日経平均株価、バブル以降の高値更新

東京株式市場で 2017年11月7日(火)、日経平均株価は 4営業日連続で上昇し、前日比 389円25銭高の 2万2,937円60銭で取引終了しました。
取引時間中の高値は、2万2,953円18銭。g

この日の朝方の日経平均株価は前日終値より安く始まりましたが、その後、上昇に転じ、バブル経済崩壊後の日経平均株価終値の高値(1996年6月26日の 2万2,572円85銭)を更新しました。

このところ、対ドルでの円相場が円安傾向で安定していたこともあって、増収増益となる企業が多く、好業績期待での買いが強い状況。

株価上昇のペースが速く、バブルを思わせますが、バブル経済の頃とは異なり、好景気の実感はありません。

物価や庶民の給与が上がってくるようなら、デフレ脱却で株価上昇が長期的に持続することになるでしょう。

近いうちに株価が調整に入る可能性はありますが、今後、日経平均株価がバブル期の高値を更新することを期待しています

ダイユー・リックホールディングスの第2期中間報告書

2017年(平成29年)11月6日(月)、ダイユー・リックホールディングス株式会社の第2期中間報告書等の株式関係書類が筆者宛てに郵送されてきてました。

封筒には、第2期中間報告書と題する小冊子の他に、下記 3点の文書が入っていました。

  • 配当計算書
  • 配当金のお受け取り方法について
  • 株式等に関するマイナンバーお届出のご案内

配当金計算書によれば、第2期(平成29年3月1日から平成30年2月28日まで)のダイユー・リックホールディングスの普通株式の中間配当金は 1株あたり 13円で、支払確定日は平成29年11月6日。

今回の中間配当の金額については、2017年10月20日頃に送られてきたハガキで通知済でしたので、特に驚きはありません。

本稿執筆中、証券会社のサイトにログインし、入出金明細を確認したところ、2017年11月6日付けでダイユー・リックホールディングスの株式配当金が入金されていました。
NISAの非課税が適用されたため、入金額は 1,300円でした。

ダイユー・リックホールディングスの株価は、2017年10月30日に年初来高値 1,114円を付けましたが、その後、伸び悩み、2017年11月6日の終値は 1,034円。

売買差益を得ることが狙いなら、この辺りで売却するのが正解かもしれません。

イオン系の 3社の中間報告書

2017年(平成29年)11月2日(金)と 11月4日(土)に、イオン系の 3社の株式関係書類が筆者宛てに郵送されてきました。

11月2日は、マックスバリュ中部の「第45期 第2四半期 MV中部通信」と題する小冊子等が届きました。
11月4日は、マックスバリュ西日本の「第36期 中間報告書」(小冊子)、イオン北海道の「第40期 中間報告書」(小冊子)が届きました。
3社とも、配当は期末配当のみで、中間配当金はありません。

なお、マックスバリュ中部とイオン北海道については、株主懇談会開催の案内状と申込はがきも同封されていました。
株主懇談会の会場は、マックスバリュ中部の方は三重県四日市市にある四日市都ホテル、イオン北海道の方は北海道札幌市にある札幌グランドホテルです。

個人的に株主懇談会への興味はありますが、三重県や北海道は自宅から遠く、気軽に会場に出向くことはできません。
残念ですが、申込はがきは出さないことにしました。

保有株式の見直し 2017/10/31

2017年10月31日(火)の 20時現在、筆者が 1単元以上保有している株について、見直しを行いました。

以下、筆者が「現物/特定預り」で保有している株について、証券コード、社名、保有株数、株価(2017年10月31日の終値)を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 株価
3167 TOKAI HD 100 905
7751 キヤノン 100 4,243
8198 MV東海 100 2,237
8267 イオン 100 1,750.5

以下、筆者が「現物/NISA預り」で保有している株について、証券コード、社名、保有株数、株価(2017年10月31日の終値)を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 株価
1717 明豊ファシリティワークス 100 376
3197 すかいらーく 100 1,695
3242 アーバネット 100 341
3467 アグレ都市デザイン 100 1,629
3546 ダイユーリックHD 100 1,059
7201 日産自 100 1,098.5
7512 イオン北海 100 653
7751 キヤノン 100 4,243
8171 MV中部 100 1,300
8287 MV西日本 100 1,697
8591 オリックス 100 1,938.5
9831 ヤマダ電機 100 602

