円相場が 1ドル=105円台に 2018/3/15

2018年(平成30年)3月15日(木)、東京外国為替市場で円相場が円高方向に動き、1ドル=105円台になりました。

この日の午前9時45分頃に 105円台の値を付け、その後、16時頃までは 105円80銭~106円近辺の範囲での値動きでした。

スポンサーリンク

なお、私が前日(3月14日)の 14時半過ぎに「1ドル=106円20銭」の指値で 100米ドルの買い付け注文を出しておいたところ、3月15日の午前0時35分に「1ドル=106円19銭」で約定しました。
購入した 100米ドルは証券口座に入金し、外貨MMF の買い付けにつかいました。

現時点で私が保有する米ドル建MMF の評価額は 300ドル余り。
米国株は 1株から買えるので、300ドルあれば株価の低い銘柄を買うことはできます。

でも、SBI証券で米国株を売買する場合の最低手数料は 5ドル(税別)で、往復では税込みで 11ドル近くになります。

手数料負けしたくないので、MMF を含む手持ちの米ドルが 1,000ドルを超えるまでは米国株の買い注文は出さないつもりです。

今後、円相場が対ドルで 50銭くらい円高に動くタイミングで米ドルの買い付け注文を出していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です