米国株、反落 2019/1/22

前日(1月21日)が「Martin Luther King, Jr. Day」(キング牧師の日)で休場だったため、米株式市場は 2019年1月22日(火)が週の最初の取引日。この日の米株式市場でダウ工業株30種平均(NYダウ)は前週末比 301ドル87セント(1.22%)安の 2万4,404ドル48セントで終わりました。
ナスダック総合株価指数は前週末比 136.87ポイント(1.91%)安の 7,020.36ポイントで終わりました。
NYダウ、ナスダック、ともに、4連騰後の反落。

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

スポンサーリンク

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,681.00 、高値 1,681.87 、安値 1,610.20 で、終値は前週末比 64.03ドル(3.77%)安の 1,632.17ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 1,096.00 、高値 1,098.97 、安値 1,070.89 で、終値は前週末比 28.67ドル(2.59%)安の 1,078.63ドル。

エヌビディア(NVDA)は、始値 155.71 、高値 156.18 、安値 147.55 で、終値は前週末比 8.16ドル(5.20%)安の 148.77ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 22.88 、高値 22.91 、安値 21.50 で、終値は前週末比 1.58ドル(6.79%)安の 21.68ドル。

前週末までの株価上昇のペースが速かったので、利益確定の売りが出やすい状況でした。
また、21日に明らかとなった中国の 2018年10月~12月期の経済成長率が景気減速を示すものであったことも、売り材料となりました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です