米国株、3連騰 2019/1/8

2019年1月8日(火)の米株式市場でダウ工業株30種平均(NYダウ)は前日比 256ドル10セント(1.09%)高の 2万3,787ドル45セントで終わりました。
ナスダック総合株価指数は前日比 73.53ポイント(1.08%)高の 6,897.00ポイントで終わりました。
NYダウ、ナスダック、ともに 3連騰です。

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,664.69 、高値 1,676.61 、安値 1,616.61 で、終値は前日比 27.07ドル(1.66%)高の 1,656.58ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 1,086.00 、高値 1,093.35 、安値 1,068.35 で、終値は前日比 9.45ドル(0.88%)高の 1,085.37ドル。

エヌビディア(NVDA)は、始値 146.69 、高値 146.78 、安値 136.90 で、終値は前日比 3.57ドル(2.49%)安の 139.83ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 22.99 、高値 23.18 、安値 22.44 で、終値は前日比 0.19ドル(0.83%)高の 22.95ドル。

1月9日の東京株式市場で日経平均株価は 3連騰し、前日比 223円02銭(1.10%)高の 2万427円06銭で終わりました。
やれやれの売りが出てきそうな株価水準です。

戻り売りを吸収して上に行く可能性もありますが、個人的には下落を望んでいます。

米国株、続伸 2019/1/7

2019年1月7日(月)の米株式市場でダウ工業株30種平均(NYダウ)は前週末比 98ドル19セント(0.42%)高の 2万3,531ドル35セントで終わりました。
ナスダック総合株価指数は前週末比 84.61ポイント(1.26%)高の 6,823.47ポイントで終わりました。
NYダウ、ナスダック、ともに続伸です。

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,602.31 、高値 1,634.56 、安値 1,589.18 で、終値は前週末比 54.12ドル(3.44%)高の 1,629.51ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 1,080.97 、高値 1,082.70 、安値 1,062.64 で、終値は前週末比 2.15ドル(0.20%)安の 1,075.92ドル。

エヌビディア(NVDA)は、始値 138.50 、高値 144.89 、安値 136.43 で、終値は前週末比 7.21ドル(5.29%)高の 143.40ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 22.43 、高値 22.85 、安値 22.26 で、終値は前週末比 0.49ドル(2.20%)高の 22.76ドル。

1月8日の東京株式市場で日経平均株価は前日比 165円07銭(0.82%)高の 2万204円04銭で終わりました。
特に目新しい材料はなく、短期的には下げ止まった感があります。

当面、ボックス圏での動きになるか?

陽泰院を実践投入 「信長の野望 201X」

2019年1月4日(金)の夜から、ゲーム「信長の野望 201X」の本アカウント(スマホ)で陽泰院を実践投入しました。
陽泰院は星4 の薬師で、2018年12月12日に入手した後、育成していたのですが、LV75 に到達したのを機に、出雲阿国の代わりに一軍に入れてみました。

陽泰院のスキル「敏慧の冷遇(びんけいのれいぐう)」は、「前列と中列の味方の与ダメージを増加し、周囲の味方の全ての状態異常を1ターン現象」というもの。
スキルの攻撃バフの値は 55%で、軍師のバフ(50%)よりも強力で広範囲です。

また、陽泰院の特性「佐嘉の国母」の内容は、「毎ターン生命力が10%回復」「自身の状態異常のターン数を25%削減(効果は四捨五入。最低1ターン残存)」というもので、スキルと特性の相性は悪くありません。
ただ、「佐嘉の国母」の状態異常のターン数削減の効果は、寿桂尼の固有特性「万劫の守護」の効果が部隊全員を対象としているのに比べると、対象が狭く、効果も少し弱いです。
「佐嘉の国母」を「万劫の守護」で上書きすることも考えています。

2019年1月6日(日)の午前1時現在、私のゲーム「信長の野望 201X」でのプレイ状況について。

2018年12月18日(火)のメンテナンス後から 12月20日までは「魔界」コラボの攻略に専念していました。
21日からはゲーム本編の攻略も行いました。

本アカでは、12月23日に出雲の攻略を終え、同日に備後攻略に着手し、25日に備後の攻略を終えました。
翌26日に石見の攻略を開始し、29日に石見攻略を終了。
29日に周防攻略を開始し、2019年1月1日に周防攻略を終了し、ここでゲーム本編攻略を中断しています。

