NYダウ、ほぼ高値引け 2018/4/4

2018年4月4日(水)の米株式市場で、ダウ工業株30種平均(NYダウ)は続伸。
終値は、前日比 230ドル94セント(0.96%)高の 2万4,264ドル30セントでした。

4日に中国が大豆など 106品目への 25%の報復関税をかけると発表したことを受け、NYダウは前日終値よりも約379ドル安く始まり、下げ幅が 500ドルを超える場面もありました。
午後になって、貿易摩擦への警戒感がやわらぎ、現地時間の 14時10分過ぎに NYダウは前日比プラスとなり、ほぼ高値引けとなりました。

ナスダック総合株価指数は前日比 100.83ポイント(1.45%)高の 7,042.11 で終わりました。

私が保有中の米国株の株価は、4銘柄とも値上がりしました。
アマゾンドットコム(AMZN)は、前日比 18ドル52セント(1.33%)高の終値 1,410ドル57セント。
アルファベット A(GOOGL)は、前日比 11ドル03セント(1.08%)高の終値 1,029ドル71セント。
エヌビデイア(NVDA)は、前日比 89セント(0.39%)高の終値 226ドル24セント。
JDドットコム ADR(JD)は、前日比 46セント(1.18%)高の終値 39ドル44セント。

この日の安値は、AMZN が 1,352.88ドル、GOOGL が 996.51ドル、NVDA が 214.00ドル、JD が 37.75ドル。

私は、GOOGL が 800ドルくらいになるか、NVDA が 180ドルくらいになったら、少しだけ買うことを考えていましたが、結局、この日は買いのチャンスがありませんでした。

上値切り下げ 2018/4/3

このところの米株式市場で、ダウ工業株30種平均(NYダウ)もナスダック総合株価指数も、次第に上値を切り下げている感じです。

2018年4月3日(火)の米株式市場で、NYダウの終値は、前日比 389ドル17セント(1.65%)高の 2万4,033ドル36セントでした。
ナスダック総合株価指数は前日比 71.163ポイント(1.04%)高の 6,941.282 で終わりました。
NYダウもナスダックも、上げ幅は前日(2日)の下げ幅よりも小さく、特にナスダックは 2日の下げ幅の 4割弱しか戻していません。

私が保有中の米国株の 4月3日の株価終値は、値上がりが 3銘柄、値下がりが 1銘柄。
アマゾンドットコム(AMZN)は、前日比 20ドル06セント(1.46%)高の終値 1,392ドル05セント。
アルファベット A(GOOGL)は、前日比 6ドル05セント(0.60%)高の終値 1,018ドル68セント。
エヌビデイア(NVDA)は、前日比 4ドル30セント(1.95%)高の終値 225ドル35セント。
JDドットコム ADR(JD)は、前日比 10セント(0.26%)安の終値 38ドル98セント。

今のところ、下落すれば反発する動きを見せており、近いうちに底打ち反転する期待は持てます。
ただ、トランプ大統領のアマゾンに対する強硬な姿勢が株式市場で意識されている間は、ハイテク銘柄の株価が急上昇することは考えにくいです。

数年以上保有することも考慮するならハイテク銘柄を買うのも良いですが、数ヶ月以内に結果を出すつもりならハイテク以外に目を向けるのが無難でしょう。
市場の空気は変わりやすいので、逆張りでハイテク銘柄を買っておくことで短期に大儲けできる可能性はありますが、「冒険」と思います。

私としては、大儲けを狙って冒険する気はなく、当面は様子見です。

Sell in May

米国の相場の格言に「Sell in May」があります。
この言葉には続きがあり、正確には「Sell in May, and go away, don’t come back till St Leger day. 」というのだそうで、直訳すると、5月に売って去れ。St Leger day(9月第2土曜日)まで戻ってくるな となります。

根拠は不明ですが、過去の NYダウの動きを見ると、6月から 9月にかけての時期は株価が上がりにくい傾向にあり、5月に売って秋頃に買うのは悪くない行動かもしれません。

2018年4月2日(月)の米株式市場で、ダウ工業株30種平均(NYダウ)終値は、前週末比 458ドル92セント(1.90%)安の 2万3,644ドル19セントでした。
ナスダック総合株価指数は前週末比 193.326ポイント(2.74%)安の 6,870.119 で終わりました。

この日はハイテク株の主要銘柄が軒並み売られ、私が保有中の 4銘柄の全てが株価下落しました。
アマゾンドットコム(AMZN)は、前週末比 75ドル35セント(5.21%)安の終値 1,371ドル99セント。
アルファベット A(GOOGL)は、前週末比 24ドル51セント(2.36%)安の終値 1,012ドル63セント。
エヌビデイア(NVDA)は、前週末比 10ドル54セント(4.55%)安の終値 221ドル05セント。
JDドットコム ADR(JD)は、前週末比 1ドル41セント(3.48%)安の終値 39ドル08セント。

