ファーウェイ・ショック 2018/12/6

2018年12月6日(木)の米株式市場でダウ工業株30種平均(NYダウ)は小幅に続落し、前営業日比 79ドル40セント(0.32%)安の 2万4,947ドル67セントで終わりました。
ナスダック総合株価指数は小幅ながら反発し、前営業日比 29.83ポイント(0.42%)高の 7,188.26ポイントで終わりました。

中国の華為技術(ファーウェイ)の副会長兼最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕されたことが米中間の関係悪化につながるとの見方から、NYダウは一時、前営業日比で 784ドル余り下落しましたが、下げ渋りました。

スポンサーリンク

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,614.87 、高値 1,701.05 、安値 1,609.85 で、終値は前営業日比 30.79ドル(1.85%)高の 1,699.19ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 1,045.00 、高値 1,079.42 、安値 1,042.48 で、終値は前営業日比 15.61ドル(1.47%)高の 1,078.08ドル。

エヌビディア(NVDA)は、始値 151.44 、高値 158.49 、安値 150.81 で、終値は前営業日比 1.18ドル(0.75%)高の 158.29ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 20.45 、高値 21.49 、安値 20.11 で、終値は前営業日比 0.22ドル(1.03%)安の 21.23ドル。

楽観はできませんが、悲観する程の状況ではないと思っています。

12月7日の米株式市場で時間外(時間前取引)の動きは少し軟調です。
当面、我慢するしかないか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です