ユニチカ 1000株、指値 81円で売却 2017/9/15

2017年9月15日(金)、筆者はユニチカ(3103) 1000株を指値 81円で売却しました。

昨日(9月14日)のうちに指値82円で現物 1000株の売り注文を出してあったのですが、今日の午前9時過ぎ、ユニチカの株価等の情報を見ているうちに気が変わり、指値を変更。
9時半近くに状況を確認したところ、9時9分に約定しました。

スポンサーリンク

結局、この日、筆者の取引はユニチカ 1000株の売却の 1件だけでした。
筆者は SBI証券でアクティブプランを利用しており、この日の約定代金は 10万円以下でしたので、売買手数料は 0円。

なお、筆者のユニチカ株の取得単価は 81円となっており、今回の 1000株は同値撤退ですが、実際には 80円で買っており、わずかながら黒字の結果です。

今回の売却により、筆者が保有するユニチカの株数は 1000株になりました。

ユニチカの株は、2017年10月1日をもって、普通株式 10株につき 1株の割合で併合が行われます。
「株価80円で 1単元が 1000株の銘柄」と、「株価800円で 1単元が 100株の銘柄」は、購入に必要な金額は同じですが、株価の違いによる印象は異なります。

また、無配株で 連結PBRが約1.5倍ということを考えると、現在の株価は少し割高。
安全策をとるなら、筆者は残りの 1000株を今月中に手放すのが正解でしょう。

ただ、経営再建中のユニチカの数年後の復配に期待するのも夢がありますし、1000株だけなら塩漬けにしてもダメージは大きくありません。

手持ちのユニチカ株の処遇をどうするか、3連休の間に考えることにします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です