株主優待の優先順位 2017/7/11

2017年7月11日(火)現在での、筆者にとっての株主優待の優先順位について、簡単に書いておきます。

筆者の家庭では主にイオンとマックスバリュで食料品を購入しているため、イオン系のスーパーでの買い物で利用できる株主優待の優先度が高くなります。

イオンの株主優待で貰えるイオンオーナーズカード(株主優待カード)の利用によるキャッシュバックが第1位です。

第2位は、イオン系のスーパーの株主優待で貰える株主優待券。
マックスバリュ東海など、大部分のイオン系スーパーの株主優待券は日本全国のイオンやマックスバリュ等で値引きに利用できます。
ただし、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスの株主優待券は、利用できるのがマルエツ、カスミ、マックスバリュ関東の店舗に限られていて、筆者にとっては魅力薄です。

JCBなどのクレジットカード系のギフト券は、利用できる範囲が広く、筆者としては第3位です。

第4位はクオカード、第5位は図書カード、第6位はジェフグルメカード。
いずれも汎用性の点でクレジットカード系のギフト券にかないません。

特定店舗で利用できる株主優待券の中では、すかいらーくの株主優待券が使いやすく、ここでは第7位とします。

筆者が既に保有している銘柄では、最後にヤマダ電機。ここの優待券が第8位となります。

本稿執筆時点では第9位以下はありません。
今後の情報収集と検討によって、順位は変わっていくはずです。

株主優待の種類

株主優待で提供されるサービスには、様々なものがあります。

汎用的な金券、電子マネー、特定の店での食事や買い物の代金に充当できる株主優待券、食事等の代金の値引き等に利用できる株主カード、自社製品などの物品もあります。

以下に、代表的な株主優待品の種類を挙げておきます。

  • ギフトカード(JCB/VISA)
  • クオカード
  • 図書カード
  • 電子マネー
  • 株主優待券
  • 株主カード
  • カタログギフト
  • 飲料
  • 菓子
  • 果物
  • その他の食料品
  • 日用品

どのような株主優待品を高く評価するかは人それぞれですが、一般的には金券・株主優待券・電子マネーあたりが利用しやすいといえます。
筆者の場合、イオン系のスーパーで食品や日用品を買うことが多いので、イオンオーナーズカード(株主優待カード)やイオン系のスーパーの株主優待券に価値を感じます。

プレナスの株主優待と配当金

株式会社プレナスは、「ほっともっと」などのプランチチャイズを運営する企業で、食材・包装等資材の販売も行なっています。東証1部上場企業です(証券コード: 9945)。
事業年度は毎年、3月1日から翌年2月末日まで。

プレナスは株主優待制度を実施しており、毎年 2月末日現在の株主名簿に記録された 1単元(100株)以上の株式を保有の株主に対し、保有株数に応じて「株主お買物優待券」が贈呈されます。

100株以上 1000株未満: 500円分の「株主お買物優待券」5枚(2500円相当)
1000株以上: 500円分の「株主お買物優待券」10枚(5000円相当)

この「株主お買物優待券」は、日本全国の「ほっともっと」「やよい軒」「MKレストラン」各店で商品の購入もしくは食事の際、来店した顧客 1人様につき 2枚まで利用できます。

2017年(平成29年)2月期の年間配当金額は 1株あたり 60円(中間配当 30円、期末配当 30円)です。
2017年4月10日現在、2018年(平成30年)2月期の年間配当金額(会社予想)は 1株あたり 60円(中間配当 30円、期末配当 30円)です。

プレナスの 2017年7月10日の株価(終値)は 2338円ですので、2018年2月期の配当(予想)に対する利回りは約 2.566%(小数点第4位切り捨て)になります。

2017年7月10日の終値を基に計算すると、連結PER(会社予想)20.81倍、連結PBR(実績)1.36倍。
配当性向は、2017年2月期が 56.9%で、2018年2月期の予想値が 53.4%となっています。

保有株数が 100株の場合、年間の株主優待品の価値(2500円)を含めた実質配当利回りは、約 3.636%(小数点第4位切り上げ)になります。

本稿執筆時点の実質配当利回りは 4%未満ですが、今後の株主優待制度拡充に期待して買う手はありそうです。

ポートフォリオ見直し 2017/7/10

2017年7月9日(日)の 23時50分頃から同年7月10日(月)の 2時半過ぎまで、筆者の株式投資のポートフォリオの見直しを行いました。

本稿執筆時点で筆者は信用取引を行っておらず、現物株で 13銘柄を保有。
13銘柄のうち 11銘柄については、それぞれ 1単元ずつの保有で、11銘柄中の 8銘柄は NISA預かり、残りは特定口座預かりです。

NISA預かりの 8銘柄は、以下の通り。

  • すかいらーく
  • ダイユーリックHD
  • 日産自動車
  • イオン北海道
  • キヤノン
  • マックスバリュ中部
  • マックスバリュ西日本
  • ヤマダ電機

