様子見気分 2018/6/11

2018年6月11日(月)の米株式市場は、12日の米朝首脳会談を前に様子見気分が強く、全体として小動きでした。

ダウ工業株30種平均(NYダウ)は 4営業日連続で上昇し、終値は前週末比 5ドル78セント(0.023%)高の 2万5,322ドル31セントでした。
この日、NYダウは前週末終値より 20ドルほど高く始まった後、小幅な値動き。
11時過ぎを底に右肩上がりの動きとなり、13時過ぎに 2万5,400ドルを超える場面がありましたが、その後は伸び悩み、取引終了前の 10分間で 60ドル近く下げました。

スポンサーリンク

ナスダック総合株価指数は小幅続伸し、前週末比 14.41ポイント(0.19%)高の 7,659.93ポイントで終わりました。

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,681.51 、高値 1,694.24 、安値 1,680.59 で、終値は前週末比 5.13ドル(0.30%)高の 1,689.12ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 1,132.94 、高値 1,147.74 、安値 1,131.40 で、終値は前週末比 8.19ドル(0.72%)高の 1,140.90ドル。

エヌビディア(NVDA)は、始値 261.77 、高値 263.45 、安値 260.10 で、終値は前週末比 1.66ドル(0.63%)安の 260.62ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 40.08 、高値 40.08 、安値 39.23 で、終値は前週末比 0.28ドル(0.70%)安の 39.64ドル。

今週は、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表や欧州中央銀行(ECB)理事会もあります。
これらのイベントが無難に終われば NYダウが一段高するのではないかと期待しています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です