リクルートカードでの電子マネーチャージに月3万円制限

2018年(平成30年)3月16日(金)、リクルートカードのサイトに リクルートカードにおける電子マネーチャージご利用分のポイント加算対象の改定について の告知が掲載されました。

2018年4月16日(月)より、以下の対象となる電子マネーに対するリクルートカードでのチャージ利用分について、利用金額の合算で月間30,000円までがポイント加算の対象となり、合算で 30,001円以上の利用分はポイント加算対象外となります。
利用金額の対象はそれぞれの電子マネーの合計金額ではなく、すべての電子マネーの合算金額とのことです。

対象となる電子マネーチャージ

スポンサーリンク

JCBブランド: nanaco(ナナコ)、モバイルSuica
Master® / VISAブランド: nanaco(ナナコ)、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA

なお、月間集計期間は毎月16日~翌月15日となっていますが、2018年4月15日(日)以前の利用分でも、2018年4月16日(月)以降に売上データがカード会社へ到着した場合、今回の制度変更の対象となります。

月間 3万円ということは、年間36万円までがポイント加算対象になるということです。

私の場合、nanaco を固定資産税等の納付に利用していて、昨年(2017年)は 60万円余りをリクルートカードでチャージして、7,200ポイントほど獲得していました。
今回の制度変更により、リクルートカードでの電子マネーチャージで獲得できるポイントは、年間36万円チャージによる 4,320ポイントが上限となりました。

私の場合、年間の nanaco の利用金額が 60万円余りですので、今回の制度変更は影響があります。
そこで、2018年3月31日までに 20万円分の nanacoチャージを行うことにしました。

20万円チャージしておき、今後、毎月 3万円チャージする方針です。

現時点で気になっているのは、別ブランドのリクルートカードを持った場合の扱いです。
複数枚のリクルートカード合計で月間 3万円までなのか、あるいは、ブランド毎に月間 3万円なのか?
後者なら、複数枚を持つことも考えられます。

家族名義でリクルートカードを持つ手もあります。
ただ、私の場合、家族名義で株式投資を行う予定があり、株式投資資金とカード利用代金の合計を贈与扱いされたくないので、家族名義のリクルートカードを利用する気はありません。

とりあえず、私はセブンカードプラスを入手しておき、別ブランドのリクルートカードを入手するかどうかは今後の状況によって決めることにします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です