トランプ大統領のアマゾンに対する強硬な姿勢が意識され、ネット上の個人情報管理についての規制強化が警戒され、ハイテク企業には厳しい状況です。

私としては当面、保有中の米国株を売る気はありませんが、急いで買う気もありません。
米ドルを少しずつ買い付けながら、米国株を買うのに良さそうな時期を待つことになりそうです。

QUOカードを使える店を確認 2018/4/2

すかいらーく(ガスト、バーミヤン、夢庵、グラッチェガーデンズ、藍屋、魚屋路(ととやみち)、ステーキガスト)全店での QUOカード(クオカード)の取り扱いが 2018年(平成30年)6月30日をもって終了になることが発表されたのは、2018年2月20日のことでした。

発表当時、私が保有していた株式のうち、QUOカードを株主優待品としているのは TOKAIホールディングス(3167)だけで、しかも、QUOカード以外の優待品を選ぶ予定でしたので、私はこの発表をほとんど気にしていませんでした。

ただ、私の手元には、以前にポケットカードの株主優待で送られてきたものを含め、約2千円分の QUOカードがあります。
使わずに放置しておくよりは有効に利用したいので、2018年4月2日(月)の午後、QUOカードの公式サイトで「使えるお店」を確認してみました。

その結果、私の生活圏内に店があるのは、すかいらーく系の店以外ではコンビニと書店だけでした。
自宅から車で 40分くらい移動すればデニーズかマツモトキヨシに行けますが、QUOカードの消費目的で行くには遠すぎます。

私の場合、現時点では 2018年6月30日までにステーキガストで使うのが良さそうです。

フライング現渡し

フライング現渡しとは、株主優待の権利付き最終売買日の 15時30分までに現渡しすることです。

15時30分以降に現渡しの手続きを行うと翌営業日に現渡しの申し込みがあったものとして処理されるので、15時30分までに現渡しすると、短縮された日数分、貸株料が安く済みます。

株主優待と配当金については、どうか?
権利付き最終売買日の 15時30分までに現渡ししても株主優待品や配当金を受け取ることが出来れば「裏技」なのですが、世の中、甘くはありません。

フライング現渡しを行うと、優待は受け取れませんし、配当も受け取れません。

ただ、高額の逆日歩が発生しそうな状況で、逆日歩回避のためにフライング現渡しすることは考えられます。

なお、本稿の投稿日付は 2018年4月1日。
当初、エイプリルフールネタとして記事を書くことも考えたのですが、冗談を真に受ける人がいるかもしれず、普通に記事を書きました。

本稿を読んで、株主優待ただ取り狙いでフライング現渡しする気になる人がいるとは思えませんが、万一、フライング現渡しを試してみたいと思ったら、実行する前に証券会社のサイト等で現引きのルールを確認してください。

保有中の外国株 2018/3/31

2018年3月31日(土)時点で私が 1株以上保有している株について、取得単価及び、米株式市場の月内最終取引日(3月29日)の株価終値を記録しておきます。
なお、株価の単位は米ドル表記とします。

以下、特定口座預かりで保有している株について、証券コード、社名、保有株数、取得単価、株価を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 取得単価 株価
JD JDドットコム ADR 20 49.17 40.49
NVDA エヌビディア 5 221.08 231.59

以下、NISA口座預りで保有している株について、証券コード、社名、保有株数、取得単価、株価を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 取得単価 株価
AMZN アマゾンドットコム 1 1,409.43 1,447.34
GOOGL アルファベット A 1 1,106.01 1,037.14
NVDA エヌビディア 5 238.66 231.59

私の 2018年3月の外国株の売買は、以下の 1回でした。

3月28日、エヌビディア(NVDA)を取得単価 221.08ドル(約定単価 220.00ドル)で 5株購入。

3月31日現在、私の証券口座での米国株の評価額は 5,600ドル余りで、外貨建MMF の評価額が 440ドル余り。
保有資産評価額は、6千ドル余り、日本円換算で 64万3千円台になります。

結果的に JD を高値掴みしてしまい、そのうちに平均買いコストを下げたいと思っています。
でも、1つの銘柄に資金を集中したくないので、JD の保有株数を増やすのは数ヶ月先になりそうです。

投資本 10冊を借りました 2018/3/31

2018年(平成30年)3月31日(土)の 16時過ぎ、インターネットで情報収集中、Amazon.co.jp で販売されているパンローリングの投資本(電子書籍)の一部が読み放題サービス「Kindle Unlimited」の対象となっていることを知りました。
私は「Kindle Unlimited」を利用していませんが、Amazonのプライム会員になっており、一部の Kindle本はプライム会員向け読み放題サービス「prime reading」で利用できます。

早速、アマゾンのサイトでパンローリングの Kindle本を検索してみたところ、私にとって興味深い本が何冊も「prime reading」で利用可能となってました。

検討の末、以下の 10冊を選び、借りました。

  • マーフィー「マーケットのテクニカル分析」
  • カニンガム「バフェットからの手紙 第4版」
  • シュワッガー「マーケットの魔術師」
  • グレアム「賢明なる投資家」
  • ボルマン「FXスキャルピング」
  • 木村昭二「終身旅行者PT」
  • テンプルトン「テンプルトン卿の流儀」
  • リンク「高勝率トレード学のススメ」
  • ダグラス「ゾーン」
  • ダグラス「ゾーン 最終章」

