ヤマダ電機の株主優待券を使用 2018/6/22

2018年(平成30年)6月22日(金)の午後、ヤマダ電機の店舗で株主優待券を使ってきました。

ヤマダ電機の株主優待券は、1回の買い上げ金額が 1,000円(税込)の場合に、1,000円ごとに、1枚を利用できます。
株主優待券は 500円券ですので、50%値引き券ということになります。

スポンサーリンク

私はヤマダ電機の株を 100株保有しており、2017年9月末が基準日の優待券を 2,000円分(4枚)持っています。
株主優待券には有効期限があり、有効期限が過ぎれば優待の値引きを受けることが出来なくなります。

私の手元にある株主優待券の有効期限は 2018年6月末までですので、期限切れまで 10日を切っています。

4枚の優待券を使い切るためには、4,000円(税込)以上の商品を買う必要があります。

私が寄った店舗は日用品を扱っており、店に寄る前から日用品を買う方針でしたが、何を買うかは決めていない状態。

結局、店内で 30分ほど過ごし、殺虫剤などを買いました。

帰宅後、アマゾンの販売価格を調べてみたところ、株主優待券を使用した効果によって、割安な買い物ができていたことが分かりました。

ところで、ヤマダ電機(9831)の 2018年6月22日の終値は 538円で、私の取得単価は 560円。
6月22日の取引終了時点での評価損は 2,200円です。

株価が 500円を割り込むようなら、家族名義で 100株だけ買う予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です