本アカでは 2018年12月28日からはイベント「剣豪終結!201X御前試合」に取組み、本稿執筆時点で 65,591Pt を獲得済です。

副アカウント(myGAMECITY版)では、12月18日に甲斐攻略を終えました。
12月21日から越後攻略を再開し、12月23日に越後の攻略を終えました。
12月23日に播磨攻略を開始しましたが、三木城の Stage 4 まで終えたところで攻略を中断しています。

副アカでは 2018年12月27日からイベント「剣豪終結!201X御前試合」に取組み、本稿執筆時点で 52,001Pt を獲得済です。

また、両アカウントで、S評価を取れていない攻略済ステージでのプレイに時間を割き、S評価の報酬のアイテム「貴石」を集めています。

2019年1月6日(日)の午前1時現在、本アカの一軍は以下の通りです。

  • 朝倉宗滴(武芸者4、LV87)
  • 前田利益(武芸者4、LV89)
  • 鍋島直茂(戦術家4、LV89)
  • 臼杵鑑続(参謀4、LV80)
  • 陽泰院(軍楽士4、LV75)

副アカの一軍は以下の通りです。

  • 早川殿・無双(軍師4、LV89)
  • 名古屋山三郎(武芸者4、LV82)
  • 土持親成(武芸者4、LV82)
  • 鍋島直茂(戦術家4、LV80)
  • 出雲阿国(軍楽士4、LV77)

副アカはメンバーを入れ替えました。
岐秀元伯と雑賀孫一を外し、土持親成と鍋島直茂を入れました。
物理全体の星4 の武芸者を入手するまでは星3 の土持親成を使うことになりそうです。

また、早川殿(無双)は軍師にクラスチェンジしました。

NYダウ、746ドル94セント 2019/1/4

2019年1月4日(金)の米株式市場は反発。ダウ工業株30種平均(NYダウ)は前日比 746ドル94セント(3.29%)高の 2万3,433ドル16セントで終わりました。
ナスダック総合株価指数は前日比 275.35ポイント(4.26%)高の 6,738.86ポイントで終わりました。

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,530.00 、高値 1,594.00 、安値 1,518.31 で、終値は前日比 75.11ドル(5.01%)高の 1,575.39ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 1,042.56 、高値 1,080.00 、安値 1,036.86 で、終値は前日比 52.60ドル(5.13%)高の 1,078.07ドル。

エヌビディア(NVDA)は、始値 130.94 、高値 137.73 、安値 129.70 で、終値は前日比 8.20ドル(6.41%)高の 136.19ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 20.98 、高値 22.68 、安値 20.75 で、終値は前日比 1.92ドル(9.43%)高の 22.27ドル。

この日(1月4日)の午前中に発表された米雇用統計の数字が市場予想を上回ったことや、FRB のパウエル議長がイベントでの発言で景気に配慮する姿勢を示したことが大きな買い材料になり、NYダウは一時、前日終値を 832ドル余り上回りました。
その後は伸び悩みましたが、この日の高値圏内で引けました。

この辺りで下げ止まりなのか、まだ下落トレンドの途中なのか、分からない状況です。

しばらくの間、私は様子見を続けることになりそうです。

米国株、反落 2019/1/3

2019年1月3日(木)の米株式市場で、ダウ工業株30種平均(NYダウ)は前日比 660ドル02セント(2.83%)安の 2万2,686ドル22セントで終わりました。
ナスダック総合株価指数は前日比 202.43ポイント(3.04%)安の 6,463.50ポイントで終わりました。
NYダウは 2連騰後の反落、ナスダックは 5連騰後の反落です。

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,520.21 、高値 1,538.00 、安値 1,497.11 で、終値は前日比 38.85ドル(2.52%)安の 1,500.28ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 1,050.67 、高値 1,066.26 、安値 1,022.37 で、終値は前日比 29.21ドル(2.77%)安の 1,025.47ドル。

エヌビディア(NVDA)は、始値 133.79 、高値 135.16 、安値 127.69 で、終値は前日比 8.23ドル(6.04%)安の 127.99ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 20.89 、高値 21.14 、安値 20.25 で、終値は前日比 0.92ドル(4.33%)安の 20.35ドル。

