NYダウ、2万2000ドル突破

2017年8月2日(水)、ニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均(NYダウ)が 7営業日続伸し、前日比 52ドル32セント高の 2万2016ドル24セントで取引終了しました。
NYダウは、6営業日連続での過去最高値更新で、初めての 2万2000ドル突破。

この日は、2017年4~6月期決算の内容が市場予想以上に良かったアップル株が買われ、前日終値から 5%近く上昇。
アップルの株価上昇が、NYダウを約49ドル上げる方向に作用しました。

スポンサーリンク

つまり、アップル株の上昇がなければ、NYダウは伸び悩みで、ほぼ横ばいです。

NYダウは、今年(2017年)の 1月下旬に初めて 2万ドルを超え、3月に 2万1000ドルを超えました。

日経平均先物は、日本時間で 3日早朝の大阪取引所の夜間取引では、20円安の 2万50円で終了。
2日のシカゴ取引所で、日経平均先物(9月物)は前日比55円高の 2万60円で終了しました。

3日の東京株式市場で前場、日経平均株価は前日比マイナス圏で推移しています。

私見では、日米の両市場とも、そろそろ調整が来ても不思議ではないと思っていますし、いずれ、上昇相場が下降に転じるのは確実です。
ただ、相場の転換が起こる時期は分かりません。

個人的には、1980年代のバブル期のような株価上昇を見たい気持ちもあります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です