キヤノンの第118期の中間配当金

2018年(平成30年)8月25日(土)、キヤノン株式会社より第118期(2018年1月1日~2018年12月31日)の期末配当金計算書が私宛に郵送されてきました。

1株当たり期末配当金は 80円で保有株式数が 200株ですので、配当金額は 1万6,000円です。

配当金計算書の他には、下記の 2点の文書が同封されていました。

  • 「配当金のお受け取り方法について」
  • 「第118期 中間報告書」

なお、昨日(2018年8月24日)の時点で、証券口座の入出金明細に 2018年8月27日付けで今回のキヤノンの配当金についての情報が掲載されていました。
NISA口座預かりの 100株の分の配当金は 8,000円で、特定口座預かりの 100株の分の配当金は源泉徴収後の 6,375円です。

このところ、キヤノンの株価は 3,500円近辺で推移しています。
割安だとは思いますが、一つの銘柄に資金を集中したくないので、近いうちに私がキヤノンの株の買い注文を出すことはありません。

ヤマダ電機の株式関係書類 2018/7/2

2018年(平成30年)7月2日(月)の午後、株式会社ヤマダ電機から私宛に株式関係書類が郵送されてきました。

封筒には、以下の物が入っていました。

  • 配当金計算書
  • 配当金のお受け取り方法について
  • 株式等に関するマイナンバーお届出のご案内
  • 第41期報告書
  • 第41回定時株主総会の決議について
  • 株主様お買い物優待券

送られてきた配当金計算書によれば、第41期(平成29年4月1日~平成30年3月31日)の 1株当り期末配当金は 13円。
私の保有株数は 100株(NISA口座預り)ですので、配当金額は 1,300円になります。

支払確定日は平成30年6月29日で、既に私の証券口座に入金済です。

2019年3月期の年間の 1株当り配当金(会社予想)は 17円。
ヤマダ電機(9831)の 2018年7月2日の終値(542円)を用いて配当利回りを求めると、約3.137%(小数点第4位四捨五入)になります。

ヤマダ電機の株主様お買い物優待券は、1回の買上金額が 1,000円(税込)の場合に、1,000円毎に 1枚(500円券)を利用できるもので、今回、保有株式数 100株の私には、1,000円分の優待券が送られてきました。

株主優待券を貰えるのは、3月末基準と 12月末基準の年2回で、100株株主の場合は年に 3,000円分(500円券×6枚)。
株主優待価値(3,000円)と配当金(1,700円)の合計に対する利回りを 2018年7月2日の終値(542円)を用いて求めると、約8.672%(小数点第4位四捨五入)になります。

また、ヤマダ電機の株式優待には保有期間による優遇があります。
保有株式数 100株の株主が年間に受け取ることができる優待券の枚数は、保有期間 1年以上2年未満なら 10枚(500円券×10枚)、保有期間 2年以上なら 11枚(500円券×11枚)になります。

2年以上継続して 100株を保有した場合、株主優待の利回りだけで約10.148%(小数点第4位四捨五入)で、10%を超えます。

現時点で私は、ヤマダ電機の株については長期保有の方針で、売る予定はありません。

TOKAIホールディングスの株式関係書類 2018/6/29

2018年(平成30年)6月29日(金)の午後、株式会社TOKAIホールディングスから私宛に株式関係書類が郵送されてきました。

封筒には、以下の物が入っていました。

  • 期末配当金計算書
  • 配当金のお受け取り方法について
  • 株主優待申込書
  • 個人情報保護シール
  • 第7回定時株主総会決議ご通知
  • 株主優待制度のご案内
  • 株主優待Dコース TLCポイント進呈についてのご案内(裏面は、特別コースの案内)
  • 株主様ご優待割引券

株主様ご優待割引券は、TOKAIグループ結婚式場「ブケトーカイ」の婚礼10%割引券(割引上限額:10万円)と、スカイレストラン「ヴォーシエル」お食事20%割引券 12枚です。

送られてきた配当金計算書によれば、第7期(平成29年4月1日~平成30年3月31日)の 1株当り期末配当金は 14円。
私の保有株数は 100株(特定口座預り)ですので、配当金額は 1,400円になります。

支払確定日は平成30年6月28日で、税引き後の金額(1,116円)が既に私の証券口座に入金済です。

2019年3月期の年間の 1株当り配当金(会社予想)は 28円。
TOKAIホールディングス(3167)の 2018年6月29日の終値(1,072円)を用いて配当利回りを求めると、約2.612%(小数点第4位四捨五入)になります。

TOKAIホールディングスの株主優待制度では、2017年9月期末と 2018年3月期末の 2回限定で、最大1年間、格安スマホサービス「LIBMO」音声通話(10分かけ放題付き)契約の利用料を月に 1,880円引きで利用できる「特別コース」を実施しました。

今回、私が特別コースを利用する場合、株主優待の価値は最大 22,560円になります。
その場合、次回以降は株主優待で 1000円相当の TLCポイントを貰うことになると思われます。

個人的には、LIBMO を利用するなら保有継続、利用しないならば株を手放すつもりです。

アグレ都市デザイン等、3社から株式関係書類 2018/6/27

2018年(平成30年)6月27日(水)の午後、3社(アグレ都市デザイン、明豊ファシリティワークス、日産自動車)から私宛に株式関係書類が郵送されてきました。

アグレ都市デザインからの封筒には、以下の物が入っていました。

  • 配当金計算書
  • 配当金のお受け取り方法について
  • 株式等に関するマイナンバーお届出のご案内
  • 第9回定時株主総会決議ご通知
  • 記念株主優待(クオカード 1000円券)
  • 第9期 株主通信(小冊子)

