NYダウ、1,175ドル安 2018/2/5

2018年2月5日(月)の米株式市場で、NYダウ(工業株30種平均)は 3営業日連続で下落し、前週末比 1,175ドル21セント安の 2万4,345ドル75セントで取引終了しました。
下げ幅が一時、1,597ドルを超える場面もありました。

この日の下げ幅の大きさは過去最大で、ほぼ全面安。
下落率 4.6%は、1987年10月19日(月曜日)のブラックマンデーのときの下落率 22.6%に比べると小さいですが、1000ドル以上の下げ幅は、さすがに印象的です。

ナスダック総合株価指数も 3日続落で、前週末比 273.420ポイント(3.8%)安の 6967.526で取引を終えました。
S&P 500指数は、前週末 113.19(4.10%)マイナスの 2,648.94 で終わりました。

今回の株価下落が、一時的な調整か、中長期的な下げトレンドへの転換か、判断が難しい状況です。

長期投資の観点では、株価の大幅な下落や長期低迷は、銘柄が市場から退場しないならば悲観したものではなく、買いの好機でもあります。

底値を 100%確実に当てることは不可能ですので、時期を分散して優良企業の株を少しずつ買っていく戦略が有効です。

私は今後、継続的にアマゾン(AMZN)などの米国株を買っていく予定です。

Amazon と Google の株を購入 2018/2/5

Amazon と Google の株を購入するため、2018年2月5日(月)の昼間、私は住信SBIネット銀行のサイトで 3,000米ドルを買い付け、その後、SBI証券のサイトで 3,000米ドルの即時入金指示を行いました。

現在、米国の株式市場の取引時間は、日本時間の 23:30 から 6:00 まで。
23時頃、先週末(2月2日)の終値近辺の指値で、アマゾン ドットコム(AMZN)とアルファベット A(GOOGL)の株の買い注文を出しました。注文数量は、各1株で、NISA預かりを指定。

今回の買い注文は、どちらも取引開始直後に約定。
平均約定単価は、AMZN が 1,402.6200米ドルで、GOOGL が 1,100.6100米ドルでした。
ただし、手数料がかかっているため、取得単価は AMZN が 1,409.43米ドル、GOOGL は 1,106.01米ドルとなっています。

2月5日のニューヨーク株式市場で、NYダウ(工業株30種平均)は一時、300ドル以上値下がりし、その後、下げ幅を縮めたものの、前日比マイナスで推移しています。
ナスダック総合指数は前日比マイナスで始まりましたが、10時過ぎに前日比プラスになりました。

今後、AMZN と GOOGL の株価が私の取得単価よりも安く推移する可能性はありますが、30年程度の長期保有も考えており、短期的な株価の動きに一喜一憂しないつもりです。

キヤノン 100株を指値 4,248円で買い 2018/2/5

2018年(平成30年)2月5日(月)、私はキヤノン(7751)の株を 100株、指値 4,248円で買いました。

この日の午前9時過ぎに指値 4,200円の信用買い注文を出したのですが、約定しそうにないため、後場の取引時間中に指値を変更。
13時50分に約定しました。

株価の動き次第では建て玉を信用売りで手放すことも考えていましたが、キヤノンの株価が大きく反発することがなさそうなのを見て、14時44分に現引きしました。

この日、キヤノンの株価は、始値 4,301円、高値 4,309円、安値 4,241円、終値 4,246円。
終値は、先週末(2月2日)比 143円(3.26%)の下落です。

2月2日の米株式市場で NYダウ(工業株30種平均)が前日比 665ドル75セント(2.5%)下落だったことを受けて、2月5日の東京株式市場で日経平均株価は、始値から前日比マイナス。終値は前週末比 592円45銭安の 2万2,682円08銭、下落率 2.55%でした。

今回、リバウンド狙いで買ってみましたが、明日(2月6日)も株価が下に動く可能性もあります。

個人的には、保有する銘柄が市場から退場しない限りは問題ありません。
株価が下がれば買うだけのことです。

でも、私としては、株価が下げ続ける状況よりは、基本的には横向きで適当に上下している方が取引しやすいので、数営業日以内に日記平均株価が底打ちすることを期待しています。

株主優待銘柄を調査 2018/2/4

2018年(平成30年)2月4日(日)の午後、私は自宅で株主優待銘柄を調査しました。

Yahoo!ファイナンスの 株主優待絞り込み結果 のページで、優待の種類として「買い物券・プリペイドカード」だけを指定した結果、713件の銘柄があることが分かったのですが、今回はその 713銘柄について、最低投資金額順に内容を確認し、投資対象候補となりそうなものを探してみました。