「マーケットの魔術」と「ゾーン」の 2冊は既に紙の本を持っていますが、箱詰めしたまま所在不明となっており、探すよりも借りる方が楽なので、この機会を利用して借りました。

来月(2018年4月)以降、空き時間に今回の 10冊を読むことにします。

保有株式の記録 2018/3/31

2018年3月31日(土)現在で私が 1単元以上保有している日本株について、株価の記録を行いました。株価は月内最終取引日(3月30日)の終値です。

以下、「現物/特定預り」で保有している株について、証券コード、社名、保有株数、取得単価、株価を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 取得単価 株価
3167 TOKAI HD 100 869 1,078
5411 JFE 100 2,737 2,143.5
7751 キヤノン 100 4,250 3,853
7873 アーク 300 127 124
8198 MV東海 100 1,674 2,473
8267 イオン 100 1,767 1,899.5

以下、「現物/NISA預り」で保有している株について、証券コード、社名、保有株数、取得単価、株価を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 取得単価 株価
1717 明豊ファシリティワークス 100 351 453
3197 すかいらーく 300 1,604 1,532
3242 アーバネット 100 444 364
3467 アグレ都市デザイン 200 665 988
3546 ダイユーリックHD 100 790 1,138
7201 日産自 100 1,090 1,104
7512 イオン北海 100 607 790
7751 キヤノン 100 2,865 3,853
8171 MV中部 100 1,241 1,410
8287 MV西日本 100 1,660 1,790
8591 オリックス 100 1,750 1,876.5
9831 ヤマダ電機 100 560 638

私は、2018年3月には日本株を売買しませんでした。

3月は、すかいらーくやキヤノン等から合計 1万8千円余りの配当金が入金され、私の証券口座の円建ての現金残高は 8万1千円台になりました。
円建ての保有資産評価額は 2万6千円ほど増え、328万8千円台になりました。

今回、保有する日本株の評価額は先月(2018年2月)末比で微増でしたが、今後の株価上昇に期待しています。

日本国内の株については、現時点で特に欲しい銘柄はありません。
ただ、証券会社の株を全く保有していないので、少しくらい長期保有してもよいかと思っています。

3月31日現在、配当利回り 5%以上の国内株は 6銘柄で、そのうち 4銘柄が証券業。
カブドットコム証券(8703)か東海東京フィナンシャル・ホールディングス(8616)の株を 1単元、近いうちに NISAで買うかも。

キヤノンの第117期の期末配当金

2018年(平成30年)3月30日(金)、キヤノン株式会社より第117期(2017年1月1日~2017年12月30日)の期末配当金計算書が私宛に郵送されてきました。

1株当たり期末配当金は 85円(うち、10円は記念配当分)で保有株式数が 200株ですので、配当金額は 1万7,000円です。

配当金計算書の他には、下記の 2点の文書が同封されていました。

  • 「配当金のお受け取り方法について」
  • 「第117期定時株主総会決議ご通知」

なお、3日ほど前の時点で、証券口座の入出金明細に 2018年3月30日付けで今回のキヤノンの配当金についての情報が掲載されていました。
NISA口座預かりの 100株の分の配当金は 8,500円で、特定口座預かりの 100株の分の配当金は源泉徴収後の 6,774円です。

もう 100株、キヤノンの株を買いたい気持ちもあるのですが、当面は米国株優先の方針で、キヤノンの株を買うのは来年(2019年)以降になります。

ハイテク株の調整完了? 2018/3/29

2018年3月29日(木)の米株式市場で、ダウ工業株30種平均(NYダウ)終値は、前日比 254ドル69セント(1.07%)高の 2万4,103ドル11セントで取引終了。
ナスダック総合株価指数は前日比 114.219ポイント(1.64%)高の 7,063.445 で終わりました。

この日はハイテク株の主要銘柄の株価が軒並み上昇。今回の調整は完了か?

私が保有中の 4銘柄は全て、値上がりしました。
アマゾンドットコム(AMZN)は、前日比 15ドル92セント(1.11%)高の終値 1,447ドル34セント。
アルファベット A(GOOGL)は、前日比 31ドル96セント(3.18%)高の終値 1,037ドル14セント。
エヌビデイア(NVDA)は、前日比 10ドル24セント(4.63%)高の終値 231ドル59セント。
JDドットコム ADR(JD)は、前日比 48セント(1.20%)高の終値 40ドル49セント。

この日は、いい感じで NVDA の株価が上がりました。

株価は今回の調整前の水準まで戻っておらず、先行きを楽観できる状況とはいえませんが、ひとまず市場は落ち着きを取り戻しました。

3月30日(金)、欧米の株式市場は休場。次の取引日は 4月2日(月)です。
今夜は米国株の株価のことを気にせずに過ごせそうな気がしています。