NYダウ、反落 2017/9/21

2017年9月21日(木)の NY株式市場で、NYダウ(ダウ工業株30種平均)は 10営業日ぶりに反落し、前日比 53ドル36セント安い 2万2359ドル23セントで取引終了しました。

前日まで 7営業日連続で過去最高値を更新した後だけに、利益確定の売りが出やすい状況でしたが、大きく値崩れはしませんでした。

スポンサーリンク

ナスダック総合指数(NASDAQ Composite Index)は続落し、前日比 33.351ポイント安 6422.693 で終了。
S&P 500種は反落し、前日比 7.64 低い 2500.60 で取引終了しました。

21日のニューヨーク外国為替市場で、円相場はドルに対して 5営業日連続で下落し、前日比 25銭円安・ドル高の 1ドル=112円40~50銭で取引終了しました。

22日の東京株式市場で日経平均株価は、前日終値(2万347円48銭)より 60円余り高く始まりまり、高値 2万417円07銭までありましたが、その後、右肩下がりの動きとなり、10時36分現在、前日比 48円33銭安の 2万299円15銭です。

筆者が現時点で保有している株式の大部分は長期保有前提で購入したもので、短期で手放しても構わないと思っているのはキヤノン(7751) 100株のみ。

また、保有銘柄の大部分の株価が現時点で取得単価を上回っている状況ですので、まだ気持ちに余裕があります。

すかいらーく(3197)の株価が 1600円を割り込むようなら、筆者は 100株だけ打診買いしてみる予定です。

もしも、すかいらーく 100株を 1600円未満で買ったら、その後は当面、新規の買いは行わず、様子をみることになるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です