今回、投資対象候補の選択基準は、「配当と優待価値を合わせての実質利回り 4%以上」。
ただし、先週末(2月2日)の終値では基準に達しない場合でも、私の気になった銘柄は候補に入れる方針で作業しました。

今回の作業の結果、以下の銘柄が投資対象候補に残りました。

  • 山喜(3598)
  • タカラレーベン(8897)
  • 日本ギア工業(6356)
  • エスクロー・エージェント・ジャパン(6093)
  • 秀英予備校(4678)
  • フルッタフルッタ(2586)
  • 大研医器(7775)
  • ディア・ライフ(3245)
  • マキヤ(9890)
  • ジーフット(2686)
  • 東海東京フィナンシャル・ホールディングス(8616)
  • ライトオン(7445)
  • ラサ商事(3023)
  • 成学社(2179)
  • フリュー(6238)
  • ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(3222)
  • ブロードリーフ(3673)
  • エコス(7520)
  • 明光ネットワークジャパン(4668)
  • ファルテック(7215)
  • 学究社(9769)
  • エンチョー(8208)
  • 新日本空調(1952)

これらの銘柄について、さらに検討し、投資対象にするかどうかを決める予定です。

NYダウ、665ドル安 2018/2/2

2018年2月2日(金)の米株式市場で、NYダウ(工業株30種平均)は前日比 665ドル75セント(2.5%)安の 2万5,520ドル96セントで取引終了しました。
下げ幅の大きさは、2008年12月1日以来、約9年2カ月ぶり。
米国の長期金利が上昇したことによって、株価に割高感が出たとされています。

ナスダック総合株価指数は続落し、前日比 144.917ポイント(2.0%)安の 7240.946で取引を終えました。
S&P 500指数は、前日比 59.85(2.12%)マイナスの 2,762.13 で終わりました。

今回のダウの下げ幅は、近年では大きいものですが、下落率は 2.5%で、1987年10月19日(月曜日)のブラックマンデーのときの下落率 22.6%に比べると小動きで、暴落という感じはありません。

この日、キヤノンの ADR の終値は、「1ドル=110.16円」で換算すると、4,346円。
同日の東証での終値 4,389円より値下がりしました。

2月5日に東京株式市場でキヤノンの株価が 4,000円近辺まで下落するようなら、私はキヤノンを 100株だけ買うかもしれません。
そこまで下がらないようなら、手持ちの円資金の一部を米ドルに換え、Amazon.com の株(AMZN)を買うつもりです。

キヤノン 100株を売り 2018/2/2

2018年(平成30年)2月2日(金)の前場、私はキヤノン(7751)の株を 100株、指値 4,375円で売りました。
この日の午前9時過ぎに信用売り注文を出しておいたところ、9時45分に約定したものです。

注文した時点で、私はキヤノンの株を特定口座預かりで 100株保有しており、株価の動き次第では信用売りを買い戻すつもりでした。

この日、キヤノンの株価は、始値 4,337円、高値 4,395円、安値 4,335円、終値 4,389円。

取引時間中、キヤノンの株価が 4,350円を割り込む場面もあり、信用売り注文を反対売買で決済するチャンスはありましたが、値幅が小さいと考え、見送り。
その後、株価が 4,370円を超えてきたのを見て、現渡しで決済しました。

私が現渡ししたキヤノンの株の取得単価は 3,753円でしたので、諸費用(手数料、信用の金利、税金)を引く前の譲渡益は 62,200円。
大雑把に計算すると、4万8千円くらい儲けたことになります。

今後の株価次第では、改めてキヤノンの株を買うかもしれません。
でも、4,300円以上の株価で推移するようなら、当面は別の銘柄を売買し、キヤノンの株価はチェックするだけになりそうです。

ビットコインが一時、90万円割れ

2018年2月2日(金)の午前10時半頃、ビットコインが一時、90万円割れしました。

ビットコインの取引価格は、仮想通貨取引所大手ビットフライヤーのチャートによると、2月1日の 14時頃から 17時頃は概ね 110万円以上でしたが、その後、じりじりと値を下げ、21時半過ぎに一時、100万円割れ。
少し持ち直す場面はあったものの、2月2日の 0時50分頃に 100万円割れして以降、概ね 100万円未満の水準で推移してました。

本稿を執筆している 2月2日の 11時半現在、ビットコインの価格は 92万~93万円近辺。

日本では先月(2018年1月)下旬に大手仮想通貨取引所のコインチェックで仮想通貨「NEM」が流出する事件が起こり、その後、出金停止が続いていますが、今回のビットコイン急落の最大の要因は、仮想通貨の「Tether(テザー)」に関する疑惑だとされています。