今月(2017年10月)、特定口座で保有中の銘柄に変更がありました。

10月2日、TOKAIホールディングス(3167) 100株を購株主優待目的で購入(取得単価 869円)。

現在、筆者の証券口座の現金残高は 68万6千円台で、証券口座での保有資産評価額は 329万3千円台。
キャッシュポジションは約2割で、適正の範囲内と考えています。

保有中の銘柄は基本的に長期保有方針ですが、特定口座で保有中のキヤノン(7751) 100株については、3ヶ月以内に売却するかもしれません。

キヤノン株、保有継続 2017/10/29

2017年10月29日(日)現在、筆者はキヤノン株を 200株だけ保有しています。
100株は NISA口座預かりで、取得単価 2,865円。
残り 100株は特定口座預かりで、取得単価 3,753円。

先週末(2017年10月27日)の終値が 4,252円ですので、現時点では取得時より高くなっています。

今月(2017年10月)、日経平均株価は堅調で、10月2日の終値が 2万400円78銭、10月27日の終値が 2万2,008円45銭。
27日の取引時間中には、年初来高値の 2万2,016円50銭を付けています。

日経平均株価終値が 2万2千円台を付けたのは、1996年7月5日以来。
日経平均は、1996年6月26日の取引時間中に高値 2万2,750円70銭を付けており、この値を楽に更新できるようなら年内の 2万3千円台もありそうです。

今月の株価上昇によって、2017年10月29日現在、筆者の保有資産評価額は、329万9千円台(現金: 68万6千円台、株式: 261万2千円台)になっています。

キャッシュポジションを計算したところ、約20.8%(小数点第2位四捨五入)。
筆者の考える適正範囲(20%~30%)内ではありますが、キャッシュポジションを高くしておきたい気持ちもあります。

保有中の株式の大部分は長期保有の方針で、売却するとしたら、特定口座預かりのキヤノン株が最優先です。

特定口座預かりでキヤノン 100株を買った時点では、3900円台で売却することも考えていましたが、このところの相場の強さを思うと、中期 5,000円目標で保有継続する気になっています。

状況によっては早く手放すかもしれませんが、現時点では 2017年12月の期末配当の権利を取るつもりです。

イオンの第93期中間報告書

2017年(平成29年)10月26日(木)、イオン株式会社の第93期中間報告書等の株式関係書類が筆者宛てに郵送されてきました。

封筒には、第93期中間報告書と題する小冊子の他に、下記 4点の文書が入っていました。

  • 配当計算書
  • 配当金のお受け取り方法について
  • 株式等に関するマイナンバーお届出のご案内
  • 個人株主さま向け優遇サービスのご案内

配当金計算書によれば、第93期(平成29年3月1日から平成30年2月28日まで)のイオンの普通株式の中間配当金は 1株あたり 15円で、支払確定日は平成29年10月25日。

筆者の場合、イオン株の配当金は証券会社の口座に入金されます。
本稿執筆中、証券会社のサイトにログインし、入出金明細を確認したところ、2017年10月25日付けでイオンの株式配当金 1,196円が入金されていました。

なお、個人株主さま向け優遇サービスとは、マネックス証券でイオンの株式を買い付ける場合、株式委託手数料が無料となるサービスです。

日経平均株価 15連騰

東京株式市場で 2017年10月23日(月)、日経平均株価は 15連騰し、前週末比 239円1銭高の 2万1,696円65銭で取引終了しました。
日経平均株価は、1996年7月15日以来、約21年3カ月ぶりの高値。

この日は、衆院選での与党大勝や為替相場の円安ドル高を受け、幅広い銘柄が買われました。
なお、日経平均株価の 15営業日連続での上昇は過去最長。
これまでの記録は、高度経済成長期の 1960年(昭和35年)12月から 1961年(昭和36年)1月にかけて記録された 14連騰でした。

ちなみに、日経平均株価の過去の最高値は、バブル期の 1989年12月29日に記録した 3万8,915円87銭(終値)で、この日の取引時間中の高値は 3万8,957円44銭です。
バブル期以降の最安値は、取引時間中では 2008年10月28日の 6,994円90銭で、終値では 2009年3月10日の 7054円98銭です。