送られてきた配当金計算書によれば、第9期(2017年4月1日~2018年3月31日)の 1株当り配当金は 27.50円(記念配当分が 2.50円)。
私の保有株数は 200株(NISA口座預り)ですので、配当金額は 5,500円になります。

支払確定日は平成30年6月27日で、5,500円が既に私の証券口座に入金済です。

2019年3月期の年間の 1株当り配当金(会社予想)は 27円。
2018年6月27日の終値(862円)を用いて配当利回りを求めると、約3.132%(小数点第4位四捨五入)になります。

買い増しを考える程の高利回りではありませんが、当面、配当を楽しみに保有継続の方針です。

明豊ファシリティワークスからの封筒には、以下の物が入っていました。

  • 株主総会決議関係書類送付のご案内
  • 第38期定時株主総会決議ご通知
  • 明豊ファシリティワークスの会社紹介パンフレット
  • 2017年度(2018年3月期)決算ハイライト

日産自動車からの封筒には、以下の物が入っていました。

  • 配当金計算書
  • 配当金のお受け取り方法について
  • 株主様紹介特典制度のご案内
  • 第119回定時株主総会決議ご通知

送られてきた配当金計算書によれば、第119期(平成29年4月1日~平成30年3月31日)の 1株当り配当金は 26.50円。
私の保有株数は 100株(NISA口座預り)ですので、配当金額は 2,650円になります。

支払確定日は平成30年6月27日で、2,650円が既に私の証券口座に入金済です。

2019年3月期の年間の 1株当り配当金(会社予想)は 57円。

2018年6月27日の終値(1,072円)を用いて配当利回りを求めると、約5.317%(小数点第4位四捨五入)になります。

配当利回り 5%台は魅力で、保有継続の方針です。
ただ、今後の状況によっては利回りの低下もありうるので、買い増しは考えていません。

イオンの期末配当金 2018/4/28

2018年(平成30年)4月28日(土)、イオン株式会社から私宛に株式関係書類が郵送されてきました。
封筒には、第93期(平成29年3月1日~平成30年2月28日)の配当金計算書や「第93期 定時株主総会招集ご通知」(小冊子)等が入っていました。

また、同日、マックスバリュ中部株式会社から私宛に第45期(2017年3月1日~2018年2月28日)の配当金計算書や「第45期 定時株主総会招集ご通知」(小冊子)等が郵送されてきました。

イオンの第93期の期末配当金は、1株当たり 15円。
私は特定口座預かりで 100株保有しており、私の証券口座への入金額は 1,196円になります。

マックスバリュ中部の第45期の期末配当金は、1株当たり 14円。
私は NISA口座預かりで 100株保有しており、私の証券口座への入金額は 1,400円です。

両社の配当金は、どちらも 5月1日付けで証券会社の口座に入金されることになっていて、既に私の証券口座の入金明細に情報が記載されています。

キヤノンの第117期の期末配当金

2018年(平成30年)3月30日(金)、キヤノン株式会社より第117期(2017年1月1日~2017年12月30日)の期末配当金計算書が私宛に郵送されてきました。

1株当たり期末配当金は 85円(うち、10円は記念配当分)で保有株式数が 200株ですので、配当金額は 1万7,000円です。

配当金計算書の他には、下記の 2点の文書が同封されていました。

  • 「配当金のお受け取り方法について」
  • 「第117期定時株主総会決議ご通知」

なお、3日ほど前の時点で、証券口座の入出金明細に 2018年3月30日付けで今回のキヤノンの配当金についての情報が掲載されていました。
NISA口座預かりの 100株の分の配当金は 8,500円で、特定口座預かりの 100株の分の配当金は源泉徴収後の 6,774円です。

もう 100株、キヤノンの株を買いたい気持ちもあるのですが、当面は米国株優先の方針で、キヤノンの株を買うのは来年(2019年)以降になります。

すかいらーく 第7期中間配当

2017年9月16日(土)、株式会社すかいらーくから筆者宛に、株式関係書類が郵送されてきました。

封筒に入っていたのは、「株主通信」と題する小冊子の他に、A4サイズの三つ折りの紙2枚、封筒に折らずに入る紙 2枚、小封筒 1個。

三つ折りの紙2枚のタイトルは以下の通り。

  • 第7期中間「株主様ご優待券」送付のご案内
  • 第7期中間配当に関するお知らせ

折らずに入っていた紙 2枚のうちの一つは「配当計算書」で、もう一つは「配当金のお受け取り方法について」と書かれてました。

小封筒に入っていたのは、1枚で 500円の値引きに利用できる「株主様ご優待券」が 6枚。
有効期限は 2018年9月30日です。

なお、筆者は、すかいらーくの株を NISA口座預かりで 100株だけ保有しており、配当金は源泉徴収されずに証券会社に支払われます。
9月14日頃に SBI証券会社のサイトで入出金明細を確認したところ、すかいらーくの株式配当金(NISA:非課税) 1600円が 2017年9月19日付けで入金されることが表示されてました。

すかいらーくの 2017年(平成29年)12月期の 1株当たり期末配当金については、2017年8月9日現在、予定金額が 24円となっており、年間の 1株当たり配当金(予定)は 40円。

すかいらーくの 2017年9月15日(金)の終値は 1619円ですので、配当利回りは約2.471%(小数点第4位切り上げ)になります。

保有株式数が 100株の場合、年間に 6000円分の株主優待券を貰えるので、配当と優待の価値を合わせた実質利回りは約6.177%(小数点第4位切り上げ)になります。

現在、筆者の証券口座の現金残高は 58万8千円台で、現金と株式を合わせた保有資産評価額は 309万7千円台。

すかいらーくの株を最大 300株まで買い増すことも考えていますが、実行するかどうかは分かりません。