アップル、売上高予想を下方修正 2019/1/2

2019年1月2日(水)の夕方、アップルが 2018年10~12月期(第1四半期)の売上高予想を下方修正しました。
アップルの株価は時間外(時間後取引)で急落し、ハイテク主力銘柄の多くも時間外で値下がりしました。

この日(1月2日)、米株式市場でダウ工業株30種平均(NYダウ)は前営業日比 18ドル78セント(0.081%)高の 2万3,346ドル24セントで終わりました。
ナスダック総合株価指数は前営業日比 30.66ポイント(0.46%)高の 6,665.94ポイントで終わりました。
NYダウは小幅続伸、ナスダックは小幅ながら 5連騰です。

スポンサーリンク

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,465.20 、高値 1,553.36 、安値 1,460.93 で、終値は前営業日比 37.16ドル(2.47%)高の 1,539.13ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 1,027.20 、高値 1,060.79 、安値 1,025.28 で、終値は前営業日比 9.72ドル(0.93%)高の 1,054.68ドル。

エヌビディア(NVDA)は、始値 130.64 、高値 138.48 、安値 130.05 で、終値は前営業日比 2.72ドル(2.04%)高の 136.22ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 20.31 、高値 21.48 、安値 20.18 で、終値は前営業日比 0.34ドル(1.62%)高の 21.27ドル。

今回のアップルの下方修正の影響で円高が進み、日本時間の 1月3日の朝、円相場は一時、1ドル=104円台後半になりました。
その後、円相場は円安方向に戻し、概ね「1ドル=107円台」で推移しています。
今後、円高が進むかどうか、注目しています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です