特定口座預かりの 3銘柄は、以下の通り。

  • イオン
  • マックスバリュ東海
  • ポケットカード

なお、13銘柄のうち 2銘柄(JFE、東京電力HD)は、保有株数が 1単元未満で、一般口座預かりになっています。

手持ちの銘柄を検討した結果、手放したい銘柄はありませんでした。

なお、現在、筆者の NISA投資可能枠は 44万円余り残っていますが、現金残高は 5万円ちょっとしかありません。

急落時に割安株を買うことが出来るよう、証券口座の現金残高を増やしておきたいものです。

マックスバリュ中部 100株買い 2017/7/7

2017年7月7日(金)、マックスバリュ中部の株を 100株だけ、現物/NISA預かりで買いました。

筆者は 2017年7月3日(月)から 6日(木)までの 4日間、マックスバリュ中部 100株、指値 1241円の買い注文を出し、約定せずに注文が失効していました。
この日(7月7日)も、前日までと同じ条件で買い注文を出しておいたところ、14時41分に取引成立し、買うことができました。

2017年4月12日現在、マックスバリュ中部の 2018年(平成30年)2月期の年間配当金額(会社予想)は 1株あたり 14円(期末配当 14円)。
同社の 2017年7月7日の株価(終値)は 1241円ですので、2018年2月期の配当(予想)に対する利回りは約1.128%(小数点第4位切り捨て)になります。

2017年7月7日の終値を基に計算すると、連結PER(会社予想)18.68倍、連結PBR(実績)2.21倍。

保有株数が 100株の場合、年間の株主優待券の価値(5000円)を含めた実質配当利回りは、約5.157%(小数点第4位切り捨て)になります。

本稿執筆時点で、筆者の手持ちのイオン系の企業の株は、イオン 100株、マックスバリュ東海 100株、イオン北海道 100株、マックスバリュ西日本 100株、マックスバリュ中部 100株。

今月(2017年7月)のうちに買っておきたかったイオン系の企業の株は全て入手しました。

今月に入ってから 3銘柄を買った結果、現金残高は急降下し、5万円台になりました。
NISA投資可能枠の残りは、44万円強です。

NISA投資可能枠を無理に使い切るつもりはありませんが、売買の好機に注文を出すことが出来るよう、近いうちに口座に現金を追加しておかなくては!

マックスバリュ西日本 100株買い 2017/7/6

2017年7月6日(木)、マックスバリュ西日本の株を 100株だけ、現物/NISA預かりで買いました。

この日の午前9時過ぎ、マックスバリュ西日本 100株、マックスバリュ中部 100株の 2つの買い注文を出し、前者の買い注文だけが約定しました。

マックスバリュ西日本については、2017年7月3日(月)以降、指値 1660円の買い注文を出し続けてきました。
前日(2017年7月5日)の終値(1668円)でも高くないと思いますが、1660円で買うチャンスが今週中に来る可能性が高いと考え、妥協しませんでした。

本稿執筆時点で、筆者の手持ちのイオン系の企業の株は、イオン 100株、マックスバリュ東海 100株、イオン北海道 100株、マックスバリュ西日本 100株。
近日中にマックスバリュ中部 100株を入手したいと思っています。

マックスバリュ東北とマックスバリュ九州については、実質配当利回りが 4%台で、5%を大きく下回っており、急いで入手しようとは思っていません。

イオン九州の実質配当利回りは 3%台、イオンモールの実質配当利回りは 3%弱。現時点では、投資を急ぐ必要を感じません。

マックスバリュ北海道の株は、実質配当利回りが 2%台。現時点では筆者の投資対象外ですが、今後の株価の動きによっては投資対象とするかもしれません。

マックスバリュ西日本の株主優待と配当金

マックスバリュ西日本株式会社は、イオングループのスーパーマーケット運営会社で、東証2部上場(証券コード: 8287)。
事業年度は毎年、3月1日から翌年2月末日まで。

マックスバリュ西日本は株主優待制度を実施しており、毎年 2月末日現在の株主名簿に記録された 1単元(100株)以上の株式を保有の株主に対し、保有株数に応じて株主優待品が贈呈されます。
株主優待品は、「株主様ご優待券」か「地域特産品」のうち、いずれか 1つを選ぶことができます。
以下、「株主様ご優待券」を選んだ場合に貰える枚数を書いておきます。

100株以上 1000株未満: 100円券 50枚(5000円分)
1000株以上 2000株未満: 100円券 100枚(1万円分)
2000株以上: 100円券 200枚(2万円分)

この「株主様ご優待券」は日本全国のイオン、マックスバリュ、ザ・ビッグなどの直営店舗で、1回の買い上げ金額が 1000円(税込)以上の場合、1000円毎に 1枚を利用できます。
ただし、一部の店舗や売り場で利用できない場合があり、利用対象外の商品もあります。

2017年(平成29年)2月期の年間配当金額は 1株あたり 38円(期末配当 38円)です。
2017年4月12日現在、2018年(平成30年)2月期の年間配当金額(会社予想)は 1株あたり 35円(期末配当 35円)です。

