すかいらーくの株主優待券の価値

筆者にとっての「すかいらーく」の株主優待券の価値について考えてみました。

筆者は、外で遊ぶよりも自宅で静かに過ごすのが好きで、仕事や私用で外出することはあっても、あまり外食しません。

スポンサーリンク

他所で働いているときに職場の社員食堂で食べることを別にすれば、筆者の外食の回数は年に 10回くらいだと思います。

一人もしくは妻と二人で長時間外出するときに最もよく利用するのはケンタッキーフライドチキン(KFC)で、多分、年に 3度くらい、チキンフィレサンドセットを注文します。

妻子と一緒に外食するときは、回転寿司が多いです。鎌倉パスタに行くこともあります。

ここ数年、マクドナルドとロッテリアは利用しておらず、モスバーガーは 20年くらい行っていません。

吉野家、すきや、松屋は、数年に一度という感じ。

2017年9月12日(火)現在、筆者は外食産業では「すかいらーく」の株を 100株だけ保有しています。
すかいらーくは 12月決算で、6月末と 12月末が優待の権利確定日。
同社のサイト内の記述によると、株主優待券は、6月末日の株主名簿に記載された株主へは 9月中旬に発送、12月末日の株主名簿に記載された株主へは 3月中旬に発送、とのことです。

筆者は今年(2017年)の 4月に同社の株を買っているので、そろそろ、3000円分の株主優待券が送られてくるはずです。

すかいらーくの株主優待券は、1枚あたり税込価格から 500円の値引きに使えます。

額面相当の価値があるとするのが素直な考え方で、実際、株主優待の利回りを算出する場合、株主優待券の額面ベースで計算するのが一般的です。

ただ、ファーストフードの店やファミレスで提供される食べ物の価値について考えると、人によって株主優待券の価値は異なるはずです。
料理するのが趣味の人の中には、すかいらーくの株主優待券に額面未満の価値しか認めない人もいるかもしれません。

筆者は、ガストなど、すかいらーく系の店を利用したことがありませんが、ガストのサイトに掲載されたメニューの内容を見る限りでは、値段相応と感じました。
つまり、現時点では、株主優待券に額面の価値ありと判断している、ということです。

筆者は味にうるさくないので、すかいらーく系の店で実際に食事してみても、多分、考えは変わらないでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です