イチロー、今季5度目の複数安打

MLBのマイアミ・マーリンズのイチロー外野手が 2017年9月14日(日本時間で 15日)、敵地フィラデルフィアでのフィリーズ戦に「2番センター」で先発出場し、3打数2安打1四球1三振で、打率 2割6分3厘(171打数45安打)となりました。
試合は、マーリンズが「0-10」で負け、5連敗。

イチローの 1試合複数安打は 8月9日のナショナルズ戦以来で、今季 5度目の「マルチ」。
なお、イチローのセンターでの先発は、これも 8月9日のナショナルズ戦以来です。

スポンサーリンク

この日、イチローは 43歳327日で、自身が持つセンター先発出場のメジャー最年長記録を更新しました。

イチローの MLB通算安打数は 3075 となり、歴代21位のキャップ・アンソンの記録(3081本)に残り 6本に迫りました。

蛇足ですが、キャップ・アンソンは MLB史上初の通算 3000安打達成者で、1897年に 45歳で引退した人ですが、引退の前年に 44歳で 24盗塁を記録しています。

今シーズン、イチローの盗塁数は現時点でゼロ。
イチローがシーズン終了までに盗塁を成功させることを期待しています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です