NYダウ、2万5千ドル台回復 2018/11/28

2018年11月28日(水)の米株式市場でダウ工業株30種平均(NYダウ)は 3営業日連続で上昇し、前日比 617ドル70セント(2.50%)高の 2万5,366ドル43セントで終わりました。
ナスダック総合株価指数も 3営業日連続で続伸し、前日比 208.89ポイント(2.95%)高の 7,291.59ポイントで終わりました。

この日の昼頃、Webサイトに掲載された FRB のパウエル議長の講演内容を、利上げの終了時期が近いと市場が受け止め、大幅高となりました。

スポンサーリンク

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,613.92 、高値 1,681.45 、安値 1,601.22 で、終値は前日比 96.33ドル(6.09%)高の 1,677.75ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 1,057.45 、高値 1,092.86 、安値 1,042.95 で、終値は前日比 39.51ドル(3.75%)高の 1,091.79ドル。

エヌビディア(NVDA)は、始値 158.48 、高値 160.28 、安値 153.12 で、終値は前日比 6.34ドル(4.12%)高の 160.07ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 21.32 、高値 21.41 、安値 20.61 で、終値は前日比 0.54ドル(2.59%)高の 21.38ドル。

私は、長期的には米国株は上昇すると考えていますが、短期的には下落の可能性ありと思っています。

このところの株価下落が調整で終わってしまうのか、数年ほど続く下落の始まりなのか、そのうちに分かることです。
個人的には、下落の始まりでも構いませんが、保有資産の評価額が上がれば、それはそれで嬉しいことです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です