外貨預金と為替差損益

これまで、私は住信SBIネット銀行のサイトで米ドルを買い付けてきました。
買い付けた米ドルは外貨普通預金口座に入ります。

外貨から円に交換して出金する場合、為替差益が発生していれば雑所得となり、確定申告による総合課税の対象となります。ただし、年収 2,000万円以下の給与所得者で、給与を複数の会社から得ておらず、為替差益を含めた給与以外の所得が年間 20万円以下ならば、確定申告不要です。

スポンサーリンク

国税庁のサイトで 外貨建預貯金の預入及び払出に係る為替差損益の取扱い のページを見た限りでは、外貨預金口座から証券口座に外貨入金した時点では、預金の元金部分について為替差損益を意識する必要はありません。

けれど、預け入れていた外貨建預貯金を払い出して外貨建MMFに投資した場合の為替差損益の取扱い のページの内容を見ると、証券会社で外貨建てMMF を外貨払いで購入した時点で、為替差損益を意識する必要があります。

上記のページは外貨建MMF について書かれていますが、米国株式についても同様の考え方が適用されるかと思います。

為替差損益を計算するためには外貨の取得価額を管理することが必要です。
管理の手間を惜しむなら、手数料の面では損ですが、米国株を円貨決済で買う方がよいかも。

個人的には当面、自分自身で外貨の取得価額を管理してみるつもりです。

外貨預金から証券口座に外貨を移した後、特定口座で外貨建てMMFを購入することにより、銀行で買い付けた外貨の為替差損益を確定します。

その後、米国株を買いたくなったら、外貨建MMF を必要なだけ解約してから買い注文を出すようにします。
米国株の配当が出たら、外貨建MMF の買い付けに使います。

蛇足ですが、円換算した際の外国株取引や外貨建MMF の売買損益には、取引のために行った外国為替取引の為替差損益も含まれるものと考えられます。
従って、特定口座預かりの米国株式を売却後、売却代金で外貨建MMF を特定口座預かりで購入し、外貨建MMF の売却時に円転すれば、為替差損益の計算で苦労する必要はありません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です