NYダウ、259ドル高 2017/9/11

2017年9月11日(月)の NY株式市場で、NYダウ(ダウ工業株30種平均)は、前週末比 259ドル58セント高い 2万2057ドル37セントで取引終了しました。

週末にフロリダに上陸した大型ハリケーン「イルマ」による被害額が予想よりは低いとの見方から、損保株が買われました。
また、この日は北朝鮮の軍事的挑発に対する懸念が後退した形となり、投資家がリスクをとって積極的に運用する動きが目立ったようです。

スポンサーリンク

なお、11日のニューヨーク外国為替市場で、円相場はドルに対して円安方向に動き、前週末比 1円55銭円安・ドル高の 1ドル=109円35~45銭で取引終了しました。

11日の NYでの株や為替の動きを受けて、12日の東京株式市場は全般的に高く始まると思われます。
この日、日経平均株価終値が前日終値を 300円余り上回ることも考えられます。

ただ、11日夕方(日本時間で 12日の朝)に国連安全保障理事会で北朝鮮に対する追加制裁決議が全会一致で採択したことに対し、北朝鮮の反応の仕方によっては、改めて地政学的リスクが意識される展開となる可能性はあります。

筆者個人としては当面、先週に 3748円で 100株だけ買ったキヤノン(7751)株の処遇が最重要の問題です。
短期的には 12日の寄り付きあたりで売るのが有力ですが、年末あたりまでに 3900円近くにまで値上がりすることを期待することも考えられます。

12日の 8時過ぎ、筆者は指値 3798円でキヤノン 100株の信用売り注文を出しました。
約定しない可能性大と思っていますが、約定すればラッキーと思うことにします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です