アーバネット、ストップ安

スポンサーリンク

東京株式市場で 2017年8月10日(木)、アーバネットコーポレーション(3242)が前日終値(434円)から 80円安(ストップ安)の 354円で取引終了しました。

この日のストップ安は、8月9日に行われた決算発表の影響によるもの。
2018年(平成30)6月期の経常利益は前期比 42.1%減の 12.5億円に落ち込む見込みで、年間配当は前期比 8円減の 13円に減配の方針とのことです。

8月10日の終値 354円を使用して算出した配当利回りは、約3.672%(小数点第4位切り捨て)。
連結PER 10.45倍、連結PBR(実績) 1.28倍。

筆者は現時点で、投資対象選択の基準を配当利回り 4%としています。
8月10日の終値を使って算出した配当利回りは 4%に届かず、当面、筆者がアーバネットコーポレーションの株を買うことはなさそうです。

なお、筆者は 2017年8月10日現在、アーバネットコーポレーションの株を 100株保有しています。

筆者は、取得価格から値下がりしただけではロスカット(損切り)は行いませんが、損切りを絶対に行わないわけではありません。

今後の業績動向によっては、筆者がアーバネットコーポレーションの株を手放すことは考えられます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です