東証、時価総額が過去最大に 2017/12/11

2017年12月11日(月)の東京株式市場で、日経平均株価は 3営業日連続で上昇し、前週末比 127円65銭高の 2万2,938円73銭で取引終了しました。

この日、日経平均株価は前場に前週末比マイナスになる場面もありましたが、その後、切り返し、高値引け。

スポンサーリンク

日経平均株価終値では、これまでは 11月7日の 2万2,937円60銭が年初来高値でしたが、今回、約1か月ぶりに年初来高値を更新し、1992年1月9日に 2万3,113円64銭を記録して以来の高値水準です。
東証1部の時価総額は 671兆円を超え、過去最大となりました。

ちなみに、現時点で今年(2017年)の取引時間中の年初来高値は 11月9日の 2万3,382円15銭。
今後、日経平均株価が終値で 2万3,000円を超え、さらに上を目指していくことを期待しています。

楽観的に希望するなら、次の東京オリンピックの開催年(2020年)までに日経平均株価が 3万円に到達してほしいものです。

でも、五輪後に不況になると考えている人が少なからず存在しており、早めに利益を確定する動きが出る可能性大。

私は当面、基本的には強気の方針ですが、いつでも弱気転換できるよう、心の準備だけはしておくつもりです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です