NYダウは小反発 2018/7/5

7月4日は Independence Day(独立記念日)のため、米株式市場は休場。
2018年7月5日(木)の米株式市場でダウ工業株30種平均(NYダウ)は小反発し、終値は前営業日比 181ドル92セント(0.75%)高の 2万4,356ドル74セントでした。
ナスダック総合株価指数も反発し、前営業日比 83.75ポイント(1.12%)高の 7,586.43ポイントで終わりました。

マイクロン・テクノロジー(MU)の株価は、一部製品の中国での販売差止めが報じられて 7月3日に急落しましたが、5日は反発し、前営業日比 1.36ドル(2.64%)高の 52ドル84セントで終わりました。
会社側が 5日朝に、今回の販売差止めの 2018年6~8月期の売上高への影響が 1%程度とコメントしたことによって、買い安心感が出た模様。

スポンサーリンク

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,705.38 、高値 1,710.69 、安値 1,682.15 で、終値は前営業日比 5.77ドル(0.34%)高の 1,699.73ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 1,124.60 、高値 1,144.14 、安値 1,123.12 で、終値は前営業日比 25.01ドル(2.24%)高の 1,141.29ドル。

エヌビディア(NVDA)は、始値 239.07 、高値 242.93 、安値 237.50 で、終値は前営業日比 5.89ドル(2.49%)高の 242.73ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 38.54 、高値 38.87 、安値 37.78 で、終値は前営業日比 0.16ドル(0.42%)高の 38.54ドル。

私としては、現在の株価水準では動きたくありません。
現時点では素直に株価上昇することが望ましいですが、保有中の銘柄が市場で健在である限り、株価下落でも問題ありません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です