低位株投資の実践に向け

スポンサーリンク

2017年8月8日(火)の 21時半過ぎ、現時点の現金資産(約103万円)の運用について、筆者は今後の基本方針を低位株スイングトレードに決め、投資対象の調査・検討を始めました。

低位株とは、株価が低い水準にある銘柄を指す言葉で、何円以下が低位株という明確な基準はありません。
300円以下の株を指すことが多いですが、場合によっては 500円以下の株を指すこともあります。

また、株価が 100円未満の銘柄をボロ株とか超低位株と呼びます。

筆者は当面、1単元を安く買える銘柄の中から低PER・低PBRのものをリストアップする作業を行い、その後、リストアップした銘柄の中から、投資先として有望な銘柄を選ぶ予定です。

筆者が以前に売買したことがある銘柄では、ユニチカ(3103)と東芝(6502)が現在、低位株です。
個人的にはユニチカという銘柄は好みなのですが、今回、投資対象とするかどうかは未定です。

なお、アクティブ運用対象の資金として、年内に 50万円程度を追加投入したいと考えていますが、まだ決めたわけではありません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です