香川、芸術的ループ 2017/9/30

サッカー日本代表MF でボルシア・ドルトムント所属の香川真司選手が 2017年9月20日(日本時間 10月1日)、敵地でのブンデスリーガ第7節「アウクスブルク」戦で芸術的なループシュートで得点しました。
試合は、ドルトムントが「2-1」で勝利しています。

香川はこの試合、4-3-3 の右インサイドハーフとして先発出場。

スポンサーリンク

前半4分、香川がキッカーを務めた左CKから、こぼれ球をアンドリー・ヤルモレンコが左足ヒールキックでシュートし、ドルトムントが先制。

11分にアウクスブルクが追いつきましたが、23分にドルトムントが突き放しました。
23分の得点は、オバメヤンのグラウンダーの折り返しを、ヤルモレンコが経由して、ペナルティーエリア内に走り込んでいた香川が右足のチップキックで相手GK の頭上を超えるループシュートを決めたもの。

香川は昨年(2016年)4月のシャルケ戦にループシュートを決めていますが、今回のシュートはシャルケ戦でのループシュートに似ています。

今回のシュートでブンデスリーガ(ドイツ1部)での香川の得点数は、今季リーグ戦 2得点、通算38得点となりました。

通算38得点は日本選手歴代単独トップの数字。
これまで第1位だった岡崎慎司選手は、現在、英プレミアリーグでプレーしています。

香川自身を別にすれば、今後、日本人としてのドイツ1部リーグでの通算得点記録を更新するのは、岡崎以外の選手になりそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です