イタリアやスペインの政局不安で株安 2018/5/29

5月の最終月曜日はメモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)だったため、米株式市場は 2018年5月29日(火)がこの週の最初の取引日。
29日の米株式市場でダウ工業株30種平均(NYダウ)は 3営業日連続の下落となり、終値は前週末比 391ドル64セント(1.58%)安の 2万4,361ドル45セントでした。
イタリアやスペインの政局混乱でヨーロッパの株式市場が軟調だった流れを受けて、米株式市場も売り優勢でした。

ナスダック総合株価指数は反落し、前週末比 37.26ポイント(0.50%)安の 7,396.59 で終わりました。

スポンサーリンク

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,600.71 、高値 1,621.79 、安値 1,600.15 で、終値は前週末比 2.72ドル(0.17%)高の 1,612.87ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 1,076.00 、高値 1,081.34 、安値 1,063.08 で、終値は前週末比 16.01ドル(1.48%)安の 1,068.07ドル。

エヌビディア(NVDA)は、始値 248.55 、高値 251.34 、安値 246.70 で、終値は前週末比 0.69ドル(0.28%)安の 248.59ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 36.70 、高値 37.00 、安値 36.10 で、終値は前週末比 0.34ドル(0.92%)安の 36.53ドル。

円相場は円高方向に動き、久々に 1ドル=108円台。
私自身が決めたルール(相場水準に関係なく、大きく円高に動いたタイミングで米ドルを買う)に従うなら、当然、100ドルを買い付けるところです。
ただ、イタリアやスペインの情勢がすぐに変わらないことを思うと、すぐに米ドルを買い付けるのは落ちるナイフを掴みに行くようなもの。
107円台に入るかどうかは分かりませんが、ちょっと様子見を続ける気分です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です