私の株式投資戦略 2018/2/22

2018年(平成30年)2月22日(木)現在の私の株式投資戦略は、国内株と外国株の二刀流です。

国内株については、配当金と株主優待価値を合わせた実質的な利回りが高い銘柄に投資していきます。
現時点では、実質利回り 4%を投資基準としますが、企業内容によっては 4%未満でも投資することとします。

スポンサーリンク

外国株については、当面、投資対象を米国の個別株式もしくは ADR(米国預託証券)に限定します。
配当の有無にはこだわらず、今後の業績拡大と株価上昇を期待できる銘柄に投資していきます。

現時点で、円換算での株式評価額は、国内株と外国株の合計で約 372万円。全体の約89%が国内株です。

私は、日本の少子高齢化が続いていることから、日本経済が長期的には衰退していく可能性が高いと見ています。
日本経済が踏みとどまる可能性はありますし、日本企業の中にも勝ち組が出てくるかもしれないですが、安全策をとるなら、外国株にも分散投資しておくべきでしょう。

私としては、5年以内に国内株と外国株の比率を五分五分にしておきたいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です