コロワイドの株主優待と配当金

株式会社コロワイドは、外食産業の複数の事業会社を統括する持株会社で、グループには、アトム、カッパ・クリエイトなどがあります。東証1部上場(証券コード: 7616)。
事業年度は毎年、4月1日から翌年3月末日まで。

2017年(平成29年)3月期の年間配当金額は 1株あたり 5円(中間配当 0円、期末配当 5円)。
2017年5月9日現在、2018年(平成30年)3月期の年間配当金額(会社予想)は 1株あたり 5円(中間配当 0円、期末配当 5円)です。

スポンサーリンク

株式会社コロワイドの 2017年7月20日の株価(終値)は 1908円ですので、2018年3月期の配当利回り(予想)は約 0.262%(小数点第4位切り捨て)になります。

2017年7月20日の終値を基に計算すると、連結PER(会社予想)48.16倍、連結PBR(実績)5.07倍。

株式会社コロワイドは株主優待制度を実施しており、毎年 3月末日現在もしくは 9月末日現在の株主名簿に記録された 5単元(500株)以上の株式を保有の株主に対し、株主優待品が贈呈されます。
優待内容はポイントで、コロワイドグループ店舗(一部の店舗では利用不可)で「1ポイント=1円」として利用できます。

優待ポイントの発行時期は、9月末日確定の株主に対しては 12月と翌年3月、3月末日確定の株主に対しては 6月と 9月。
1回の発行で 1万円相当のポイントが付与されるので、年間で 4万円相当のポイントを貰えることになります。

以下、2018年(平成30年)3月期の年間配当金額(会社予想)と年間の株主優待品の価値を合わせた実質配当利回りを、2017年7月20日の株価(終値)を用いて算出してみます。

保有株数が 500株の場合、株価に株数を掛けた金額は 95万4000円。
配当金額(2500円)と株主優待品の価値(4万円)を合わせた実質配当利回りは、約 4.455%(小数点第4位切り上げ)になります。

コロワイドは、PER や PBR 等の指標では割安とはいえませんが、実質配当利回りの値は悪くありません。

本稿執筆時点の実質配当利回りなら投資対象として考えられます。
ただ、筆者の場合、コロワイド 500株を買うと、全体の投資金額に対するコロワイド株の割合が大きくなってしまいます。

当面、筆者は他の優待銘柄の購入を優先するつもりです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です