マックスバリュ西日本の 2017年7月5日の株価(終値)は 1668円ですので、2018年2月期の配当(予想)に対する利回りは約 2.098%(小数点第4位切り捨て)になります。

2017年7月5日の終値を基に計算すると、連結PER(会社予想)14.58倍、連結PBR(実績)0.91倍。

保有株数が 100株の場合、年間の株主優待品の価値(5000円)を含めた実質配当利回りは、約 5.096%(小数点第4位切り上げ)になります。

筆者としては、本稿執筆時点の実質配当利回りなら 100株だけ買ってもよいと思っています。

マックスバリュ中部の株主優待と配当金

マックスバリュ中部株式会社は、愛知県・岐阜県・三重県・滋賀県でスーパーマーケットを展開する、イオングループの企業です。名証2部上場(証券コード: 8171)。
事業年度は毎年、3月1日から翌年2月末日まで。

マックスバリュ中部は株主優待制度を実施しており、毎年 2月末日現在の株主名簿に記録された 1単元(100株)以上の株式を保有の株主に対し、保有株数に応じて株主優待品が贈呈されます。
株主優待品は、「株主様ご優待券」またはマックスバリュ中部の指定商品のうち、いずれか 1つを選ぶことができます。
以下、「株主様ご優待券」を選んだ場合に貰える枚数を書いておきます。

100株以上 1000株未満: 100円券 50枚(5000円分)
1000株以上 2000株未満: 100円券 100枚(1万円分)
2000株以上 5000株未満: 100円券 200枚(2万円分)
5000株以上: 100円券 250枚(2万5000円分)

この「株主様ご優待券」は日本全国のイオン、マックスバリュ、ザ・ビッグなどの直営店舗で、1回の買い上げ金額が 1000円(税込)以上の場合、1000円毎に 1枚を利用できます。
ただし、一部の店舗や売り場で利用できない場合があり、利用対象外の商品もあります。

2017年(平成29年)2月期の年間配当金額は 1株あたり 14円(期末配当 14円)です。
2017年4月12日現在、2018年(平成30年)2月期の年間配当金額(会社予想)は 1株あたり 14円(期末配当 14円)です。

マックスバリュ中部の 2017年7月4日の株価(終値)は 1250円ですので、2018年2月期の配当(予想)に対する利回りは 1.12%になります。

2017年7月4日の終値を基に計算すると、連結PER(会社予想)18.81倍、連結PBR(実績)2.23倍。

保有株数が 100株の場合、年間の株主優待品の価値(5000円)を含めた実質配当利回りは、5.12%になります。

筆者としては、本稿執筆時点の実質配当利回りなら 100株だけ買ってもよいと思っています。

イオン北海道 100株買い 2017/7/3

2017年7月3日(月)、イオン北海道の株を 100株だけ買いました。

前日(2017年7月2日)の夜、イオン北海道 100株、マックスバリュ西日本 100株、マックスバリュ中部 100株の 3つの買い注文を出し、イオン北海道の株への買い注文だけが約定しました。

イオン北海道については、前週の最終営業日(2017年6月30日)の終値と同じ指値 607円で注文しておいたところ、寄り付きで買うことができました。
株は現物で買い、NISA口座に入れました。

2017年(平成29年)2月期のイオン北海道の 1株あたり配当金は 10円で、保有株数 100株の場合の株主優待品(優待券)の価値は 5000円相当ですので、イオン北海道 100株を単価 607円で入手した場合の実質配当利回りは約 5.766%(小数点第4位切り捨て)。

他の 2銘柄(マックスバリュ西日本、マックスバリュ中部)については、当面、この日(7月3日)と同水準の指値で買い注文を継続してみます。
現在の指値で買えそうにないと判断したら、指値を見直し、今月(2017年7月)のうちに各100株を入手しておきたいと考えています。

筆者の 2017年7月の投資方針

筆者の今月(2017年7月)の投資方針は、先回りです。

基本的に、権利確定日が半年ほど先の銘柄ばかりを買うことにしています。

権利確定日が来年の 1月以降に設定されている銘柄として、筆者がすぐに連想するのは、権利確定月が 2月末に設定されているイオン系の会社です。

イオン系のスーパーを運営する企業の多くは、毎年 2月末日現在の株主名簿に記録された 1単元(100株)以上の株式を保有の株主に対し、保有株数に応じて「株主様ご優待券」を贈呈しています。
筆者の家庭ではイオンやマックスバリュで食料品を購入することが多いため、イオン系の「株主様ご優待券」は役に立ちます。

本稿執筆時点では、イオン系の企業の中に、配当金と株主優待の価値を合わせた実質配当利回りが 5%以上の銘柄が複数あります。

底値での買いを狙わず、今月のうちに確実に買う方針。

なお、今年(2017年)の NISA の投資枠が埋まってきたら、売買の価格差で儲ける狙いでの投資行動を再開しようと思っています。