One Tap BUY、定額プランを設定

株式会社One Tap BUY が、2018年6月18日(月)より月額980円(税込 1,058円)の定額プランを新たに設定しました。

従来からのプラン(都度プラン)は、金融商品取引所の開場時間帯は 0.5%、閉場時は 0.7%をスプレッドとして、売買金額に応じて取引コストがかかります。

スポンサーリンク

それに対し、定額プランでは、毎月定額の料金を支払うことで、米国株、日本株、両市場のETF を含む、One Tap BUY の取り扱い銘柄全て(66銘柄)が月内個別の売買手数料、スプレッドなしで取引可能となります。

取引回数が多い人や取引金額の多い人の場合、定額プランを利用することによって、取引コストを減らすことが出来るはずです。

2018年6月18日現在、One Tap BUY での米国株取引では、取引時の為替レートに 1ドル=35銭のスプレッドが加減されます。
One Tap BUY で開設した口座で米ドルを保持することは出来ず、米国株の購入時と売却時の両方で為替スプレッドがかかるのが残念なところです。

私は以前から、複数銘柄の米国株を少量ずつ売買したいと考えており、One Tap BUY の定額プランは便利そうです。

とりあえず、口座開設だけでもしておこうと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です