東京株式市場は、2019年1月4日(金)が大発会。
この日、日経平均株価は一時、前年末終値から 770円余り安くなりましたが、その後は下げ渋り、前営業日比 452円81銭(2.26%)安の 1万9,561円96銭で取引を終えました。

割安と感じる銘柄が増えてきましたが、落ちるナイフを掴む気はないので、今のところ静観しています。

アップル、売上高予想を下方修正 2019/1/2

2019年1月2日(水)の夕方、アップルが 2018年10~12月期(第1四半期)の売上高予想を下方修正しました。
アップルの株価は時間外(時間後取引)で急落し、ハイテク主力銘柄の多くも時間外で値下がりしました。

この日(1月2日)、米株式市場でダウ工業株30種平均(NYダウ)は前営業日比 18ドル78セント(0.081%)高の 2万3,346ドル24セントで終わりました。
ナスダック総合株価指数は前営業日比 30.66ポイント(0.46%)高の 6,665.94ポイントで終わりました。
NYダウは小幅続伸、ナスダックは小幅ながら 5連騰です。

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,465.20 、高値 1,553.36 、安値 1,460.93 で、終値は前営業日比 37.16ドル(2.47%)高の 1,539.13ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 1,027.20 、高値 1,060.79 、安値 1,025.28 で、終値は前営業日比 9.72ドル(0.93%)高の 1,054.68ドル。

エヌビディア(NVDA)は、始値 130.64 、高値 138.48 、安値 130.05 で、終値は前営業日比 2.72ドル(2.04%)高の 136.22ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 20.31 、高値 21.48 、安値 20.18 で、終値は前営業日比 0.34ドル(1.62%)高の 21.27ドル。

今回のアップルの下方修正の影響で円高が進み、日本時間の 1月3日の朝、円相場は一時、1ドル=104円台後半になりました。
その後、円相場は円安方向に戻し、概ね「1ドル=107円台」で推移しています。
今後、円高が進むかどうか、注目しています。

保有中の外国株 2018年12月末

2018年12月31日(月)の取引終了時点で私が 1株以上保有している外国株について、取得単価及び、米株式市場の月内最終取引日(12月31日)の株価終値を記録しておきます。
なお、株価の単位は米ドル表記とします。

以下、特定口座預かりで保有している株について、証券コード、社名、保有株数、取得単価、株価を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 取得単価 株価
JD JDドットコム ADR 20 49.17 20.93
NVDA エヌビディア 5 246.70 133.50

以下、NISA口座預りで保有している株について、証券コード、社名、保有株数、取得単価、株価を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 取得単価 株価
AMZN アマゾンドットコム 1 1,409.43 1,501.97
GOOGL アルファベット A 1 1,106.01 1,044.96
NVDA エヌビディア 5 238.66 133.50

私は 2018年12月には外国株を売買しませんでした。
また、米ドルの買い付けも実施しませんでした。

12月末の時点で、私の証券口座での米国株の評価額は 4,300ドル余りで、外貨建MMF の評価額が 659ドル余り。
保有資産評価額は、4千963ドル余りです

保有銘柄の見直しの結果、現時点で保有している外国株は、当面、保有継続することにしました。

ところで、年末年始の間に円高が進み、本稿を執筆している 2019年1月2日(水)の 21時(日本時間)現在、円相場は 1ドル=109円台前半です。
私の保有資産評価額の日本円換算での金額は、54万1千円台になりました。

これから米ドルを買い付ける上で、円高はメリットです。
ただ、急激な円高進行が実体経済に悪影響を及ぼす可能性を思うと、手放しで喜ぶようなことではありません。

米国株、小幅上昇 2018/12/31

2018年12月31日(月)の米株式市場で、ダウ工業株30種平均(NYダウ)は前週末比 265ドル06セント(1.15%)高の 2万3,327ドル46セントで終わりました。
ナスダック総合株価指数は前週末比 55.79ポイント(0.85%)高の 6,635.28ポイントで終わりました。
NYダウは小幅反発、一応、ナスダックは 4連騰です。

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,510.80 、高値 1,520.76 、安値 1,487.00 で、終値は前週末比 23.95ドル(1.62%)高の 1,501.97ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 1,057.83 、高値 1,062.99 、安値 1,033.04 で、終値は前週末比 1.72ドル(0.16%)安の 1,044.96ドル。

