海外移住を思う

私は、日本で生まれ育ち、今後も日本で暮らしていきたいと思っています。

でも、少子高齢化やワーキングプア等の問題が続いている日本の現状を思うと、私の子供たちが日本で安楽に暮らしていけるかどうか、不安です。

スポンサーリンク

ところで、国連が昨年(2017年)の「世界幸福デー」(3月20日)に発表した「幸福度ランキング」(世界155ヶ国が対象)によれば、日本は 51位。

日本は、治安がよく、経済的には衰退したとはいえ、まだまだ豊か。
他国に比べ、貧富の差は小さいはず。
現在の日本が幸福度で 51位は低すぎると思います。

ただ、今後、日本は少子高齢化が進み、移民の増加等の要因によって治安が悪化すると思われます。
また、現在の 20代から 40代の人は、「生涯に需給できる年金額」より「生涯に納付する年金保険料」の方が大きくなる可能性大。
将来に希望を持てない若者が多くても不思議ではない状況です。

私の子供たちが日本国内で成功できれば問題ないですが、何らかの事情でコースを外れた場合、かなりの能力または幸運がなければ挽回は難しいでしょう。

私の親戚には、複数の外国で IT関係の仕事をしていた人もいますし、専門的技能を生かして海外移住した人もいるので、外国で暮らすことは私にとって現実離れしたことではありません。
私自身、仕事で米国や中国の人と関わっていた時期もあり、外国の人への苦手意識は持っていないつもりです。

現時点で私は海外移住する気はなく、子供たちが日本で成功することを期待していますが、今後の状況によっては海外移住を真剣に検討することになるかもしれません。
とりあえず、日本の国力低下によって円の価値が下がる場合があり得ることを考慮し、外貨建ての資産を増やしていく方針です。

私の子供たちには他国でも仕事できるレベルの語学力や専門的知識を身に着けてもらいたいものです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です