明豊ファシリティワークス株を購入 2017/7/27

2017年7月27日(木)、筆者は明豊ファシリティワークス(1717)の株を購入しました。

前場の取引が始まる前、前日と同じ指値(350円)で 100株、現物/NISA の買い注文を出しました。
その直後、注文状況を再確認し、350円では約定しない可能性が高いと判断し、別に指値 351円で現物/NISA の買い注文を出しました。

スポンサーリンク

筆者は 9時半過ぎに家族と外出し、11時頃に帰宅。
11時15分頃に証券会社のサイトにログインしたところ、351円の買い注文は 10時41分に約定してました。

結局、350円の方の買い注文は約定しませんでした。

この日の取引の結果、証券口座での筆者の現金残高は 16万6千円台に、今年(2017年)の NISA投資可能枠の残りは 18万8千円台になりました。

明豊ファシリティワークスという企業は、目先の業績について足踏み感はありますが、有利子負債ゼロなどの魅力があります。
将来、この銘柄の株価が 4桁で安定することはありえることで、筆者は「投資先として有望」と考えています。

ただ、現在の筆者は基本的に、同一銘柄を短期間に買い増すことは行わない方針です(結果的に同じ日に 2単元を買ってしまうことはあります)。

次に何の株を買うかは未定ですが、多分、既に保有している銘柄以外から選ぶことになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です