円高、1ドル=105円台に 2018/2/16

2018年(平成30年)2月16日(金)、東京外国為替市場で円高が進み、13時過ぎに 1ドル=105円台に突入。一時は 105円55銭近辺の値を付けました。

公益財団法人 国際通貨研究所のサイトで購買力平価の値を見たところ、2017年12月の企業の購買力平価は「1ドル=95.42円」でした。

スポンサーリンク

近年の円高ドル安といえば、2007年6月に 1ドル=124円近くまで円安になった後、2011年10月には 1ドル=75円台まで円高が進んだことがありました。

過去に 1ドル=75円台を経験しているので、現在の対ドルでの円相場の水準に驚きや恐怖感はありませんが、動きが急すぎると、企業の努力だけでは円高に対応できない可能性があります。

近日中に 1ドル=104円台に突入するかどうか?

私は今日(2月16日)の午後、指値「105.30ドル」で 100米ドルの買い付け注文をだしました。
今後も円高が進行する度に少しずつ米ドルを買い付けていくつもりです。

直近の 2回の買い付けでは一度に 100ドルを入手しており、1ドル=100円台までは現状の方法で注文を出す方針です。
さらに円高が進む場合、10円刻みで、一度に買い付ける数量を増やすことになるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です