信金中央金庫の優先出資者への優待

信金中央金庫は、日本の金融機関の一つで、信用金庫の系統中央機関。
いわば、信用金庫の中央銀行的存在です。

信金中央金庫(以下、信金中金)の発行する優先出資証券は、2000年(平成12年)12月より東京証券取引所に上場されています(証券コード: 8421)。

スポンサーリンク

信金中金の事業年度は毎年、4月1日から翌年3月31日までで、期末配当基準日は 3月31日。

2017年(平成29年)3月期の優先出資証券 1口あたり配当金は年6500円となっています。

信金中金は優先出資者向けの優待制度を実施しており、毎年 9月30日現在の優先出資者名簿に記録された 1口以上を保有の優先出資者に対し、保有口数に応じて優待品が贈呈されます。

保有口数が 1口以上 3口未満の場合、優先出資者限定オリジナルグッズ(平成28年度は湯呑み 1客3000円分の株主優待品を貰えます。
保有口数が 3口以上 10口未満の場合、3000円相当のグルメカタログを貰えます。
保有口数が 10口以上の場合、6000円相当のグルメカタログを貰えます。

信金中金の優先出資証券 2017年5月23日の価格(終値)は 23万1700円ですので、2017年3月期の年間配当 6500円に対する利回りは約 2.805%になります。
3口保有の優先出資者に対する優待の価値を 3000円として計算した実質配当利回りは、約3.2369%です。

マイナス金利の影響もあってのことか、売上高が縮小傾向になっているのが気になりますが、本稿執筆時点で経営は安定しています。

筆者としては、優先出資証券 1口の価格が 21万円以下なら 1口を打診買いしてみようと考えています。
優待狙いで 3口以上を最初から入手する気はありませんが、優先出資証券の価格次第では 3口保有することになるかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です