SBI証券

SBI証券は、国内ネット証券で最大手の証券会社です。
同社の発表(2017年9月26日付け)によれば、証券総合口座開設数は 400万口座を達成したとのことです。

ネット証券としては幅広い金融商品を取り扱っていて、国内株式については、S株(単元未満株)や夜間PTS取引も可能です。
外国株については、取り扱い銘柄が限られますが、米国株、中国株、韓国株、ロシア株、ベトナム株を売買できます。

スポンサーリンク

他に、投資信託、海外ETF、REIT、国債、社債、外債、FX(外国為替証拠金取引)、CFD、日経225先物取引、日経225オプション取引、eワラントなども取引可能です。

国内株式の手数料プランは、1注文の約定代金に対して手数料がかかる「スタンダードプラン」と、1日の約定代金合計額に対して手数料がかかる「アクティブプラン」があります。
1日に1回、手数料プランの変更が可能で、平日 23時59分までにプラン変更すると、翌日の注文から変更が適用されます。

国内株式の手数料は、ネット証券の中で安い部類に入ります。
特に、アクティブプランで「1日の約定代金合計額が 10万円以下」の場合、手数料 0円で業界最安です。

日本で株式投資を行う場合、まず最初に SBI証券で口座開設するのが基本でしょう。

ところで、2018年2月10日に SBI証券のサイトで米国株式取扱銘柄一覧のページで銘柄数を確認した結果、普通株式は 1,039、ETF は 253、イギリスADR は 19、インドADR は 8、中国ADR は 37、香港ADR は 4、南アフリカADR は 5、ブラジルADR は 16、メキシコADR は 5、オーストラリアADR は 2、ロシアADR は 2、ルクセンブルクADR は 2、イスラエルADR は 2、その他ADR / NYRS は 10 でした。

米国株の取り扱い銘柄数はマネックス証券の方が多いですが、SBI証券でも米国普通株式を 1,000銘柄以上を扱っており、メジャーな銘柄だけを売買するなら十分でしょう。

スポンサーリンク