主力ハイテク株が上昇 2018/10/31

2018年10月31日(水)の米株式市場では主力ハイテク株や銀行株が上昇。ダウ工業株30種平均(NYダウ)は前日比 241ドル12セント(0.97%)高の 2万5,115ドル76セントで終わりました。
ナスダック総合株価指数は前日比 144.25ポイント(2.01%)高の 7,161.65ポイントで終わりました。

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

スポンサーリンク

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,569.99 、高値 1,623.91 、安値 1,565.09 で、終値は前日比 67.59ドル(4.42%)高の 1,598.01ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 1,068.20 、高値 1,108.00 、安値 1,068.20 で、終値は前日比 41.07ドル(3.91%)高の 1,090.58ドル。

エヌビディア(NVDA)は、始値 209.65 、高値 212.59 、安値 204.01 で、終値は前日比 7.83ドル(3.86%)高の 210.83ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 22.87 、高値 23.59 、安値 22.57 で、終値は前日比 1.14ドル(5.09%)高の 23.52ドル。

先月(2018年10月)、S&500 は 約6.9%下落しました。
絶好の買い場だったのか、「終わりの始まり」だったのかは、これから決まります。
ただ、下落の初期段階で主力ハイテク株を買ったとしても、投資対象の銘柄が株式市場で生き残っている限り、そのうちに株価は買い値を上回ると思っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です