TOKAIホールディングス 100株を買い 2017/10/2

2017年10月2日(月)の前場寄り付きで、筆者は TOKAIホールディングス(3167)を現物で 100株だけ買いました。
午前8時台に指値 869円で買い注文を出しておいたところ、始値は 870円でしたが、9時に約定してました。

前週末の終値 870円に比べれば 1円だけ安く買えたのですが、この日は TOKAIホールディングスの株価は軟調で、高値 871円、安値 852円、終値 854円。
筆者は結果的に高値で買ってしまいました。

スポンサーリンク

2017年8月4日現在、TOKAIホールディングスの 2018年(平成30年) 3月期の年間配当金(予定)は、28円(中間 14円、期末 14円)。
筆者の取得単価 869円を用いて算出した配当利回りは、約3.222%(小数点第4位切り捨て)になります。

TOKAIホールディングスは株主優待制度を導入しており、3月31日現在及び 9月30日現在の株主名簿に記載された 1単元株(100株)以上を保有する株主を対象に、保有株式数に応じて株主優待品が贈呈されます。

株主優待品は、下記 4種類から 1点。

  1. トーカイグループ飲料水宅配サービス関連商品
  2. 商品券(QUOカード)
  3. フレンチレストラン「ヴォーシエル」お食事券
  4. TLCポイント(トーカイグループ会員サービスのポイント)

上記の他に、トーカイグループの結婚式場共通婚礼10%割引券及び「ヴォーシエル」お食事 20%割引券が贈呈されます。

筆者が興味のある株主優待品は、クオカードと TLCポイント。
TLCポイントは、WAONポイントなどの提携ポイントに 等価交換できます。

保有株数が 100株の場合、年間にクオカードなら 1000円分、TLCポイントなら 2000円分が貰えます。
筆者は、TLCポイントの方を貰う方針です。

年間の株主優待の価値を 2000円として、筆者の取得単価 869円に対する優待利回りを求めると、2.301%(小数点第4位切り捨て)になります。

年間配当金(予定)と株主優待品の価値を合わせた実質利回りは、5.524%(小数点第4位切り上げ)となり、筆者の取得単価でも割安感はあります。

なお、保有株式数が 300~4999株の場合、株主優待として、クオカードなら年間 3000円分、TLCポイントなら年間 4000円分が貰えます。

TOKAIホールディングスの株価が 830円以下になるようなら、追加で 200株を買い増すかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です