外国株と低位株にシフト

昨年(2017年)、私は基本的に高配当株または株主優待のある銘柄に投資してきました。
私の投資基準は配当利回り 4%または、配当と株主優待価値を合わせた実質利回り 4%で、私が昨年に買った株の多くは 4%の基準を満たすか、4%に近いものでした。

本稿を執筆している 2018年(平成30年)1月21日(日)現在、配当利回り 4%以上の銘柄を Yahoo!ファイナンスで調べてみると、21銘柄。
昨年の同時期に比べ、かなり減っているのは確実です。

スポンサーリンク

ちなみに、私は一昨年(2016年)8月5日にキヤノン 100株を現物/NISAで買っていて、キヤノン株の当時の 1株当たり年間配当金 150円と取得単価 2,865円から配当利回りを求めると、 約5.236%(小数点第4位切り上げ)。
2018年1月19日(金)の終値は 4,331円となっており、創立80周年記念配当 10円を含めても、配当利回りは 4%に届きません。

株主優待のある銘柄についても、買ってもよいと私が思う銘柄は激減しました。

そこで、昨年後半からキャピタルゲイン狙いの取引を再開。昨年の 12月5日に JFE(5411)を 100株買い、今年(2018年) 1月15日にはアーク(7873)を 100株買いました。

また、外国株も投資対象候補に含めることにしました。

今年、私の主な投資対象は外国株と低位株になりそうです。
低位株については、当面、株価が 200円以下の銘柄の中から投資対象を選び、短期売買していく方針。
外国株については、基本的には高配当株中心に分散投資していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です