竹中半兵衛の育成 2018/9/21

2018年9月21日(金)の午前1時頃、私は「信長の野望 201X」で竹中半兵衛の性能を少し向上させました。
具体的には、星3 の「臼杵鑑続(うすき あきつぐ)」の持つ特性「迅速果断・参」を竹中半兵衛に継承させました。

継承を行ったことにより、臼杵は私の手持ちから失われました。
臼杵の固有スキル「士魂商才の技」(前列の味方の与ダメージを 80%増加)は便利で、手放したくない気持ちもあったのですが、今回は竹中半兵衛の性能向上を優先しました。

スポンサーリンク

承継を実施した時点で、竹中半兵衛には現代兵器「トーガーG6」を装備させていました。
トーガーG6 の改造上限は 3 で、「威力UP」を 2回、「装填速度UP」を 1回、実施済の状態。
今回の承継後に少しプレイしてみたところ、装填速度UP を実感できました。

ただ、「トーガーG6」の火力で強敵に対抗するのは難しいです。
より強力な兵器「パニッシャーX25」を使いたいところですが、無改造のパニッシャーX25 を竹中半兵衛に装備させてプレイしてみたところ、ターン数が 7 のステージで戦闘終了までに装填が間に合いませんでした。

もう 1個、迅速果断系の特性を竹中半兵衛に付けたいところです。

開眼修行により装填速度UP でき、フル開眼で 30%UP らしいですが、フル開眼には多くの時間がかかりそうです。

2018年9月21日の 12時半現在の、私の「信長の野望 201X」でのプレイ状況について。
本アカウント(スマホ)では、9月20日に信濃の攻略を終え、甲斐の攻略を開始しました。
副アカウント(myGAMECITY の PCブラウザ版)の方は、本編の攻略は保留しており、大和の多聞山城は未着手のままです。

「三河の絆」イベントでのポイント獲得については、副アカの方が先行しています。
現時点での獲得済ポイント数は、本アカが 17,105 pt、副アカが 18,796 pt です。

昨日(9月20日)のメンテナンス後、「戦国無双4」コラボイベント復刻開催が始まり、私は本アカと副アカの両方で初級(推奨LV 10)と中級(推奨LV 30)を各一度、クリアしました。
でも、「三河の絆」イベントでのポイント獲得を優先するため、当面、戦国無双の方は手を出さないことにしました。

2018年9月21日(金)の 12時半現在、本アカの一軍は以下の通り。

  • 朝倉宗滴(武芸者3、LV62)
  • 前田利益(武芸者3、LV60)
  • 竹中半兵衛(戦術家4、LV73)
  • 雑賀孫一(射撃手4、LV70)
  • 羽柴ねね(衛生士2、LV44)

現時点での本アカの育成部隊は以下の通り。

  • 井伊直政・100信(武芸者2、LV30)
  • 直江兼続(武芸者2、LV30)
  • 猿飛佐助(射撃手3、LV51)
  • 早川殿(衛生士2、LV40)

現時点での副アカでの一軍のメンバーは、以下の通りです。

  • 武田信繫(武芸者3、LV54)
  • 名古屋山三郎(武芸者3、LV58)
  • 岐秀元伯(軍師3、LV57)
  • 雑賀孫一(射撃手3、LV65)
  • 出雲阿国(軍楽士3、LV57)

本アカの育成部隊から臼杵鑑続が抜け、戦術家が欠員になっています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です