201X御前試合の結果 「信長の野望 201X」

2019年1月15日(火)の 13時59分をもって、ゲーム「信長の野望 201X」イベント「決戦!201X御前試合」が終了しました。
結果は、宮本武蔵が 1位、上泉信綱が 2位、塚原卜伝が 3位、柳生石舟斎が 4位でした。

私は、2019年1月8日(火)の 13時59分まで実施されていた「剣豪集結!201X御前試合」(予選)のときと同じく、本アカウント(スマホ)では塚原卜伝を選び、副アカウント(myGAMECITY版)では宮本武蔵を選びました。

スポンサーリンク

最終的に、本アカでは 79,261 Pt 、副アカでは 35,704 Pt を獲得。
本アカでは 5万Pt獲得報酬の突破練士 1枚を入手できました。
副アカの方は育成不足のため、難易度の高いステージをクリアできず、5万Pt 獲得を早々に断念。3万5000 Pt獲得報酬の覇紅玉 1個までを入手しました。

軍勢内ランキングは、本アカ 409位、副アカ 2173位。
予選での軍勢内ランキングは、本アカ 806位、副アカ 1279位でした。

「決戦!201X御前試合」の結果については概ね満足していますが、予選では大きなミスがありました。
私は予選終了の数日前あたりから本アカでのポイント獲得目標を 9万5000 Pt にしていたのですが、最終日に時間の配分を誤り、9万5000 Pt 獲得報酬のアイテム「レミーACR」を入手できませんでした。

失敗を後悔してはいませんが、同じ失敗は繰り返さないようにしたいものです。

2019年1月16日(水)の午前11時現在、本アカの一軍は以下の通りです。

  • 朝倉宗滴(武芸者4、LV91、開眼 3%)
  • 前田利益(武芸者4、LV91、開眼 4%)
  • 鍋島直茂(戦術家4、LV91、開眼 4%)
  • 臼杵鑑続(参謀4、LV84、開眼 5%)
  • 陽泰院(軍楽士4、LV84、開眼 1%)

副アカの一軍は以下の通りです。

  • 早川殿・無双(軍師4、LV89、開眼 3%)
  • 名古屋山三郎(武芸者4、LV83、開眼 1%)
  • 土持親成(武芸者4、LV83、開眼 4.1%)
  • 鍋島直茂(戦術家4、LV86、開眼 2%)
  • 陽泰院(軍楽士4、LV79)

副アカの一軍は、出雲阿国を外し、陽泰院を入れました。

ところで、「決戦!201X御前試合」と同じタイミングで、「訓練強化週間」が実施されていました。
期間中に「武芸者鍛錬」ダンジョンの消費霊力が半減だったこともあって、私は御前試合には全力投球せず、武芸者の育成にも時間を割きました。
本アカ、副アカの両方とも、無属性攻撃のスキルを持つ武将は星2 の真柄直隆しか入手しておらず、どちらも LV40 くらいまでしか育成していなかったのですが、「訓練強化週間」を利用して育成を進めることができました。
本稿執筆時点で、真柄直隆のレベル上限LV は、本アカが 81 、副アカが 80 です。
クラス、レベル、開眼率は以下の通り。
本アカ:武芸者4、LV80、開眼 1.5%
副アカ:武芸者3、LV63、開眼 1.8%)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です