日経平均株価、1年半ぶり 2万円台 2017/6/2

東京証券取引所で今日(2017年6月2日)の午前中、日経平均株価が 1年半ぶりに 2万円台を回復しました。

日経平均株価が取引時間中に 2万円を上回るのは、2015年12月2日以来。
日経平均株価の前場終値は、前日比 279.28円プラスの 2万139円31銭。

スポンサーリンク

前日(2017年6月1日)の NY株式市場でダウ工業株30種平均は史上最高値を更新し、終値は前日比 135.53ドルプラスの 2万1144.18ドル。
米国の経済指標は好調で為替は円安ドル高方向の動き。

また、世界的な景気拡大を背景に、出遅れ感のある日本株が買われてきたと見る向きもあります。

現時点で筆者の NISA投資可能枠は 90万円余り残っており、高配当銘柄を買いたい気持ちは強いのですが、今日のように株価が上昇している状況では買いたくありません。

今日の寄り付き後の株価の動きを見て、伊藤忠商事(証券コード: 8001)に指値 1570円で 100株の買い注文を出しましたが、前場終値は 1597円。
1570円の買い注文は約定しそうにありません。

無限に上がる株は存在しませんし、ほぼ全面高の日にも株価が下がる銘柄は存在します。
当面、買いの好機を待つ方針です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です