エヌビディア(NVDA)は、始値 135.40 、高値 136.71 、安値 132.26 で、終値は前週末比 0.15ドル(0.11%)安の 133.50ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 22.04 、高値 22.48 、安値 20.77 で、終値は前週末比 0.78ドル(3.59%)安の 20.93ドル。

NYダウとナスダックの両方とも、年末の値が前年末を下回りました。

個人的には、保有資産の評価損の拡大は嬉しくないですが、保有中の銘柄が株式市場で健在である限り、深刻な問題ではありません。

今のところ、私の資産全体に対する株式の割合は大きくないので、今後数年間、株価が安値安定することを期待しています。

保有株式の記録 2018年12月末

2018年12月31日(月)の時点で私が 1単元以上保有している日本株について、株価の記録を行いました。株価は月内最終取引日(12月28日)の終値です。

以下、「現物/特定預り」で保有している株について、証券コード、社名、保有株数、取得単価、株価を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 取得単価 株価
3167 TOKAI HD 100 869 871
5411 JFE 100 2,737 1,757
7751 キヤノン 100 4,250 3,001
7873 アーク 300 127 76
8198 MV東海 100 1,674 2,341
8267 イオン 100 1,767 2,149.5

以下、「現物/NISA預り」で保有している株について、証券コード、社名、保有株数、取得単価、株価を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 取得単価 株価
1717 明豊ファシリティワークス 100 351 466
3197 すかいらーく 300 1,604 1,735
3242 アーバネット 100 444 329
3467 アグレ都市デザイン 200 665 564
3546 ダイユーリックHD 100 790 900
7201 日産自 100 1,090 880.3
7512 イオン北海 100 607 783
7751 キヤノン 100 2,865 3,001
8171 MV中部 100 1,241 1,491
8287 MV西日本 100 1,660 1,786
8591 オリックス 100 1,750 1,605.5
8616 東海東京 100 624 470
9831 ヤマダ電機 100 560 527

私は、2018年12月には、日本株の売買を行いませんでした。

12月には、下記の 1件の株式配当金の入金がありました。

12月4日付けで、オリックス 100株の配当金(NISA で非課税)として 3,000円が入金。

私の証券口座の円建ての現金残高は 8万4千円台になりました。
円建ての保有資産評価額(単元未満株の分を含む)は、前月末の 332万6千円台から大幅に減り、299万8千円台になりました。

見直しの結果、売却を急ぐ必要のある銘柄は見当たらず、保有中の銘柄の全てを保有継続することにしました。

米国株、まちまち 2018/12/28

2018年12月28日(金)の米株式市場で、ダウ工業株30種平均(NYダウ)は前日比 76ドル42セント(0.33%)安の 2万3,062ドル40セントで終わりました。
ナスダック総合株価指数は前日比 5.03ポイント(0.076%)高の 6,584.52ポイントで終わりました。
NYダウは 2連騰後の小幅反落、一応、ナスダックは3連騰ですが、28日の上げ幅は非常に小幅。

私が保有中の米国株の株価は、以下の通りです。

アマゾンドットコム(AMZN)は、始値 1,473.35 、高値 1,513.47 、安値 1,449.00 で、終値は前日比 16.38ドル(1.12%)高の 1,478.02ドル。

アルファベット A(GOOGL)は、始値 1,059.50 、高値 1,064.23 、安値 1,042.00 で、終値は前日比 6.22ドル(0.59%)安の 1,046.68ドル。

エヌビディア(NVDA)は、始値 132.00 、高値 137.39 、安値 130.31 で、終値は前日比 2.48ドル(1.89%)高の 133.65ドル。

JDドットコム ADR(JD)は、始値 21.78 、高値 22.00 、安値 21.15 で、終値は前日比 0.0100ドル(0.046%)高の 21.71ドル。

米国の政治状況が先行き不透明であることや、世界的な景気減速への懸念はありますが、個別では値ごろになってきた銘柄もあります。

私は、AMZN が 1300ドル割れしたら 1株を打診買いしたいと考えています。
そこまで落ちてこないならば、評価損が増えないということですので、それでも構いません。