仮想通貨「テザー」の運営会社は、流通する Tetherの総額と同額の米ドルを保有していることになっているのですが、それが本当かどうかが疑われているとのこと。

ビットコイン相場が崩壊してしまうのか、この辺りで踏みとどまるのか、興味深いところです。

保有株式の見直し 2018/1/31

2018年1月31日(水)の 15時現在、私が 1単元以上保有している株について、見直しを行いました。

以下、「現物/特定預り」で保有している株について、証券コード、社名、保有株数、取得単価、株価(2018年1月31日の終値)を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 取得単価 株価
3167 TOKAI HD 100 869 1,053
5411 JFE 100 2,737 2,588.5
7751 キヤノン 100 3,753 4,349
7873 アーク 200 130 136
8198 MV東海 100 1,674 2,760
8267 イオン 100 1,767 1,857.5

以下、「現物/NISA預り」で保有している株について、証券コード、社名、保有株数、取得単価、株価(2018年1月31日の終値)を挙げていきます。

コード 社名 保有株数 取得単価 株価
1717 明豊ファシリティワークス 100 351 507
3197 すかいらーく 300 1,604 1,572
3242 アーバネット 100 444 347
3467 アグレ都市デザイン 200 665 1,105
3546 ダイユーリックHD 100 790 1,462
7201 日産自 100 1,090 1,163.5
7512 イオン北海 100 607 842
7751 キヤノン 100 2,865 4,349
8171 MV中部 100 1,241 1,529
8287 MV西日本 100 1,660 1,975
8591 オリックス 100 1,750 2,035
9831 ヤマダ電機 100 560 647

私の今月(2018年1月)の株の売買は、以下の 4回でした。

1月4日、すかいらーく(3197)を単価 1,598円で 100株買い。
1月12日、すかいらーく(3197)を単価 1,590円で 100株買い。
1月15日、アーク(7873)を単価 125円で 100株買い。
1月31日、アーク(7873)を単価 135円で 100株買い。

すかいらーくについては、結果的に高値掴みでしたが、株主優待目的での購入であり、このまま NISA預かりで保持していく方針。

アークについては今後、小刻みに売買を繰り返していこうと考えています。

現在、私の証券口座の現金残高は 7万5千円台、証券口座での保有資産評価額は 357万3千円台。
証券口座でのキャッシュポジションは約 2.1%です。

キャッシュポジションが 10%を大きく割り込む状況は好ましくないと思い、2018年1月31日の午後、ネット銀行の口座に ATM から入金を行い、口座残高を 70万円台にしました。

来月(2018年2月)からは外国株の売買を始める予定です。

日経平均 6日続落 2018/1/31

2018年1月30日の米株式市場で、NYダウ(工業株30種平均)は続落し、前日比362ドル59セント安の 2万6,076ドル89セントで取引終了しました。
この日、アマゾンなど 3社がヘルスケア企業を設立することが報じられ、ヘルスケア分野の銘柄が軒並み売られたのが、指数下落の最大の要因。

米株式市場での株価下落を受けて、2018年1月31日(水)の東京株式市場は朝方から軟調。
朝安の後、押し目買いの動きもあって、後場の開始から 14時過ぎまでは前日比プラスで推移。
引けにかけて売られ、日経平均株価終値は前日比 193円68銭安の 2万3,098円29銭、この日の安値圏で取引終了しました。

取引時間中の安値は 2万3,092円85銭で、2018年1月23日に記録した取引時間中の年初来高値 2万4,129円34銭から 千円余りの値下がりです。

2018年1月31日の日経平均株価終値 2万3,098円29銭は、今年の大発会(1月4日)の始値 2万3,073円73銭と同水準で、年初からの株価上昇分が消えてしまった形となりました。

日経平均株価の 6営業日以上連続の下落は、昨年(2017年)11月8日からの 6営業日連続の下落以来です。
明日(2018年2月1日)、日経平均株価が 2万3千円台を維持できるかどうか、興味深いところです。

アーク 100株を買い増し 2018/1/31

2018年(平成30年)1月31日(水)の前場、私はアーク(7873)の株を現物/特定で 100株買いました。
9時5分過ぎ、板が 134円カイ 135円ヤリ の状況で指値 135円の買い注文を出し、すぐに約定したものです。

私は、今月(2018年1月)15日に「アーク」の株を単価 125円で 100株取得しており、今回の取引の結果、私の保有株式数は 200株になりました。
今回の買いの結果、取得単価は 130円になっています。

この日、アークの株価は、始値 137円、高値 139円、安値 131円、終値 136円。
終値は私の取得単価より 6円高く、1月31日の取引終了時点での評価益は 1,200円です。

最初の 100株を買った時点では、買い下がる前に急上昇した場合は別の銘柄に目標変更するつもりでしたが、アークは一日の中での値幅が悪くないので、当面、この銘柄で小刻みな売買を試みてみることにします。