFCホールディングス(9873)の株について、投資対象として適格か検討してみました。

日本KFCホールディングス(以下、日本KFC)は、フライドチキンチェーン店「ケンタッキーフライドチキン」(以下、KFC)を日本で運営する企業で、東証2部上場。

2019年3月期の年間配当金額(会社予想)は 50円。
2018年6月6日の終値 1,996円を用いての配当利回りは約2.505%(小数点第4位四捨五入)です。

日本KFC は株主優待制度制度を導入しており、1単元(100株)以上を保有する株主を対象として年に 2回、国内の KFC店舗の多くで利用可能な商品券が送られます。
送られる商品券の枚数は保有株式数によって異なり、2018年6月現在、半期毎に以下のようになっています。

保有株式数 内容
100株 ~ 299株 500円券 1枚
300株 ~ 499株 500円券 3枚
500株 ~ 999株 500円券 5枚
1,000株以上 500円券 10枚

保有株式数が 100株の場合、年間の株主優待価値は 1,000円(500円券 2枚)ですので、配当金と株主優待の価値の合計は 6,000円。
2018年6月6日の終値 1,996円を用いての「配当+優待価値」の利回りは約3.006%(小数点第4位四捨五入)です。

日本KFC の 2018年3月期決算は減収減益。
2019年3月期がどうなるか、まだ分かりませんが、外食産業が厳しい状況で、KFC だけが急上昇することは考えにくいです。

2017年以降、株価は 概ね 2,000円近辺で安定していますが、今のところ、上に行く感じがしません。

検討の結果、私は日本KFC の株を投資対象としないことに決めました。
でも、個人的に KFC の味は好きなので、今後、状況に大きな変化があれば気持ちが変わるかもしれません。

保有中の外国株 2018/5/31

2018年5月31日(木)の米株式市場の取引時間終了時点で私が 1株以上保有している外国株について、取得単価及び、米株式市場の月内最終取引日(5月31日)の株価終値を記録しておきます。
なお、株価の単位は米ドル表記とします。

以下、特定口座預かりで保有している株について、証券コード、社名、保有株数、取得単価、株価を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 取得単価 株価
JD JDドットコム ADR 20 49.17 35.18
NVDA エヌビディア 5 246.70 252.19

以下、NISA口座預りで保有している株について、証券コード、社名、保有株数、取得単価、株価を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 取得単価 株価
AMZN アマゾンドットコム 1 1,409.43 1,629.62
GOOGL アルファベット A 1 1,106.01 1,100.00
NVDA エヌビディア 5 238.66 252.19

私は 2018年5月には外国株の売買を 2回行いました。
5月7日に特定口座預かりの NVDA を 5株、指値 249.50ドルで売却。
5月15日、NVDA を 5株、指値 245.50ドルで購入。

5月31日の取引終了時点で、私の証券口座での米国株の評価額は 5,950ドル余りで、外貨建MMF の評価額が 450ドル余り。
保有資産評価額は、6千400ドル余り、日本円換算で 69万6千円台になります。

保有銘柄の見直しの結果、現時点で保有している外国株は、当面、保有継続することにしました。
ただし、特定口座預かりのエヌビディア(NVDA) 5株については、状況によっては数日以内に手放すかもしれません。