米国株、軟調 2018/11/23

2018年11月23日(金)の米株式市場でダウ工業株30種平均(NYダウ)は 4営業日連続で下落し、前営業日比 178ドル95セント(0.73%)安の 2万4,285ドル95セントで終わりました。
ナスダック総合株価指数は反落し、前営業日比 33.27ポイント(0.48%)安の 6,938.98ポイントで終わりました。

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

スポンサーリンク

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,517.00 、高値 1,536.20 、安値 1,501.81 で、終値は前営業日比 14.67ドル(0.97%)安の 1,502.06ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 1,033.50 、高値 1,043.00 、安値 1,028.52 で、終値は前営業日比 13.33ドル(1.28%)安の 1,030.10ドル。

エヌビディア(NVDA)は、始値 143.31 、高値 149.59 、安値 142.79 で、終値は前営業日比 0.29ドル(0.20%)高の 145.00ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 19.86 、高値 19.88 、安値 19.21 で、終値は前営業日比 1.07ドル(5.26%)安の 19.27ドル。

アマゾンドットコム等のハイテク主力銘柄は、大崩れしなかったものの、すぐに上がりそうな感じはありません。

個人的には当面、新規投資の対象を日本の高配当銘柄中心にします。
ただ、米国のハイテク企業の成長が止まったわけではないので、いつでも米国株を買うことができるよう、今後、円高ドル安の際には米ドルの買い付けを実施するつもりです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です