個人的には、一本調子の株価上昇は望んでいませんが、日経平均株価が過去最高値を更新する日が来ることを期待しています。

ダイユー・リックホールディングスの第2期中間配当

2017年(平成29年)10月21日(土)の午前8時過ぎ、ダイユー・リックホールディングス株式会社の中間配当に関するお知らせのハガキが筆者宛てに郵送されてきていたことに気が付きました。
多分、2017年10月20日頃に自宅に届いていたようです。

そのハガキによれば、第2期(平成29年3月1日から平成30年2月28日まで)の中間配当について、平成29年10月19日開催の同社取締役会で決議されたとのことです。

中間配当金は 1株あたり 13円で、支払い開始日は平成29年11月6日(月)。

筆者は 2017年6月29日に単価 790円でダイユー・リックホールディングス(3546)を 100株購入し、現在に至るまで NISA口座預かりで保有継続しています。

今のところ、同社の年間配当金は 1株あたり 26円の予定となっていて、筆者の取得単価 790円を使用して求めた配当利回りは約3.291%(小数点第4位切り捨て)。

なお、同社は株主優待制度を導入しており、保有株式数 100株の筆者は、権利確定の 2月末日の時点で同社の株を保有していれば、株主優待で 1,000円分の JCBギフト券を貰える予定です。
株主優待分も含めた実質利回りを単価 790円で求めると、約4.557%(小数点第4位切り上げ)になります。

2017年10月20日(金)の同社の株価終値 1,025円を使用して配当利回りを求めると、約2.537%(小数点第4位切り上げ)。
保有株数 100株での株主優待分の価値(1,000円)を含めた実質利回りは、約3.512%(小数点第4位切り捨て)になります

割安感は薄れてきましたが、筆者は当面、保有継続するつもりです。

イオンの株主優待関係書類到着 2017/10/16

2017年10月16日(月)、イオン株式会社から筆者宛に、株式優待関係書類が郵送されてきました。

封筒に入っていたのは、以下の 3点。

  • 第64回株主ご優待返金引換証
  • オーナーズカードご利用明細書
  • 株主ご優待返金取扱店舗のご案内(小冊子)

今回の株主優待キャッシュバック対象となる「買上期間」は、2017年3月1日から 2017年8月31日まで。
店頭での返金取扱期間は、2017年10月21日から 2017年12月20日まで。

今回、筆者名義のイオンオーナーズカードでの特典対象お買上額は、上述の買上期間の半年間で五十万円台後半。
筆者が保有するイオン株の数は 100株で、キャッシュバック率は 3%ですので、返金される金額は 2万円に届きません。

近年の我が家の消費傾向が今後も続くとすれば、イオンの株主優待でのキャッシュバック率が 1%増えれば、返金される金額が年間に 1万円余り増えます。

そのうちに、キャッシュバック率を 5%に上げるべく、保有するイオン株の数を増やしていきたいものです。

「月光条例」、読了

2017年10月15日(日)の 22時50分頃、私は藤田和日郎の漫画「月光条例」を読了しました。

「月光条例」は、小学館の雑誌「週刊少年サンデー」2008年17号~2014年19号に連載された作品で、単行本は全29巻。
青い月の光の影響で正気を失った御伽噺(おとぎばなし)の登場人物を、主人公が正していく内容。

私は「週刊少年サンデー」を読んでいた時期がありましたが、「月光条例」が連載開始された頃には読まなくなっており、連載期間中に「月光条例」を読んだことはありませんでした。

連載終了後、冒頭の数話を読んだことはありましたが、そのときは続きを読む時間をとる余裕がありませんでした。

小学館の漫画サイト「サンデーうぇぶり」で「2017年10月1日~2017年10月15日」の期間限定で「月光条例」が公開されたのを機に最初から読み始め、今回は読み終えることができました。

私としては、「月光条例」よりも前作「からくりサーカス」の方が好みですが、「月光条例」の読後感は悪くありません。

今月(2017年10月)の前半、株式投資関係の作業よりも「月光条例」を読むことを優先してました。

今月後半は、株式投資関係の作業に割く時間を増やすつもりです。