サンマルクホールディングスが年初来安値 2018/5/25

2018年(平成30年)5月25日(金)の午前10時3分、サンマルクホールディングス(3395)が年初来安値を更新しました。
この日の取引時間中の安値は 2,836円、終値は前日比 15円高の 2,878円でした。

サンマルクホールディングスの 2018年3月期の連結の 1株当たり純資産(BPS)は 2,138.82円で、25日の前場終値での PBR は約 1.33倍。
株価は BPS を上回っていますが、割高という程ではありません。

スポンサーリンク

2019年3月期の 1株当たり配当金(会社予想)は 62円。
この日の終値 2,878円での配当利回りは約2.154%(小数点第4位四捨五入)になります。

サンマルクホールディングスは株主優待制度を導入しており、3月末時点で 1単元(100株)以上を保有する株主に対し、6月中旬頃に株主優待カードが送られてきます(株主総会招集通知に同封)。

株主優待カードの有効期間は、毎年7月1日~翌年6月末日。
サンマルクホールディングスのグループ直営店及びフランチャイズ店全店にて、サンマルク株主優待カードの提示により飲食料金が値引きになります(販売コーナー商品は対象外)。

2018年5月25日現在、値引率は 20%(すし処函館市場は 10%)です。

仮に、保有株式数 100株の株主が年間に 3万円の利用で 20%の値引きを受ける場合、値引金額は 6,000円。
配当金 6,200円と値引きの 6,000円の合計は 12,200円となり、5月25日の終値 2,878円での利回りは約4.239%(小数点第4位四捨五入)になります。

この会社の株主優待対象店舗をよく利用する人なら、5月25日現在の株価で買う価値はあるでしょう。

私の場合、ここ数年、年に数度、鎌倉パスタを利用しており、株主優待を利用できていたなら、年に 2,000円~3,000円の値引きを受けることが出来たと思われます。

私にとっての株主優待価値を 3,000円とすると、100株保有の場合、配当金 6,200円と合わせた利回りは、25日の終値では約 3.197%(小数点第4位四捨五入)。
なお株主優待価値を 3,000円として株価が 2,300円ならば、利回り 4%になります。

2018年5月25日現在、私が投資対象とする銘柄の基準は利回り 5%ですが、今後、基準を利回り 4%に変更するかもしれません。

当面、私がサンマルクホールディングスの株を買うことはありませんが、ときどき株価の動きを確認することになりそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です